お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/11
片付けられない人の心理

「部屋がゴミ屋敷の様になってしまい、何とか整理したいけど、できない。自己嫌悪に陥っています」

最近は、「汚部屋」とか「片付けられない女」、「片付けられない症候群」等と言う言葉と共にそういったお悩みを抱えておられる人も増えているのでは? と思います。
僕自身も独身時代は、かなり部屋が汚く(笑)、綺麗にする為に敢えて友人を招待したものです。

では、何故そうなってしまうのでしょうか?
※これは、あくまで僕自身の経験とお客さんの例から推測した内容です。

まず「片付けられない人」を大きく分けると、
「片付けられない自分を責めている人」
「全然気にしてない人」
に分かれると思います。

①片付けられない自分を強く責めている人
→このタイプの人は、
 「片付けなきゃいけない」
けど、
 「何を捨てたらいいのかわからない」
 「どこから手を付けていいのかわからない」
と感じている人が多いのではないでしょうか?
 こういった人の多くはもしかしたら「完璧主義」なのかも知れません。
 元来、仕事や人間関係等においても「完璧でなきゃ」で無理を重ねる。
 そして、部屋の整理も「完璧にきれいにしなきゃ」と自分にプレッシャーをかけてしまい、“完璧に”「いる物、いらない物」を分けて「捨てるもの、残す物」を“間違いなくやらなきゃ”と思うとわからなくなってしまう。
 しかも他の部分での完璧さは妥協できなくても、自分の部屋の完璧さはまだ妥協できる。
 だから「完璧さのバリア」が一番手薄な所で息抜きできる、というメリットもある。

②片付けられない自分を少しだけ責めている人
→このタイプの人は、
「片付けた方がいいのはわかっているけど、できない」自分をほんの少し責めてるかも知れません。
 こういった人の多くは「片付ける時間や心の余裕がない」と思っているでしょう。
 そして、もしかしたら「余裕がない」のは、他人に気を遣い過ぎて疲れ果て、唯一気を使わずに我儘にできる自分の部屋は、「我儘に振る舞える最後の砦」の象徴なのかも知れません。
 そして、我儘放題、散らかし放題にして心のバランスを取る。
 けれど、元々「自分が他人にどう見られているか?」が気になるので、部屋を汚している自分を客観的に見て後ろめたい気持ちにもなってしまう。

③片付けられない自分を余り責めない人
→このタイプの人は、
物に対する執着が強く、物で溢れ返っていた方が落ち着くのかも知れません。
 もしかしたら、誰かに対する「淋しさ」や求めても得られなかったという人に対する“愛着”を物で埋め合わせしようとしているのかも知れません。
※「心の穴」を物や人に”依存”する事によって埋め合わせようとする事に似ているかも知れません。

④片付けられない自分を全く責めない人
→このタイプの人は、
その様な(片付けない)家庭で育ち、それがいけない事という認識を持てなかったか、逆に片付ける事等厳しい親のルールや支配に反抗する為の手段が「散らかす事」だったのかも知れない。
 そして、その“癖”が大人になっても続いてしまっているのかも知れません。

以上僕の勝手な推測ですので、これ以外の理由もあると思います。

ただもし、4つのタイプのどれかに当てはまり、「片付け」でお困りの方がいらっしゃれば、タイプ別にご相談に乗る事ができます。


のぶさわ正明さんの公式サイトは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

面白いですね。
自分が、どのタイプかわかっただけで、シフトできそうです(笑)
福山 裕実子 [URL] 2014/08/11(月) 09:10 [編集]

心の中にある想いや思い込み
のぶさわさん こんにちは

いつもありがとうございます

人間が生きていく上での基本的な行動に問題がある場合には、心の中にある想いや思い込みが原因になっていることがほとんどなのかもしれないなと感じています。

「片付けられない人」も、タイプに分けてみることよって、心の中の問題が見えてくるものなのですね。
学びになりました。

わたしは貧しい家庭で育った祖母に育てられたためか、物を大事にしないことへの強い罪悪感があると思います。

なので、一人暮らしのときには自分の物を取っておくだけなので、押し入れのスペースさえ確保できれば、一応は片付いていました。

しかし、子どもができても、捨てることが難しい状態が続いていると、物の管理が限界を超え、部屋の中も散らかってきます。

子どもが散らかすから散らかっている、と諦めている場合ではありませんね。
できるだけ、物を捨てる習慣を身につけていきたいと思います。

ありがとうございます。
NAO [URL] 2014/08/11(月) 15:05 [編集]

とてもわかりやすいですね。
片付けられない人たちの多くは、自分でもなかなかその理由がわからずに苦しんでおられるものだと思います。
そして人は、わからないことには、なかなか取り組めません。
このように誰にでもわかりやすく分類されることで
多くの方が、片付けられないという問題に、取り組もうと思えるようになるのではないでしょうか。
のぶさわさんのご文章は、そうした方々にとって力強い助けになると思いました。

拝見しながら、自分はどこにいるのだろうと考えてみました。
強いて言うならば1番ですが、わたしの場合はちょっと違って
「片付けられない自分を責めている」というよりも
「自分を責めたい」という贖罪の意欲に突き動かされて
「片付けられない」という現状を、自覚せずに展開していました。

