お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/18
潜在意識と顕在意識
       がもう ともえ(養成講座9期生)

今日のスカイプ座談会「潜在意識と顕在意識」、面白かったですね~!
今まで参加した中でも一番に面白かったと感じました。

やはり猫ちゃんの件が凄かった。
澤谷先生が「ウッキーさんが不安を持っているということに気が着いたら、猫ちゃんは戻ってくるかもしれないよ。」と、言ったその数分後、もう戻って来るという……!
これはウッキーさんの現実化の力でもあると思うし、澤谷先生の力もあると思いました。
とにかく、人間の意識のすごさを目の当たりにしました。

潜在意識が99%で顕在意識は1%、いや、99.9%と0.01%だとも言いますね。
だとしたら、人間はどれだけ自分の意識の偉大さを、過小評価していることでしょう。
自分の能力の凄さを、馬鹿にしていることでしょう。
「私なんか」「できない」「きっと無理」をやめて、ただワクワクする方に意識を向けて行ったら、どんなに素晴らしいことが起こせるでしょう。
想像しただけで鳥肌が立ちます。

望んでからたった4か月で絵本作家になるという現実をつくったこと。
ただ会う人たちに「海外に出たい」と言っただけで、アメリカでの就職を決められたこと。
これらは確かに私が起こした現実だけど、でも今あらためて、そうさせてくれた周りの人たちや家族に、感謝の気持ちが湧きあがってきます。
本当にありがとう。うれしい。大好き♪

座談会の前日にたまたま見た記事があります。そこには、もう古い時代は終わり、幸せや喜びを選択して行く新しい時代に入ったのだから、以下のようなものは手放すべき、と書いてありました。
私はキネシオロジーの技術を使って、自分の潜在意識に聞いてみました。
□使命感だけで続けていて喜びの無いもの  →20%、持ってますよ。(あなたは持っていないつもりでしょうけど。)
□自分を犠牲にした「人のため」精神    →20%、持ってますよ。(ゼロだと思ってたでしょうけど。)
□「自分」と言うことをこだわり過ぎる主張 →10%、残ってますよ。(まったく自覚がないでしょうけど。)
□お金のために続けている喜びのない仕事  →50%、持ってますよ。(なんのことだかわからないでしょうけど。)
□結果主義、評価を求める生き方      →80%、持ってますよ。(うすうす勘付いていたと思いますけど。)

お金のためにしている仕事? はて。最初にそこが気になりました。
ふと思い出したのは、東京に残してきた持ち家を賃貸に出していることでした。
ははぁ、そうか。と納得でした。この仕事はお金にはなるのだけど、税金等の
手続きがややこしく、事務処理が本当に負担でしたから。
でも、そこに気がついたらなんだかふっと心が軽くなりました。
きっと違うところに目を向けたらいいんだな。
あ、何か変わるかも。そんな予感がありました。

そしたらですね、座談会の最中に座談会で使っているその携帯に電話が入りました。東京の不動産屋からでした。
「今月いっぱいで退去する予定のお客さんが、10月まで延期したいと言って来ました。」
ひゃ~!! またしても現実化です。
このお客さんが東京の我が家から退去することは聞いていました。
なもんで、今まで継続的にあった収入がストップすることと、また新しいテナントに入ってもらうために、退去や募集の手続きがめんどうだなぁ、不安だな……と思っていたところだったのです。
だから、この電話がものすごく嬉しかったのです!
しかもお客さんは延長する4か月分を、前もって一括払いしてくれると言います。

「でもひとつ問題がありまして、契約上は8月に契約更新になるんです。そうなるとお客さんには更新料を請求しなくてはいけないのですが…」
はいはい、わかりますよ。高い更新料を支払ってその2か月後には退去するんですよね。
私は迷わず「更新料は免除してくださっていいですよ。」とお答えしました。
実はこのテナントさん、サウジアラビアの方なのです。
遠いサウジアラビアから日本語を習得しようと、一家4人で日本に来て、我が家に住んでくれているのです。
私は自分がアメリカや中国でひとり暮らしをした時のことを思い出しました。
どこへ行っても、見知らぬ土地は不安でしたが、現地の人たちに親切にもらってなんとか生き延びることができた(大袈裟?)のを、思い出しました。
この方たちにも、いい思い出を持って帰ってもらおう。
お国に帰ってから「日本はいいところだった。」と話してもらえたらいい。

あら。賃貸業は楽しいじゃないですか。ちっとも辛くなんかありません。
これも潜在意識を顕在意識に昇らせた結果なのですね。
人間はこうして、見方をひとつ変えただけで、こんなに平和に、こんなに豊かになれるのですね。
そして、穏やかな豊かさを手に入れると、あたたかい感謝の気持ちにもなれるのですね。
ますます前を向いて歩いて行けるのですね。
今日も楽しい学びをありがとうございました!!

