お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/04
女神のように微笑んで
木綿子(養成講座1期生)


 木綿子さんは、「しあわせな人生の実現をサポートする人材養成講座」の1期生として6年前の1年間を過ごされました。プロとしてビジネス出来る腕をみがく参加者の多い中で、御主人との問題(別居したばかりで離婚問題)を抱えていました。養成講座で1年間学ぶ中で問題を解決した方です。(澤谷 鑛)


澤谷先生
先生、お元気でいらっしゃいますか?
たいへんご無沙汰をしております。

長野の木綿子です。

この度は、7冊目のご本の出版、おめでとうございます。
今、アマゾンで注文をいたしました。到着を楽しみに、じっくりと読ませていただきたます。

さて、先生にずいぶんとカウンセリングをしていただき、おかげさまで、今、私は幸せな毎日を送っています。

相変わらず、いろんな事はありますが、子供も健やかに、そして、夫ともゆるやかな関係といいますか……、共の時間もずいぶん持てるようになりました。
先生のおしゃっていた「女神のように微笑んで……、大仏のようにどっしりと……」が、ようやく少しばかりできているのかな、と思っています。

一見、ハチャメチャそうに見える夫も、最近は少々生意気になってきた子供たちも、たくさんのことを私に見せ、学ばせてくれました。
いろんなことがあって、いや、あったからこそ、今こうして私があるのだと思いますと、自分も周りの人も本当に大事な存在とおもわずにはいられません。

私が、自身の考え方の癖として日常的に気をつけていることは、

「~べき」になっていないか?
当たり前・常識にとらわれていないか?
自分の良かれを押しつけていないか?
相手を観る(感じる)心の像はあたたかいか?

という点です。

どれも先生のカウンセリングの中から教えていただいたもので、私の心に印象的に残っています。
「事にあたり、人にあたり、ものにあたり」とは、確か先生のお言葉だったでしょうか?……まさに日常生活こそが学びの場であり、失敗もそれを教訓とすれば失敗などなく、すべては宝なのだと、先生の言われていたことが、腑に落ちるのです。

2年前の夏に、私は職場を変えました。
同じ精神科の道ですが、私が以前からやりたいと希望していた「児童精神福祉」の道に、遠回りでも、つながるかもしれないです。

養成講座も懐かしいです。
あの一年間、私なりに一生懸命取り組ませていただきました。
今では、メールボックスもダイレクトメールばかりでさみしいものですが、あのころは課題が出て、それに対してみんなが応え、さらにまた、先生が応えていただき……、毎日毎日受信ボックスを開くのが、楽しみでもありました。

あの時はあのときで、精一杯の自分の答えでした。
今思えば、きれいごとだったかな、うまくまとめようとしたかな、なんて思うところもありますが、よく頑張った一年でした。
もし、今、同じ課題をあげられたら、また違った応え方をするような気もいたします。
まあ、これは、なんとなくな自分の予感ですが……。

養成講座を終了してからも、先生のご著書を毎朝読むことが私の日課になっております。
読めない日は数日分を読んだりします。なぜか、欠かせないものとなっています。

簡単ではありますが、
先生へのお祝いと私の近況、そして感謝をこめて……

これからもお元気でご活躍くださいませ!
木綿子



Wこう出版記念講演会の詳細、お申し込みはコチラ…

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
コメント

大先輩
うわぁ〜、素敵だなぁと笑顔になりながら拝読させて頂きました。
私もやっとこさ養成講座1年目を迎え、6年後に大先輩の木綿子さんのような
心持ちになれているだろうか…とワクワクする気持ちで拝読していました。

どのお言葉も素敵で癒されます。

澤谷先生がおっしゃった「女神のように微笑んで……、大仏のようにどっしりと……」も素敵ですね。
そんなふうになりたいです。

拝読させて頂いてとても嬉しいです。
ありがとうございます。

miyayuki [URL] 2014/06/04(水) 00:12 [編集]

養成講座で、木綿子さんが、一年間一生懸命に取り組まれたからこそ、「女神のように微笑んで……、大仏のようにどっしりと……」が感じられる今がおありなんだと思いました。

私は木綿子さんとは全く逆で、1年間逃げ回りました。といっても、本人は自覚はなかったのですが、いつも先生に言われてしまいます。(笑)でも、逃げ回ったから良かったんだなあとも言っていただき、
よくわからないけれど、どっちにしても、全てはOKなんだな、っと捉えました。

木綿子さんのご文章を拝読し、養成講座の一年は、澤谷先生と講座生ひとりひとりとの、鎬を削る(?)命の磨きあい、こころの磨き愛のように感じました。

私は、どれだけ真剣に向き合い、学び、成長できているのだろうかと思いました。
木綿子さんのように、本気で真剣に無我夢中になって取り組み、生きていきたいと感じました。

今なお、毎朝、澤谷先生のご著書をお読みになっている木綿子さんの、先生への愛と感謝と信頼の絆と、ご自分に向き合う真摯なおこころを感じます。

私も一生懸命にやりきったと感じることができるように、日々、澤谷先生のもとで学んでいきます。木綿子先輩のように。

こうして木綿子先輩に出逢えたことが、とても嬉しいです。
こころから感謝しています。いつかお会いできる日がくることを楽しみにしています。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/06/04(水) 19:23 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。