お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/21
言動の奥にあるもの

昨夜知った、ある人の発言がとっても刺激的で心に触れたので、人の言動の奥にあるものについて、考えさせられました。

私が思う、言動の奥にあるものとは、これがいい! という主張の奥には、その逆意見へのノーがあり、これはダメだ! という主張の奥には、その逆意見へのイエスがあるということです。

もうちょっと詳しく例えてみますね。

自分のネガティブな部分と向かい合うのが苦手な人がいます。そのかたは、人の悩みを心から聴くことが難しいのです。それよりも自分と人や物事の良い部分を見つけていこうとするのです。
なので、元気で前向きな人として評価されます。
しかし、本当に悩んでいる人の気持ちは聴けないのです。または、聴いていても耳からスルーしてしまいます。
悩んでいるかたは、とまどいます。

いつも親切で好意的な相手が悩みを話し出したとたんに、妙にそわそわしたり、話しを変えたがったり、決めつけて話を終わらせようとするのです。

私たちは、悩んでいるときって、そもそもが自分を責めていることが多いので、悩んでいる人は、こう感じるかもしれません。
「私の話がつまらないから? だから、この人は話の腰を折るのかしら」
「私の話に価値がないから? だから、この人は話をそらすのかしら」

自分をさらに責めてしまうなら、相談しないほうがいい。
相談した私が悪かったかも。悩んでいる人はそう感じます。

しかし、事実はそうではありません。人は、自分が自分にしているのと同じことを人にもするものです。自分のネガティブな部分と向かい合うのが苦手な人は、相手のネガティブな話と一緒にいることも苦手なのです。
とはいえ、この人のネガティブを受け入れられない状態は、悪いことばかりではありません。
前述したように、前向きで明るい言動は周囲を楽しませますし、同じようにネガティブを受け入れられない状態にある人にとっては、そのほうが好ましく、ラクで受け入れやすいのです。

だから、自分のネガティブな部分と向かい合うのが苦手な人の元に、相談をしにいって元気づけられる人もいるのです。
自分のネガティブな部分と向かい合うのが苦手、だからこそ、前向きな気持ちや明るさに注意が向きますし、そこを活かすことが上手になります。

このように弱みは強みであり、強みは弱みです。
しいていうならば、長所や強みは光であり、その裏には弱みという影ができると改めて思います。
光をあびれば、影もあらわれる。
強みを磨けば、弱みも深まる。
人間は完璧じゃないので、どこかに漏れがあるものですね。
同じ漏れ同士はやっぱり引き合うし、それが漏れと気づきません。

しかし、同じ漏れを持っていない人から見れば、一目瞭然の漏れなのです。
私も漏れています(笑)。
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ 
なにがって、つっこまないでくださいね (;^ω^A

そして、そのことについて考えようとすると、自分では知りたくないという抵抗が働く感じがするんですね。
この抵抗が、漏れを排除しようとしたり、外の誰かに投影させたり、防衛させる働きをするのでしょうね。
そして、そうしている分だけ、あっても見えないもの、あっても気づかないものがあるはずです。
そこを知りたい、その先にあるものを探求していきたいという人だけが、漏れの正体を知るのかもしれません。
ちなみに、私のクライアント様は、割合、そういった探求者が多いです。
自分自身に正直に生きたいと願うほど、漏れを人のせいにできなくなるので、自分自身に返ってきて、やっぱり苦しいんですよね。
苦しいからこそ、統合できるということでもありますが。

どちらにしても、漏れが悪いわけじゃありません。
ただ、漏れていることを自分にも隠しているうちは、強みがあっても気づかないし、弱みがあっても変えられないし、人に投影してしまうので同じような事柄で悩むのです。
なんだか、あいまいな言い方ですが、大切な人を傷つけないなら(あ、大切じゃない人も傷つけないほうがいいですが、まずはみじかから 汗)、
自分自身をダメにさえしなければ
↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑ ↑
ここが一番のポイントです!
漏れていたっていいじゃないか、とも思うのです。
それを恥じることもないし、隠すこともありません。