もっと気になる「結果主義、評価を求める生き方」が80%もあることは
またこの次に。(こいつはなかなか手ごわそう……!)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
スポンサーサイト
07/18
第七感──運命を変える不思議な力/さだじぃ(晋遊舎)
       三澤 豊

 世の中には、メカニズムは解明されていないが、何か不思議な力によって、病気が治癒したり運気が上ったという話は数多くあります。じつは、若い頃にはそうした力に強い関心を持っていたのですが、最近は以前ほど興味が持てなくなっておりました。

 私は20代から30代にかけて、精神世界の雑誌(『The Meditation』)の編集に携わっていたので、当時、そうした「不思議な力」を持った人たちに出会う機会が多かったのです。今から考えると、その頃は毎日が「非日常的な体験」ばかりでしたので、私にとって不思議現象は、ごく当たり前のものとして捉えておりました。いわゆる「シンクロニティ(共時性)」が次々と起こり、見るもの聞くもの、出会う人が私にとって、すべて「意味のある必然」でした。

 あれから40年近く経った今でも「不思議な力」の存在については当然あり得ることだと思っています。しかし、最近はそうした能力よりも、その人物が「どんな心情を持って、どういう生き方をしているのか」ということに関心が移ってきました。だから、一見スピリチュアルとは無縁な人の中にも、存在感のある「心ある」人がいると共感してしまいます。

 今回、紹介する著者は、ある日突然「不思議な力」に目覚め、病気で苦しむ人々を治癒しているという宮崎在住のヒーラーです。なぜ、私がこの著者に興味を持ったのかといいますと、彼の「心情と生き方」が信頼できると思ったからです。

 私は「能力者」と言われるヒーラーが信頼できるかどうかの基準を次のように考えています。

 まず、経済的に困窮している患者さんでも施術を受けられる料金なのかということです。だから、その人が必要以上のお金を得たい、贅沢をしたいという欲望を強く持っていないか気になります。

 それについて、彼は次のように述べています。

「施術で旅に出るようになってからしばらくの間、ずっと赤字が続いても、歯をくいしばってがんばりました。全国あちこちに出かけると、交通費と宿泊費、会場費だけでも結構な金額になります。その上、1回の施術料は誰もが受けられるような価格に設定していますから、途中で旅費がなくなってしまったこともあります。
 ホテルの朝食の無料のおにぎりをポケットに入れて、食費を節約したこともあります。それでもこの旅をやめなかったのは、自分の使命をはっきり感じていたからです。
 私はこの力でお金儲けをしようなどとは、これっぽっちも考えたことはありません。家族が何とか食べていかれて、私自身は1日の終わりに、ちょっとだけビールが飲めればそれでいい。ほかには何もいりません」

 もちろん、料金以外についても、いくつかのチェックポイントがあります。自分の能力に対して、つねに謙虚さを持っている人なのかです。人間の力を超えたものに対する畏敬の念、あるいは人知を越えた存在に対する謙虚な姿勢があるかです。「私は仏陀だ」「私は神だ」というカリスマ志向の人は要注意です。また、裏表のない、心が開いている人なのかも大切な要素だと思っています。

 以上のチェックポイントは、あくまでも私の独断なので、あまり参考にはならないかも知れません。いずれにしても、本当に信頼できる人なのかどうか、その判断は非常に難しいと思います。実際に施術を受けた人から直接話を聞くのも一つの判断材料になるでしょう。できれば、あなた自身の目で直接確かめるのが一番です。

 私が危惧するのは、彼のような「能力者」が現れると、必ず彼をビジネスに利用しようとする人たちが群がってくることです。高塚光氏のようにメディアで大きく取り上げられ、いつの間にか、そうした人たちの「思惑」に巻き込まれるようになります。

 いまは「無欲」といわれる人でも、状況がまったく変わったりすると、その欲求が再び活性化する可能性があります。だから、この著者も、そうした波にのみ込まれないように、最後まで初心を貫いてほしいと思います。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
07/17
「スカイプ座談会」の感想
       ゆかり(養成講座9期生)

