お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/18
ちゃう、ちゃう……

最近僕は、「日本語の乱れ」に心を痛めている。

ある夜、最寄りの駅前でこんな事があった。
サングラスをかけた強面のチンピラ風のおじさんが自転車でこちらに向かって来た。
すると、チンピラおじさんの眼の前を若い女性が乗った別の自転車がふらふらと横切ろうとした。
その女性は手に持った携帯電話の操作に夢中で、危うくぶつかりそうになった。
「キ~~~」
その瞬間、チンピラおじさんが急ブレーキを踏んで、その女性にドスの効いた声で怒鳴った。
「携帯で電話すんな! ボケ!」

僕は、その言葉を聞いて一瞬、
「ん???」
となったが、すぐに頭が高速回転した。

「“携帯で、電話するな!”といったこのオヤジは、もしかしたら全携帯キャリアを敵に回す事も厭わない、何か大きな暗い野望を持っているのか?」
はたまた、
「こんな強面だけど、以外と携帯ばかりに夢中になって自分を構ってくれない奥さんか娘への八つ当たりか?」
或いは、
「その女性の携帯キャリアを一瞬でN社かA社だと見抜いたS社の回し者か?」
……。

暫くして気を取り直した僕は、
「言葉の乱れだ!」
と気が付いた。
「そうだ、きっとこのオヤジは“自転車に乗りながら携帯電話で電話するな!”と言いたかったんだ」
と。
この“何でもかんでも言葉を省略する”という、最近流行りの言葉の乱れを見逃してはならない。

いくら怒っていたとしても「自転車に乗りながら」という部分を省略してはいけないだろう!
「乗りながら電話するな!」
とか
「自転車で携帯するな!」
だったら、まだ許せる。

僕は、
「ちゃう、ちゃう……」
と頭を振りながら独りつぶやき続けた。


のぶさわ正明さんの公式サイトは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

正しい日本語を賢く使いたい。
のぶさわさん おはようございます。
朝から大笑いして楽しく拝読いたしました。
本当ですね。これはよくあることでしょうね。

このチンピラおじさんも、冷静に会話しているときだったら
ちゃんと正しい日本語を使われたのかもしれません。
でも、ただ頭に血が登ってへんな表現になったのではなく
本当に、自分の思いを、自分で理解していないのかもしれません。


のぶさわさんが書かれているように
目の前の女性に対して怒鳴っていながら、本当は
心のなかで腹を立てている別の人間に向かって怒鳴っているというようなことは
当然ありうることで…
というよりも、ふだんの生活の中では恐らく
そうでないことのほうが実は少ないのであって…

わたしたちはいつでも目の前の相手や状況に、
自分が抱いている誰かのイメージや、自分の思い込みを投影して
実際に目の前にいる人を見ながら、その人を見もしないで
実は、ほとんどの場合、自分の心に対してのみ反応しているのですね。

もう、本当に、飽き飽きするくらいに
自分の世界の中で、ぐるぐる回り続けてきたからよくわかります。


さて、以前近所にフィリピン人の女性がおられました。
お子さんがおられるのですが、日本語ができず引きこもっておられたので
自分の片言の英語でも、誰とも喋れないよりはましだと腹をくくって
親しくお話をさせて頂いていた時期がありました。
わたしの人生初の、英会話です。^^

そこでわたしは、日本語とはなんと曖昧なのかと、初めて気付きました。
主語も、責任の所在も曖昧なまま話すことが当たり前だったのです。
英語はとても理論的で、言語自体がごまかしを許さない構造になっています。
最初に主語が来るので、「わたしは、わたしは、わたしは」と
すべての言葉を、ごまかしのきかない断固たる自己責任の元に発さなければならない。
言葉そのものの難しさより、慣れない思考回路を叩き込まれるようで
最初の頃、とても疲れたことをよく覚えています。


