お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/31
うれし泣きの深層心理
ユウコ

悲しくて涙するより、絶対にうれしくて泣いてしまうほうがいいに決まっています。
うれし泣きは心を浄化してくれるものですから。

しかし、あまりにも涙腺にスイッチが入り過ぎるとしたら、ちょっと問題なように思います。
いくら加齢によって涙腺が弱くなったとしても(笑)、些細なことにすら反応してしまって、よよよ! となってしまうとき、心の中は少し、ネガティブになっている場合があるからです。

「こんなわたしに、こんなうれしいことがあるなんて」
「こんなわたしには、もったいないくらいうれしいこと」
「こんなわたしには、もうこれほどすてきなことは起こらない」

必要以上のうれし泣きは、そんな思いからくるのではないでしょうか。

かく言うわたしにも、実はその傾向があるのです。

調子がいいと、大好きな俳優さんがブログを更新しただけで泣けることもあるくらい!
これはいくら何でも不自然な反応です。

感情の現れ方に正誤はないとも言えますが、わたしの場合、セルフイメージ(自分に対する価値観)が下がると、「こんなわたし」モードに入ってしまって、うれしいことに対して過敏に反応してしまうのです。

しかし、健全なセルフイメージをいつも持っていられたらどうでしょう。

うれしいことに対してナチュラルに、心のままに表現ができるはずだと思います。

また、些細なことでうれし泣きするときには、申し訳なさを感じていることもありがちです。
これも、自分を卑下しているからなのでしょう。

「こんなわたし」を100%認めて、それでよいのだと大胆に許可を出していきたいものです。
それが、「うれしい出来事」への礼儀とも思えます。

さて、次に本気でうれし泣きができるほどのハッピーがやってくるのはいつのことでしょうか?
楽しみに、のんびりと待つことにいたします(*^。^*)。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

感動的な気づき
ユウコさん こんにちは

いつもありがとうございます!

拝読して、そう言えば…と思い当たるところがいくつもありました。

感情を抑圧し心を閉ざしていた自分を解放し始めてからの数年間、
「こんなわたしに、こんなうれしいことがあるなんてー!!!」
と何度うれし泣きしたかわかりません(笑)。

心を解放し続けて、「こんなわたし」を一つ一つ認め続けていくと、「ナチュラルに、心のままに表現」していくことがいつのまにか自然にできるようになっていきました。
でも、自然な状態がどこなのかがよくわからないから、あまりうれし泣きしなくなっていくことを感受性が豊かでなくなっているのかな? と思ったりした時期もあったのです。

自然な状態に戻っていくことは、とても自然にそうなっていくので、自分では気づけないことが、きっと沢山あるものなのでしょうね。
「こんなわたし」モードがうれし泣きの感度を高めていた! という認識は、わたしにとって大きな発見です。
とても感動的な気づきを頂きました。
ありがとうございます。

今もたくさんのことに感動して、涙を流すことのできるしあわせを感じています。
心と身体に感謝ですね☆

ユウコさんの「本気でうれし泣きができるほどのハッピー」も、ぜひシェアしてくださいね。
のんびりと待つのも、楽しいしあわせですね☆

ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/07/31(木) 10:15 [編集]

なんと素敵なゆるさでしょう。
よく、「ネガティブはいけない。ポジティブでなければ」
というような勧めを見聞きしたり
そのように自分に言い聞かせておられる方に
お出会いすることがあります。

それに対して、
「無理にポジティブになろうとする必要など無い。
 ネガティブもポジティブもどちらも紛れもない自分自身で
 どちらか片方だけで生きていくようなものではない。
 どちらも受け入れて、ニュートラルな状態でいるのが良いのだ」
と言われる方が、最近身の回りに増えているように感じています。
わたしも、本当にそのとおりだと思うのです。

「嬉し泣きをしているようでいて、実は自分を卑下しているのだ」と気付かれ
「自分を100%認めて大胆に許可を出していきたい」と願われる。
でもユウコさんはそこで
「こんな自分はだめだ」と、悲しまれるのでもなく
「認められなければだめだ」と、焦ることもされず
さらりと
「楽しみに、のんびりと待つことにいたします」と結ばれている。
このゆるさ、安心感、素晴らしいですね!
うっとりと、魅了されてしまいました。

どちらのご自身も無理なくお認めになりながら
どのように展開するかわからない未来をわからないままに
もう既に受け入れて安んじておられる。
これでご人生が好転しなかったら、そのほうがおかしい!