澤谷先生、参加された皆様、本日もありがとうございました。

猫ちゃんのミラクルには、潜在意識の気付きがあると現実が一瞬で変わる瞬間を体験させて貰い、ありがとうございました。

「顕在意識と潜在意識」については、自分の講座でも、セッションでも伝えていましたが、知識として論理的に頭は知っていても、猫ちゃんのミラクルを実際に体験すると、現実が一瞬で変わること。凄すぎる。潜在意識を気付いたときの現実への変化の速さを実感しました。

何回か、気付きの体験をすることを繰り返す中で、心は軽くなるのですが、また、何かを気づく前は動けない状態となり、向き合い気付くの繰り返しで、デトックス後は、幸せですが、向き合うのには勇気を持ち逃げないように力んでました。しかし、座談会のお陰で一人では乗り越えられないことが、すんなりできる今を感じてます。

澤谷先生が、前回私の場合、母が主人が貴方のデトックスのための存在と言われた意味を、わかったようでいましたが、改めて、今日感じたのは、私の中の潜在意識の陰を見せてくれてる存在ということなんだなぁと、やっと深いところで強く感じました。だから、相手は鏡という言葉が深く入ってきました。

アートセラピーの課題のように、自分の宝物をあの後書いてみました。たかまるさんと同じように気付くことがあったら嬉しいなぁと思い、やってみました。

私の宝物は、娘、母、兄達、猫ちゃん三人、主人、田舎の山、山の家、主人の両親、兄弟を描いてました。

亡き娘の顔を書くのに、成人の女性を書くんです、不思議。そして、最初に飼った猫、母、兄二人、亡き父、主人、田舎の山、山の家、主人の父、母、兄弟、もう一度、娘の顔。娘の顔でした。二番目に飼った亡くなった猫の順で書き終えました。その絵を眺めながら、気付いたことがありました。

一番大きく最初に書いた娘のつもりの成人の女性は私でした。びっくり。大きさ的に、私の宝物は、私自身なの? えっ、という感じですが、最近、自分の本質で自分の命のままに生きたい! 生ききりたい! という強い思いを持ちました。この命をもっと全力で生きたい! 愛したい! と思いました。けれど、私が宝物? 確かに、そうだけれども、まだ、深くは理解できてません。

二番目に大きく書いてるのは、悲しそうな寂しそうな主人の顔。描いた其々の顔には表情があるんです。表情を見ながら、全てが私の心の中にあるもので、それを表現して見せてくれていると思いました。全員が、私の潜在意識そのものなんだなぁと感じました。

私の中にある辛くて悲しい思い、主人を見ているだけで耐え難い気持ち、私が自分自身に持っている心、私自身なんだと気付いた時、戸惑いましたが、私なんだと実感しました。今日の大きな気付きのギフトでした。

この耐え難い気持ち、辛さ、悲しさ、憎しみ丸ごと抱きしめよう。ハグしました。涙が溢れました。娘のことを思う中で見たくないと思ってた。ダメだと思ってた。許せないと思ってた。そんな気持ちを感じないようにしていた。だから、見せられてたんだ。でも、辛いんだよ、悲しんだよ、そう、今日は思い存分感じよう、いや、そうなんだから、認めよう、辛い悲しい、辛かった悲しかった。

涙が、ただただ、流れました。

私に対して笑顔を出さない主人を見ると憎くなることがありました。これも、潜在意識は、笑顔のないそのまんまの自分の存在を主人を通して見せてくれていたことに、また改めて気付きました。

それを憎く思う気持ちは何? 私は、私を憎んでた? 許してなかったのか? まだ許してない? 考えるなかで、気付いたことは、幼少の時から、どんな時でも、笑顔でいなさいという母の教えを守る頑張ってる私がいました。ありのままの私を見ると苛立ちが憎さに変わり、憎んでたこと気付きました。頭では、ありのままでいい、笑顔は無理に出さなくてもいいと思っていたけど、感情を感じることを許してない訳だから、そうですね。辛い悲しい耐え難い感情を感じないようにしてた私にとって、笑顔になれない自分は、ありえない姿くらいに思う私がいてもおかしくないと思いました。だから、憎たらしく思えたんだなぁと理解できました。

今日、気付けたお陰で、感じきれなかった感情を感じることが出来ました。
心地よい疲労感です。清々しいです。ありがとうございます。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
07/17
磨くとは、「身が苦」……の時
       入江富美子

だから、その時の「通り方」を知ってさえいたら、しんどくないんだよ、と聞かせていただきました。
同じようなことを、年配の方から何度も聞かせていただきます。
私は昔から、年配の方のお話が好きなのは、智慧がつまっているからかもしれません。

「あー、これをやるんですね」
という感じで、抵抗せず、詮索せず、通り切る。
全部自分の身の内にあること、と知っているから
「しょうがない、自分は運がない」
というのではなく、自分が主体で通るので潔いのですね。