内なる罪悪感が解消された今は、のびのびと散らかし、
また、のびのびと片付けています。
どちらにしても、のびのびとしており、どちらにしてもしあわせで楽しいのです。^^


桜 美穂 [URL] 2014/08/11(月) 16:51 [編集]

いつも、ありがとうございます。

実は、私は片付けられない人なんです。職場でも、机の上が書類であふれ、引き出しもごちゃごちゃで、誰にも見られたくなかったんです。私の恥部なんです。

家の中はもちろんそうで、社交辞令でも、口が裂けても、「家にあそびにきてね。」など、決していいません。昔、元夫にも、「なんでゴミを後生大事にもってんの?」と聞かれたことがあるほどです(汗)。

1もしくは2のタイプかな。

引き出しの中も、家の中も、ごちゃごちゃで、それが即ち自分の人間性そのものを現しているようで、多分、そうなのかもしれにけれど、だから余計に、人に見られたくない、見せたくないんです。

片付けられないことよりも、見られたくない意識のほうが強いのかな?

これって、できないことは諦めていて、ダメな自分を隠そうとしているってことかな?

どっちにしても、性格、考え方、脳に問題ありなのかな?
って考え続けて、疲れて、もういっかあー、で現状のままなんです。

ああ、頭と心と部屋のゴミの断捨離ですね。
ひとりがいい、ひとりでないと生活できないのは、こういうところからもきているのかもしれないなあと、あらためて思いました。
あらゆるところに、自分のこころが反映されるのですね。恐るべし!
諦めずに、できるところからやってみます。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/08/11(月) 17:50 [編集]

私の母親がお片づけが大の苦手です。

笑い話ですが、随分前 実家に泥棒さんが入りました。
母親の部屋だけなんの被害もなし^o^
部屋が散らかっていても、いい事があるもんだと思いました。
泥棒さんはいかに早く金目の物をとるかがポイントのようで
母親の部屋は時間がかかると思ったのでしょう(笑)

昔、私が子供の頃に父親はピアノの椅子に服をかけていたり、
荷物を置いているだけで、眉間にシワを寄せて「またぁ〜、こんなとこに
置いとる〜」と機嫌が悪くなるので、私は几帳面になりました。
だからハチャメチャなキッチンや冷蔵庫でいつも母親と喧嘩になり
ました。母親がいない間にキレイにして、整理しても3日続けばいいほう。
すぐに母親ワールドが展開されます。
それもそのはず、母親の実家は足の踏み場がない状態でした(笑)

でもそういう人に限って、営業の成績がいいのは何故でしょうか?
母親もそうですが、以前の職場でオフィスの机上はいろんな書類が山積み。
でもその山積みの中から、ひょいっと必要な書類を出してくるのです。
そして頭の回転も早く、社交的で営業力もある。

母親は「仕事もして、家庭も完璧にしたら気がくるうわ」と開き直ってます。
片付けができなくてもいろんなタイプがありますね。
そしていつも眉間にシワを寄せてちょっと汚いと怒っていた父親も
何十年もの年を経て、母親に寄りになっています。

父親は怒りの対象を探していただけなのでしょうか…

のぶさわさんの脈略からずれたことをとりとめもなく書いてすみません。
miyayuki [URL] 2014/08/11(月) 18:20 [編集]

福山様
コメントを頂き有難うございました。
是非シフトして下さい(笑)
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/11(月) 23:19 [編集]

NAO様
いつもコメントを有難うございます。
お子さんができると、ちらかっても
仕方がないですよね。
宜しければ「散らかってもいい」と
自分に許可を与え、罪悪感を持たない
方向へ向かう事もいいかも知れませんね。
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/11(月) 23:20 [編集]

桜様
コメントを頂きまして有難うございました。

「内なる罪悪感」をどうやって解消されたのか?
とても興味があります。
宜しければ、その方法をまた教えて下さいね。
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/11(月) 23:21 [編集]

エンジェル様
いつもコメントを有難うございます。

そうですね。「できる事から少しずつ・・・」
「できなくても自分を罰せず、できたら自分を
褒めてあげる事」も役に立つかも知れませんね。
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/11(月) 23:21 [編集]

miyayuki様
コメントを頂きまして有難うございました。

皆、一長一短ですよね。
もしかしたら、短所を極端の無くそうと
すると、長所にもしわ寄せが来るのかも?

そうやって、人は短所と長所を併せ持って
バランスを取ってるのかも知れませんね。
(僕も取り留めもなく書いてしまいました(笑))
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/11(月) 23:22 [編集]

う~~~~ん。どれにも当てはまる自分が怖い(;一_一)
町田 マキヨ [URL] 2014/08/12(火) 06:21 [編集]

町田様
コメントを頂き、有難うございました。
「どれにも当てはまる」んですね!(笑)
まあ、たとえ片付けられなくても、その事で
自分を責めたり、誰かが凄く困ってるのので
なければ、O.K.だと思います。
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/12(火) 06:51 [編集]

おはようございます。
片付けられません! 棄てるもの迷います! 優柔不断です! 中々直りません……!
村上 正枝 [URL] 2014/08/12(火) 10:39 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。