日本語は含蓄の深いとても美しい言葉です。
行間に漂うものを表現したり読み取ったりできる素晴らしい感性も
日本独自のものでしょう。
でも、ひとつ間違うと無責任の温床になってしまう。
そうなってしまうともう、本来の日本語の美しさどころか
日本人独自の潔い美しさそのものが損なわれてしまうように感じます。

すっきりと自己責任で、さわやかに美しく生きていきたい。
それにふさわしい美しい日本語を、賢く使って生きていきたい。
せっかく日本に生まれたのだから。そう思いました。
素敵な気付きを、ありがとうございます。
桜 美穂 [URL] 2014/08/18(月) 08:25 [編集]

相手に誠意と愛をもってつたえる努力
のぶさわさん こんにちは

いつもありがとうございます

最近わたしは、わたしの「日本語の乱れ」に心を痛めている。

なぜなら、もうすぐ4歳になる息子の言葉使いが悪いので、わたしの言葉の使い方を改めなくては! と日々、自分を叱咤しているからです。

しかし、言葉を正しく使うことは簡単ではないということを思い知らされる毎日です。

感情的になると、咄嗟にヘンな日本語を口走ってしまうチンピラのおじさんのように、日頃の言葉の乱れが露骨に現れてしまいます(反省)。

失敗、反省、努力を繰り返しながら、よい言葉使いを身につけていきたいです。

相手にとってわかりやすいように、誠意と愛をもって、わたしの想いを正しくつたえられる人間に成長していきたいと思います。

そう考えてみると、言葉での表現力は、その人の人間力のあらわれであるのだと思いました。

拝読でき感謝しております。

ありがとうございます。
NAO [URL] 2014/08/18(月) 13:24 [編集]

桜様
コメントを頂きまして有難うございました。
大笑いして頂いた事は何よりです。

そうですね。日本では自己責任というより
共同責任、連帯責任という事が重視されていて
それが共同体感覚を生む一方で、甘えにつながる
構造なのかも知れませんね。
良い意味でも悪い意味でも・・・。
戦後、そこへ欧米の文化を持って来ちゃった、
というのが、そもそも矛盾なのかも知れません。
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/18(月) 15:49 [編集]

NAO様
いつもコメントを頂き有難うございます。

そうですね。
「相手にわかりやすく、誠意と愛を持って自分の想い
 が伝えられたら」、お子さんやご自分の言葉の乱れ
 には多少目を瞑ってあげかせんか?(笑)
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/18(月) 15:50 [編集]

高速回転するのぶさわさんの頭はすごい!と感動しつつ、吹き出してしまいました。

私が人の言うことがわからないことが多いのは、言葉の省略のせい?
何を言っているのかよくわからないと言われるのは、私が言葉の省略をしているせい?

それ以前の問題のような気がするなあ・・・・。

どっちにしろ、言葉の省略をしていることにも気づかず、また、省略されている言葉に気づかず、相手が何を言っているかもわからず、そのままながれていって、お互いに理解できず、すれ違っていることも多いのかなって思いました。
でもこれって、私のこと。

状況をしっかり見て、相手に本当に伝えたいことが伝わるいいかたができているのか、相手が本当に何を伝えようとしているかを、しっかり考えて、相手の話を聞かなくてはいけないなあと、大いに反省いたしました。気を付けます。意識します。

それにしても、のぶさわさんの高速回転の頭はすごい!!おもしろかったです。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/08/18(月) 21:19 [編集]

エンジェル様
いつもコメントを頂き、有難うございます。

お褒め頂いて有難うございます。(僕は妄想力に
秀でてますので、頭の高速回転も得意です(笑))

言葉の省略もそうですけれど、そもそも相手が
どういう意味でその言葉を使ってるのかは、
聞いてみないとわからないと思います。

例えば「職場の人間関係で悩んでいます」
⇒「人間関係、と仰いますと?」
「私は母親から愛されてないと感じました」
⇒「どういう場面でそんなふうに感じたのですか?」
等と、相手の言葉の意味と自分の理解をすり合わせる
事が職業柄身についてしまいました(笑)
のぶさわ 正明 [URL] 2014/08/19(火) 07:37 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。