これは、「自己一致している状態」といえます。
「自分が経験していること」と「自分が認識していること」
が一致しているから、「被害者意識」に苛まれないので、陽の気の中で通れたのです。

「心の世界と、みたまの世界は、違う。心の世界で、九分九厘磨いたとしても、あとの1厘でなんぼでも、ひっくり返る。だから、みたまを磨くんだよ。」
と、何度も教えてもらいましたが、やった分しかわからないから、自分でやっていくしかない。

説明好きで、頭で考えるのも好きな私ですが、説明しすぎると、人のも自分のも、体験を薄めるので、もったいない。
だから体験して一緒に感動したいっていう思いでワクワクし、過ごしているのですが……

ひとつ、大事だなぁと思っていることがあります。
みたまを磨いてきれいでも、ただ白くなっただけ。
ピカピカに光るには、喜んでいないと光らない☆
だから、「無理して喜べ」って言うんです。
心で無理して喜ぶと害があるので、同じことやっても、どこでやるかで、体感が違う。
良寛さんの言葉にあるように、

「災難に逢う時節には災難に逢うがよく候 死ぬる時節には死ぬがよく候 是はこれ災難をのがるゝ妙法にて候 かしこ」

わかり切る、、ってこういう世界に行くのだなぁーーー。
そんな風になりきれたらいいですね♪

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
07/16
顕在意識と潜在意識
       NAOKO(養成講座9期生)

他人事として聞いてきたこの言葉。
自分の過去を否定されるようで、「親の愛」このことにも気がつきたくなかった私ですが、親の愛情によって大きな厚いベールに包まれていた私、やっと自立をする通過点として解かされていくべく出会った言葉です。
取り分け母と私は深くつながりがあったのだと思いました。私が絡まり合いすっきりせず、しつこいカルマを持っているのを、敢えて私にとっての悪役のようになって私に見続けさせてくれたのが親だとしたら、もうそれはありがとうございました、と両親に頭を下げるしかありません。そして周りに起きていることをどう捉えるのか個々で皆違うということに気づかされたこと、これは私の奢りに足蹴りが入ったようなものでした。そんなこと知っていると思い高をくくっていましたけれど、これまでは、今もそうですが、全くの偽善的な考え方でした。私の常識はみんなの常識でしょうと偉そうに考えていた私には、そこを狙い撃ちされたような衝撃があります。これを知りたくて苦しい過去があったのでしょう。苦しいのはただのエゴ。大きな自我。自分ばかり見てきたから。

今日は座談会の最中にリアルな変化を見せていただきました。
おウチから猫ちゃんがいなくなってまだ帰ってこないUさん。心配で心配でと話されます。 
澤谷先生「何故いなくなったのでしょうね。」
Uさん「以前も違う猫ちゃんがいなくなって、その時はそれっきり帰ってこなかったんです。それでその頃の自分の心を思い返してみると〇〇〇ということに引っかかっていました。その頃は悲しくて悲しくて。その引っ掛かりを猫が教えてくれていたんですね。今回は何もないと思っていたのですよ。でもどうして帰ってこないのかわからない。」
澤谷先生とのやりとりは続きます。澤谷先生は「潜在意識は『潜む』と書きますがそのとおり普段は意識に上がってこないのですね。」とおっしゃいます。この時は先生とのやりとりで潜んでいたUさんの意識が上がってこられたご様子です。「一つ気になる大事なことが。」こうやって何かが意識に上がってきたその瞬間、「あっ、猫が帰ってきました。」って、信じられないような嬉しいようなUさんの高いお声が。
座談会の参加者からも驚きの声が上がります。もう潜んでいたものが現れるとリアルに現実が変わるのですね。スカイプによる座談会では、参加者同士がhow toで学ぶのではなくお互いが見えない糸で結ばれて、お互いが引っ張りあげている、そしてそれが個々で起きている。其々に変化されていく様子がライブで分かる。私はそう感じました。
澤谷先生のHPのサブタイトル「運命は改善できるということです。」まさしくこれですね。
今書きたいことが沢山溢れてきているのですが、長くなりますので今日はこの辺で失礼いたします。最後に私、自分のことを諦めずにこの場に飛び込んでよかった。まだ先は長いけれど、「よくやってきたね。」って自分に言ってあげたいそんな気持ちが沸いてきました。とても良い素敵なエネルギーの感じられる座談会、澤谷先生、参加者の皆様にお礼申し上げます。いつもありがとうございます。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。