お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/25
自己成長のらせん階段

前回の
《「やればできる!」自己効力感を高める方法》
では、
自己効力感を高める
4つのポイントについて
お伝えしました。

そして、自己効力感を高めるには
その土台に
欠点も長所も含めた
自分が好き、という
自己肯定感があったほうがいい。

そのためには
自分を受け入れられること。
自分が無条件に好きになれて
その自分だから、
やればできるかもしれないし
(逆にいえば、やれないことはやれないとあきらめられるし)
なんらかの良い影響を人や社会に
与えるし、与えていいんだと
思える、
そういう自分の行為によって、
自己効力感が高まる。

そんなふうに
人の心の成長は、
自己効力
アップアップアップ
自己肯定
アップアップアップ
自己受容
アップアップアップ
自己理解
と下から上へと
高まっていきます。

それは直線の道ではありません。
それはらせん階段のようなものです。

ときには自信をなくしたり
ときには落ち込んだりしながら
乗り越えると、また、ぐんと
成長して
強く、優しく、豊かに
なっていきます。

謙虚な人ほど
自分の欠点がよく見えます。

そんなダメダメな自分と
向かい合うのは
ほとんど気持ちいいものではありません。
等身大の自分で生きるのは
勇気がいるからです。

けれど、らせん階段の踊り場から
見える風景は
一歩一歩、自分の道のりを
大切にしながら歩いてきた
大切な風景のワイドビュー。

自分と向かい合わずに
なにか他のもので埋めてきた
人には観ることのできない
かけがえのない人生の景色が
そこにはあります。

ちなみに自己紹介が苦手な人は
自己理解が足りないそうです。
自己理解とは
自分とはどんな性格で
何が好きで、何が嫌いで
どんな才能と素質を持っていて
などの
自分についての
リアルなインフォメーション。

自分ってなに? ということが
言葉になりづらいのは
まだまだ奥の深い自分が
いるのかもです。


あまみ悠さんのブログは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

前回の自己効力感のお話のときは、まだそのレベルにいないのか、よくわかりませんでしたが、今回はその土台のお話ということで、前回よりも気持ちよく拝読できていることが、とても嬉しいです。

ちょっとは成長しているのでしょうか?そう思いたいデス。

以前よりは自己理解、自己受容、自己肯定ができる部分が出てきたと感じていることと、「こんなん、自分と違う!」と否定(美化?)してきたところが、ちょっと周りをみてみたら、自分と同じ(欠点と思っている)ところを持っている人がいて、良い形で使っている人がおるやん!と、ちょっと見えてきた。

「自分が否定している欠点は、長所とみて、使ってみる。行き過ぎて注意されたら、はい、っと素直に聞いて、戻したらいい。隠してても、あるねんから、諦めなはれ!」と言われ、バレバレやったんや!と力が抜けた。(自分だけが知らない世界!?)

自己成長のらせん階段は、今の私のイメージでは左右にジグザク飛び出していていびつで、上に上がっているか確認してみると・・・上がってるわ~って感じ。

わからんなりにも、自分と向き合おうとしていたら、なめらかに上にあがっていくらせん階段になっていくのかなって思ってきました。

あまみさんがおしゃっていることが素直に、そうなんや~って受け取れて、ホンマにそうやったわ~ってなっていくような気がしてきました。

これから体験していきますね。楽しみです。
ありがとうございました。

エンジェル [URL] 2014/05/26(月) 01:06 [編集]

ありがとうございます^^
エンジェルさん、こんにちは!

あまみ悠です。

なめらかに上にあがっていく
らせん階段,素敵です。

頂上の絶景を楽しみに
いろんな景色を堪能しながら
あがっていきましょうね。

あまみ悠 [URL] 2014/05/28(水) 17:34 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。