自分自身がどうしたいか、ということにつきますよね。
私的には、完璧を目指さずに時には漏らしながら(あ、なんか変ですね、まいいか(笑))、漏らしたことにちゃんと気づいていられたら(ますます変ですね マジメなんですけど)、それでいいかと思います。

20代、30代のころは、自分の欠点や弱みに気づくとすぐにどうにかしたくなりましたし、願えば叶う的な万能感を握りしめてきましたが、加齢っていいものですね。自分が完璧じゃなくても、許せるようになるものです。

だから、変えていけるものは変えたいし、すぐにできないものは機会を待つ、そんな感じでバランス良く生きていきたいなあと思っています。


あまみ悠さんのブログは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

統合
あまみ悠様へ

「変えていけるものは変えたいし、すぐにできないものは機会を待つ、そんな感じでバランス良く生きていきたいなあ」
ほんとうですね☆
おだやかに楽しい人生を生きる秘訣は、将にここにある気がします。わたしも、なんだか散々苦しんだあげく、ようやくこの心境までたどり着けたかんじです。
あ、まだ、漏れを恥じてしまったり、隠そうとしてしまうことは多々あるのですが…。

人間は長所も短所もあって、長みは弱みにもなって漏れがいっぱいでも、完璧になれなくても、そんな自分のことをまるごと愛することが大事だとつくづくおもいます。

漏れ漏れの自分のことを愛おしくおもえたなら、漏れ漏れの相手のことだって愛おしくおもえるのでしょう♡♡

本当に加齢っていいものですね。。。
図太くなっていくと言われればそれまでですが…汗、角が取れてまあるくなっていくにつれ、人生が楽しくなっていくような気がします。

わたしの存在をまるごと愛していれば、角々しくならないのだろうなぁ…とおもいます。
まあるくなって、ころころコロコロとなめらかに生きてみたいとおもいました。

ありがとうございます
NAO [URL] 2014/07/21(月) 08:17 [編集]

私が最近、体験したことですが、許容範囲をひろくもつ、ということがとても大事なんじゃないかと感じました。

引きこもっていって、友達にお誘いを受けても、断ってばかり。当日ドタキャンも多い私。そんな私を外にひっぱりだしたいと、私の都合の良い日にあわせ、出やすい時間を設定し、私の食べたい店をえらび、そこまでしてもらっても、気乗りしない私は、40分の遅刻になると連絡、できたら欠席したいと伝えたけれど、「遅刻、いいよ~」って、欠席はさせてくれない。

40分遅刻するというのに、「いいよ~」って、すごっ!!

張りつめていた気持ちが一気にゆるみ、素直に「行かなくっちゃ!」と思えたのです。

ふつう、怒るよね?(私だけ?)私なら、イライラしたかも。
でも、いいよ~って、許してもらえた。私をひっぱりだすのが目的だから。

こんな自分でも許してもらえた。嬉しかった。じゃあ、逆の立場になった時、私も、「いいよ~、大丈夫」って言えるようになりたい。
みんな完璧でないからこそ、補い合ったり、助け合ったりできるんだな。そうしたらいいんだなって思えた。

いいところを見て、自分とも人ともつきあう。欠点のところは、許容範囲をひろくもつ。そうすると、問題ない!ことが増えて、やさしくなれるのかな。許容範囲が広い分、その中に何とか入らなくっちゃって、ちょっと頑張れる。ような気がする。

と、最近感じたばかりで、あまみさんの御文章を拝読し、思い出しました。ぴんとずれずれかもしれませんが、お許しください。

「許容範囲を広くもつ」ちょっと、私の中でヒットしています。
ありがとうございました。

エンジェル [URL] 2014/07/22(火) 02:27 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。