お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/28
22歳の別れ【「22歳の不安」感想文】
マサ(養成講座6期・7期)

この文章を読んで、感じたままを率直に述べます。
  1. 題名は[22歳の不安]ではなく、[22歳の別れ]or[30数年後の不安]とした方が相応しいのでは?
  2. 両親の気持ちにかこつけた単なる[恋の話]=[恋バナ]ではないのか?
  3. 女心の不思議さ?
etcを何回も読み返して感じました。

真木野さんの学生時代の恋は恋愛小説に出てくる様な話ですね
4年も交際しているのにも拘わらず、[家庭の事情]を理由に遠距離恋愛数ヶ月で心が離れて、新しい恋人が出来てしまう。
よくある遠距離恋愛の怖さですね。男も女もこれを恐れるのです。
元彼への贖罪感と回顧の思いなのでしょうか?
逢いに行かれたのは……。

裕福な暮らしぶりの彼を選ばなかった事への後悔がチョッピリ見えましたけど。
もしかしたら、思わせぶりな言動が、3~6ヶ月間の[おやすみメール]になったのではないのですか?
それにしても22歳の真木野さんの恋愛体験と奇しくも同じ22歳の娘さんのそれと同化するとは面白いですね。
澤谷先生のカウンセリングを受けて、すっかり心の整理が出来た様に思います。
赤裸々な文章で、過去をカミングアウトした真木野さん。ご主人への対応は大丈夫なのでしょうか?
私の[不安]はただそれだけです。シビアな感想文で申し訳ありません。

 「22歳の不安」記事へ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

体験しました
はーい*\(^o^)/*
体験しましたよー!
荻窪YUBO(・・)/ [URL] 2014/05/28(水) 06:38 [編集]

恋愛と親子関係
マサさん こんにちは

いつもありがとうございます

マサさんの感想文を拝読して、自分の体験を通しての恋愛と心のデトックスについての考えがまとまりました。

恋愛は、親子関係や家族関係や友人などとの人間関係の次に、人間同士が深く関わりあう人間関係なので、その人の親子関係や人生経験やトラウマなどによってつくられた心の中にある闇の部分も表にあらわれやすい気がします。
例えば、自我の殻の中にいると、怖くて自分の心をオープンにできなっかたり、相手を信頼することができなかったり、依存しあう関係を求めてしまったり etc…。
親子関係が大元にある心の闇の部分が大きな影響を及ぼし、歪な人間関係しか築けないので、当然、恋人や夫婦でも愛と信頼の絆をむすぶことができなくなってしまいます。お互いに傷つき、傷つけてしまうことになります(心の痛みを感じることは、お互いの業の解消にとって必要なことだと思いますが)。

恋愛が上手くいかない問題で心を痛めたときには、現在でも過去でもかかわらず、心のデトックスの大きなチャンスになると思います。
現実にあらわれている問題から心の闇の部分に切り込んでいき、さらに心の闇を認識できる本当の自分の光に焦点を当てていくことができたら、心のデトックスの大きな波に乗ることができると思います。

わたしの心のデトックスは、自分と元彼に対する怒りや憎しみや恨みと自分自身の罪悪感のデトックスから始まりました。
始めてみると、心の闇の部分は家族との関係と入り組んでいましたので、同時進行で家族との関係でできた心の闇の部分をデトックスしていきました。結局、彼に対する怒りをデトックスできたのは、父親との絆のむすび直しや自分の罪のデトックスをして、赦す赦さないの次元を超えてからのことで、デトックスを始めてから3年くらい経っていました。
わたしの場合は、心のデトックスと家系のデトックスが同時進行で進んでいます。

心のデトックスをしてもなお、心の闇の部分にとらわれてしまって、人間との信頼関係を築いていこうとできない状態に陥ることがありますが、これからは本当の自分の完全な愛の光に焦点を当てて生きていけたらと思います。

お読みいただきましてありがとうございます
NAO [URL] 2014/05/28(水) 13:24 [編集]

マサさんの感想文を拝読し、びっくり仰天!しています。

「そんな風に感じられるんだあ・・・」と自分の中にはなかったからです。

これは、男女の違いでしょうか?それとも年齢の違いでしょうか?
経験からくる人生の違いでしょうか?それとも・・・??

