お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/09
闇の中にも光を見ろ!!《八正道 思惟(しゆい)》
中村 順

「悲観主義者はあらゆるチャンスの中に困難を観るが、楽観主義者はあらゆる困難の中にチャンスを観る」

ウィストンチャーチルというイギリスの政治家の方の言葉だそうですが、良い言葉ですね。

僕らは生きていると様々な出来事に出会って、時に人間社会に幻滅してしまい、結局、何をやっても意味がないんじゃないか、と絶望的に思うように感じてしまうことがありますね。(と言うか、僕は良くあります。)

プラスだけを求めて人は理想を信じたいのですが、実際には世界は、またどんな人も世の中もプラスだけでは成り立っていかなく、もちろん自分自身の中にも(僕の中にも、もちろん!)たくさんの矛盾を抱えながら生きているのが人間なんだなぁ、と思うのですね。
そういう意味では良いことも悪いこともなく、全部がオッケーなのです。

その昔、僕は仏教を徹底的に10年くらい学んだことがあるのですが、その時、教わった大事なことに、仏教には八正道と言う「八個の正しい道」という教えがあるのですが、この中に「正思」というものがあって、これは「正しく思う」=「思惟(しゆい)」というのだそうです。

その意味が僕は昔、分からずにいて教えてもらったのですが、
「地獄の様相が目の前に展開されていても、その中に天国の様相を見られること」
これが正しく思う、という意味だそうです。

どんなに闇があっても、その中に光を見出すとういう考え方で、素晴らしいなと感動したことがあります。

また、例えば『夜と霧』という世界的なベストセラーの中にも、究極の闇の囚人という囚われの身にありながら、自由意思を貫き、希望を生きた人間の世界は世界中の人たちを何年にもわたって勇気付けてきたことが知られていますよね。

だから、やっぱりこの世界は「プラスとマイナス」「光も闇」も両方があるもので、それを受け入れてかつ、どんな状況でも、どんなケースでも、そこからプラスを! その中に希望を見出して生きる! これが出来るのですね。

いろいろあるし、感じることもありますが。
後は、結果を気にするより、(結果もい大事ですが、それ以上に!)「在り方」「生き方」を大切にしていきたいな、とおもいます。

ということで、長くなりましたが!
今日も好調な良い一日を過ごしていきましょう。皆さんも!!
感謝してます☆ MAX!!


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

冒頭の言葉を拝読させて頂いて、随分前に信頼する兄に
もらったアドバイスを思い出しました。
兄は株をしているのですが、同じくらい株で大損した人がいて、
1人は暗く落ち込み、もう1人はあっけらかんと明るく笑ってる人がいたそうです。
暗く落ち込んでる人はみてるとドンドン交通事故や悪い方向に
進み、明るく笑ってる人は次には大損したのを取り戻したり
良い方向に向っていったそうです。だからいつも笑っとけ!と
アドバイスくれました。
あの時は理解できても行動におこせませんでした。
これからは辛いことも笑顔で吹き飛ばしたいと思います。
素敵な記事を拝読させて頂いてありがとうございました。
miyayuki [URL] 2014/04/09(水) 07:35 [編集]

中庸好み
バランスすると良いみたいですかね。、((φ( ̄ー ̄ )←中庸好み
Yoshiko Takahashi [URL] 2014/04/09(水) 14:05 [編集]

希望の光
中村 順様 こんばんは

 「地獄の様相が目の前に展開されていても、その中に天国の様相を見られること」
 これが正しく思う、という意味
「正思」について、すばらしい解説を教えて頂けてとてもうれしいです。

目の前の辛い現実に絶望的になっている人にとって、仏教の教えが闇の中に光を見出す智慧を授けてくださるのですね。

これまでの自己中心的な心を省みて、人間にとってたいせつなことに気づくために、地獄のような現実が起こるもあるのかなという気がします。人生の中での苦しみは、光を見出すための智慧を求めようとさせてくれるもので、しあわせになるために必要な過程でもあるのでしょうか。

愛と智慧に導かれて、ひとりひとりが希望の光を見出して生きるせかいの実現を正思したいと思います。

ありがとうございました
NAO [URL] 2014/04/09(水) 17:22 [編集]

はじめまして
はじめまして

含蓄のある素晴らしい文章を拝読できた事に、心から感謝致します。

どんな状況でも、光や希望をみいだせる人間になろうと思いました。

ありがとうございます。

心からの感謝を込めて
もも [URL] 2014/04/09(水) 19:02 [編集]

澤谷先生がいつも、嫌な感情を感じた時はデトックスされたのであって、そこにはまっさらさらな命の輝きがあるということを知らないといけないと(私の理解ではですが)おっしゃっていて、それと同じことでしょうか。

もともとネガティブな私は、そういうことを学んでいてもすぐに忘れてしまい、まさしく絶望的な気持ちになってしまいます。

「地獄の様相が目の前に展開されていても、その中に天国の様相を見られること」

これが正しい道のなかの正しく思うことなのですね。
それができると、いつも希望を失わずに、前を向いて進んで生きていけるのですね。

そういう「生き方」「在り方」を身につけたいと思いました。
そういう自分でありたいとこころから思いました。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/04/09(水) 19:31 [編集]

メッセージ。

中村 順さん、初めまして。

昨日この記事を拝読したとき、まさに「どんなに闇があっても、その中に光を見出す」というできごとがありました。

昨日、婦人科で再検査をした結果を夫と一緒に聞きに行きました。

混乱しているつもりはなくても、やはりショックだったのか、医師に言われたことばの上辺しか頭に入らず、病院を出たあとわたしは夫に話しているようで夫に聞いてもらいながら医師に言われたことばを繰り返し繰り返し口に出していました。

医師は何なのかわからない。だから、開腹手術をして調べてみないと。と、言いました。
情報量を増やす意味でも再々検査を勧められました。

医師の話を聞いたときは、医師の言う角度からしかものを見られない考えられませんでしたが、夫と再々検査を待つ間の時間、話しをしているうちに、ふと医師の言っていることに疑問が生じてきました。
違う角度から考えられるようになってきました。

わたしは別の箇所の疾患なのではないか?
そう考えると、そういえば自分の症状と符合する点が多くある…。

そう、思ったらこころに明るい兆しがみえてきました。

ちょうど、中村さんの記事を拝読もでき、メッセージなんだなとすんなり受け取ることができました。

ありがとうございます・°☆。
わたさと [URL] 2014/04/10(木) 12:15 [編集]

澤谷先生、また今回の記事にコメントいただけた方
ありがとうございます。

メッセージします。

誰の人生にも仕事もプライベートもいろいろなことが
あるものだと思います。

ただ、その起こった出来事にはプラスの意味もマイナスの
意味も付けることが出来ますよね。

意味付けをするのも
人は自分で出来るものです。

また実際には、どう考えても、マイナスにしか思えない(というか、どう考えてもマイナスな出来事もあります。たとえば、身近な大切な人の不幸であるとか、、)

それでも、人は前を向いて生きていかなくてはいけないし、
より強く良く生きていくことが大事です。


また、そんな困難の中でも、光を見出して進んでいくことで
その小さな光は、やがて他の光が応援してくれて大きな光になっていくのだと思います。


どんな状況でも、希望と憧れを失くさない、失わない。

その生き方自体が価値のあるものだと僕は思います。


そして大変な状況の中でも、そのように前を向いて
生きている人に神様が応援してくれるようになるのではないか、、
そんな風に思います。


がんばっていきましょう。






中村 順 [URL] 2014/04/15(火) 21:15 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。