ユウコさんのこれからがとても楽しみです。
ぜひまたご投稿ください。
楽しみにお待ちしております。
桜 美穂 [URL] 2014/07/31(木) 14:34 [編集]

NAOさんへ
NAOさんへ

こちらこそ、いつもありがとうございます!
お互いに、「こんなわたし」という思いを通して、多くの気づきが出来たこと、大変うれしく思っております。

心の解放は、一見簡単そうにも思えますが、試みてみるとなかなかむずかしいものですよね。
勇気も要ります。
度胸も要ります!
しかし自分の感受性を信じて続けていくと、NAOさんに訪れたすてきに自然な状態に出会えるのですね。

最近、心が閉じてしまいそうなときには、少しだけ努力をして、外にある何かとつながってみると、不思議に安心感が広がることがわかりました。
閉じれば閉じるほど不安になるのだなあと。

NAOさんのおっしゃる、「心と身体への感謝」何よりも大切ですね。
わたしも日々、忘れずにいたいと思います。
ユウコ [URL] 2014/08/01(金) 08:21 [編集]

桜 美穂さんへ
桜 美穂さんへ

コメントありがとうございます!

美穂さん、わたしも本当に「ポジティブ礼賛」、徹底するのは無理があると思うのです。
何というか、心をあまりに操作してしまうと、どこかひずんできてしまうなと感じます。
自分の心の中に生まれたことなら、とりあえず何でも認めてあげたいですよね。
それがたとえネガティブな思いであったとしても。
認めて、受け入れることからすべてはじまるのですよね。
美穂さんと思いが分かち合えてうれしく思いました。

そして、ゆるさと安心感の心地よさもシェア出来て、大変心丈夫な思いがしました。
何か事が起こったとき、以前ならすごく抵抗したり、時には攻撃したりと、力みながら対処していたのですが、それを一切やめてから、生きづらさが嘘のように減っていきました。
美穂さん、うれしいエールに感謝いたします。
美穂さんの日々が、大安心に満ちたものでありますように。
ユウコ [URL] 2014/08/01(金) 08:41 [編集]

いつも、ありがとうございます。

私は時々、TVやブログなどを見ていて、突然、涙が出てきて、自分でびっくりすることがあります。

「なんで、涙がでてくんの?」と自問するのですが、自分でうまく答えられないときは、そのまま、流れるがままにしていて、あとは、浄化されてよかったと想います。

私はどちらかというと、めっちゃ、うれしいときは、ひとりで家で、(ミニトランポリンに乗って)跳ね回ってよろこんでしまうほうなので、うれし泣きはあんまりないような気がするのですが、でも確かに、感激したときは、「こんなわたしに」になっていたなあと思います。今はじめて、気がつきました。

これって、セルフイメージの低さからくるんですね。

最近、私は私でいい!と思えるようになってきたので、うれしいことはうれしいと、素直に喜ぼうとおもいます。

「本気のうれし泣き」はまだ体験していないので、私もめっちゃ、楽しみに待っていようと思います。(いつかな?ワクワクドキドキ・・)

ユウコさんの「本気のうれし泣き」のシェア、いつになっても待ってますので(このブログがある限り・・・、長すぎる?)、楽しみにしていますね。

これからも、いろんな気付きをシェアしてくださいね。とても興味深く感じ、楽しみにしているんです!よろしくお願いいたします。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/08/01(金) 15:40 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。