多角的に物事を見るとは、こういうことでしょうか?

ご主人のことまで心配(?)しておられて、さすが、「目配り、気配り、心配りのマサさん」だと感心しました。

私の体の中を、ジェットコースターが走り抜けていったようで、放心状態です。心臓バクバク。


でもやっぱり、最後に落ちがくるのも、さすがマサさんだあ!

人生の大先輩のマサさんとじっくり語り合って見たいと思いました。
どうかよろしくお願いいたします。ありがとうございました。

エンジェル [URL] 2014/05/28(水) 19:30 [編集]

荻窪 YUBOさんへ
申し訳ありません。
コメントがあまりにも短くて、コメント返しがし辛いのです。あなた(男性か女性かも分かりません)も真木野さんと同様の体験をされたと言うことですか?共感出来ると言うことですか?
マサ [URL] 2014/05/29(木) 03:16 [編集]

恋愛と心のデトックス
NAOさん
いつも洗練された文章を書いておられ、毎回感心させられております。上手い事、まとめるものだなと。
そんなNAOさんからのコメント。しかも長文!
このコメントを読む前に、実は澤谷先生からメールが来ました。[コメントが来ています。コメントのコメントを返して下さい(笑)]と。いつでも私は返しているのに、敢えて先生が言って来るのは何かある。
開いてみたら、NAOさんのそれが!!返すのに、少し気が重くなりました。これだな!先生の言いたい事は----。
NAOさんの素晴らしいコメントに対して、果たして何処迄上手く返せるかと問われた気になりました。
扠、私の感想文で、何か参考になる事があったでしょうか?
文章を読んでいて、NAOさんの過去の恋愛で深いトラウマを感じます。
元彼に対する怒り、憎しみ、恨みをデトックスするのに3年掛かった由。
お父さんとの絆の結び直しなどされたのも長引いた理由かも知れないですね。
親子、家族、友人、そして恋愛。この関係の求めるものは
結局[愛]ですよね。そこにはお互いがどう受け止められるかが大事だと思います。7期の講座でお逢い出来るのを楽しみにしています。
マサ
マサ [URL] 2014/05/29(木) 08:12 [編集]

文章の捉え方
エンジェルさん
いや私的にはウッチーと呼ぶのが好きなので、こう言わせて頂きます。
ウッチー!鋭い!実は今回の感想文を書くに当たって、何回も読み返して、これは書けないと思いました。
というのも、受け止め方がわからないのです。
課題だから、何か書かなければ----。結局、何だ、自分の感じた事をそのまま書けばいいんだと。それがこの文章ですが、その後、ちょっと内容が辛辣だったかなと、とても気になりました。そこへウッチーのコメント
。私は性格的に斜に構える癖があります。とかく裏読みをしたくなるのです。それがこの文章になりました。
こうなれば、開き直ります。
貴女の言う通り、[男女の違い、年齢の違い、人生経験の違い]でしょうね。こういう見方は----。出来たら、真木野さんにコメントを頂きたいのです。反論される部分もあるでしょう。
ウッチー又、講座でお逢いしましょう。
マサ [URL] 2014/05/29(木) 10:27 [編集]

マサさんへ
人は、恋愛や仕事、人生にうまくいかないとき、
何かのせいにして、傷付いた自分を守りますね。
私もそれを、おおいにやりました。

何かのせいにさせてもらえること、それは愛されているという、前提ごあるからなんだと思いました。
何かのせいにしても、それでも自分は愛されていることを、
本当は自分でよく知っているからなんでしょうね。
男女の恋愛という舞台の中では、相手を通して自分を見てる。
演目はなんでもいいのですが、すべてに通じる、『自分を見てる』ということ。
エンジェルさんのコメントにありましたように、
旦那さんの心配をしているマサさんの愛情を感じました。

ラブ [URL] 2014/05/29(木) 11:15 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。