お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/02
いのちを考える
MIYAYUKI(養成講座7期生)

先日、柏木哲夫氏のご講演を自分のために書き留めておきたくて、やっといま文章にできたのでシェアさせて頂きます。

今年の春、青春18きっぷを利用して色々旅をした。

その時、車内広告に「『いのち』を考える」連続講座受講の参加募集をしていたので、そのまま電車で揺られながら直ぐに応募した。

5月から3度受講させていただきました。
第三回目は金城学院学院長、淀川キリスト教病院理事長の柏木哲夫氏の講演でした。
「使命と運命」というタイトルで、第一回目、第二回目同様に真面目なお話しだと思っていたのですが、柏木哲夫氏の講演は友人の友人から貰ったという趣きがある写真を見せて頂き笑顔になり、所々ユーモアがあり、とても楽しく興味深い講演でした。

柏木哲夫氏は日航機墜落事故、阪神淡路大震災、JR福知山線脱線事故、東日本大震災と携わり 約40年間で2500人を超える命を看取ってこられたそうです。

そんな中で「還暦をすぎてから『言葉』に対してのこだわりが強くなった」と仰って体感され、語得されたことをお話しくださり、とても心を打たれました。

言葉にこだわりをもつとはどういうことか。
それは、私がこだわる“ほんもの”に似ているように感じました。

柏木哲夫氏の言葉のこだわりの中で感銘をうけた下記の内容を引用させて頂きます。

「寄り添う」という言葉と似ていて違う言葉に「励ます」がある。「励ます」は外から動かそうとすることで、自分はあまり関与しなくてもいい。「寄り添う」は関与することであり、逃げ出さずに空間を共にするということである。
「励ます」には上からという感じがある。「支える」というのは「下支え」という言葉があるように「下から」という感じがある。支えなければ相手が落ちてしまうから支えるという感じである。
一方 「寄り添う」は「横から」である。相手の力を信じ、寄り添っていれば、相手は前に進んでいくという信頼感に裏打ちされている。


澤谷先生が「依存」を嫌い、許さない反対側にはやはり相手を信頼し、自立できるようにという愛情なんだ、と私はこの言葉で再認識しました。

そして柏木哲夫氏は寄り添い人に求められる人間力には下記の10カ条をあげられました。

人間力

  1. 聴く力
  2. 共感する力
  3. 受け入れる力
  4. 思いやる力
  5. 理解する力
  6. 耐える力
  7. 引き受ける力
  8. 寛容な力
  9. 存在する力
  10. ユーモアの力


この10カ条を拝読してやはり思うのは「まさに澤谷先生だな……」と思いました。
そして澤谷先生を考えたとき、「6.耐える力とは待つ力かな……」とも感じました。

最後に「良き生」「良き死」に関しても語ってくださいました。

柏木哲夫氏は2500名以上の方を看取った中での教訓を、
「人は生きてきたように死んでいく。感謝して生きてきた人は感謝の中で死んでいく」
とおっしゃいました。

「良き生」に関しては個人の主観が入るとおっしゃりながら、柏木哲夫氏の「良き生」とは、
『感謝できる生・散らす生・ユーモアがある生 』
だとおっしゃいました。

中でも「散らす生」とはどういう意味なのかとても興味を持ちました。
「散らす生」とは反対に「あつめる生」があり、「あつめる生」はお金、時間、才能などすべてのものをあつめるということで、逆に「散らす生」は人のためにとくに時間をどれだけ人のためにつかえるかとおっしゃいました。

そして日野原重明先生の文章を2つご紹介くださいました。

『いのちとは、今、あなたが持って使っている「時間」のこと。
いのちを持っているということは、使える時間が与えられているということです。
自分が使うことができる時間こそがいのちであり、それを何にどう使うかということが生きていくということ。時間の使い方は、そのままいのちの使い方になります。』

『人間にとって生きている実感を味わえる、いちばん充実した時間の過ごしかたは、助けを求めている人のために自分の時間を使うことだと思うのです。
だれかの役に立つということは、自分という存在そのものが生かされているということですからね』

どんな人にも平等に与えられた『24時間』という時間をどう使いますか? と柏木哲夫氏に問われたような講演でした。

柏木哲夫様、ご講演を拝聴させて頂きありがとうございました。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

貴重な学びのシェアをしてくださり、ありがとうございます。
常に考え、行動し、学びつづけておられるMIYAYUKIさんを尊敬します。

いのち=生きている時間。ですよね。

わかっているけれど、気がつかずに?無駄な時間を過ごしていることが多いです。

いつも、今日が最期の日だとしたら、自分は何をするだろうか?
誰に何を伝えるだろうか?大切な人を大切にしているだろうか?

そう自問して、一日一生の気持ちで生きよう。

それらの言葉を目にしていても、腑に落とせていない怠惰な自分がいます。でももう、人生の折り返し地点をとうに過ぎて、真剣に考える時。

私も、誰かのお役に立てる人間に成長したい。そのために本気で学び続けます。今日、シェアしていただいたこと、こころから感謝します。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/07/02(水) 22:32 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。