お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/27
批判していると批判される

春 親の会の雑務が結構あって せっかちなので すませてしまおうと ばたばたして 終わったと思ったら 長男が崩れ 全く時間ない状況になっていまして ブログは 流し読み状態 コメントまで 読む余裕なし でした。

長男は落ち着いたのですが 夏休みなので 学校始まるまで コメントかけるかなぁという……
時間は 自分で作るもの! とりあえず 課題は 書こうと思い 今 書き始めました。

Bさんの文章を読んで
私は まだ Bさんが Kさんへの怒りが デトックスできない 苦しいのだろうな 頑張ってくださればと思いました。

しかし この怒りが あったからこそ 起業し 業績をあげてこられたのかもしれない。
怒りを 熱意 意欲に変えて 自分の成長に つなげておられるように 思え それは 大自然のリズムにのっている感じがします。

だとしたら Kさんへの 怒りは 必要なもので また それに気づかれたとき 結局は 愛だったと 気づかれると思う。
私の勝手な憶測なので Bさんのことを 詳しく知らないので 見当違いかもしれません。

自分が Kさんへの怒りをもっていること 隠さず、その 自己否定もしていない。
それは 自分を愛しているから できることとも 言えます。

Aさんは いつも 自分を批判している。
自分自身に あかんやん って いつも 批判ばかりの目で 見て 自分に批判の声をかけているのではないだろうか。
だから 批判したくなる人が 目の前にあらわれるのでは ないか と 思います。
私が そうだったからです。今もか……。

自分を 人を 批判していると 自分も批判されるという 前提で 行動したり 怖くなったりするのではないかな。やる気がなくなってしまうのではないかな。

どんな自分も 愛すること どんなことをしても 受け入れ 愛し 調和していく。

受け入れるまで 受け入れなさいよ~と いろんなことが起こり 促してくれるのではないかと思います。私も なかなか できていません。

自分を愛する、外側の事象にとらわれず 内側を整えていく。自分の本当の声を聞く 聞けるようになるだろうか。最近 焦っています なかなか できないから……。

見当違いだったら ごめんなさい

桑名さんが Facebookで紹介されていた本が とてもよかったです。お勧めです。
喜びから人生を生きる


ゆらりさんのブログは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

いろんなことが起こり 促してくれる
ゆらりさん おはようございます

いつもありがとうございます

「自分が Kさんへの怒りをもっていること 隠さず、その 自己否定もしていない。
それは 自分を愛しているから できることとも 言えます」
と仰る言葉に本当だなと思いました。

自分の感じていること、自分のした言動を、自分で批判したり、自己卑下してしまうことが、目の前の現実をややこしくしてしまうのかなぁと思いました。

その時々に、感じること、行動することは、すべてが大自然のリズムの一部なのかもしれない。だから、自分の感情・想い・行動は、そのときの自分にしかできないし、それを自分が自分の個性なのだと認めてあげればいいのかもしれない。自分で自分を裁くことは、大自然のリズムに逆らうことなのかもしれない。
すべての局面でそういうことが言えるわけではなくて、自分で反省したり、葛藤することも、大自然のリズムと言えるのだろうけれど…。
などと、思っていて、結局のところ、自己否定ではなく自己肯定の想いをもって生きていくことが大切なのだろうと思いました。

大自然のリズムと調和しているわたしになるまで「いろんなことが起こり 促してくれる」ってことですよね。調子が崩れてしまったときも、「いろんなことが起こり 促してくれる」……
目の前のことにとらわれないで、ゆったりと肩の力を抜いて生きたいな~と思いました。

たのしい夏休みを満喫なさっているご様子をうれしく拝見していました。たいせつな家族と過ごすことのできる時間は、かけがえのないしあわせを感じさせてくれますね。

ゆらりさん、ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/08/27(水) 07:20 [編集]

影を見て光を知る。
ゆらりさん 夏休みですね。
ただ、夏休みだというだけで、お母さんは仕事が増えるものです。
ゆらりさんも、ご家庭でご奮闘だったのでしょうね。

自分が忙殺されている時には、気持ちに余裕がなく
不平不満の中に埋もれてしまうこともあります。

しかし、ゆらりさんの「時間ない状況」の説明を拝見していると
それもまた素晴らしい充実の姿なのだ、必要とされて素晴らしいことだと
むしろ、お祝いの言葉を述べたくなりました。

そのくらいのこと、頑張れ!と言っているのではなく
ゆらりさんが、その大変さを乗り越えて
揺らぐことのないしあわせを見出していかれることを微塵も疑わないから
心からご信頼申し上げて、そのようにお祝いしたくなったのです。

他人のことは見えても、自分の事は、本当にわからないものです。
自分が本当は、どれほどしあわせであったのかに、改めて
(いや、もしかしたら初めて?)気付かされました。
ゆらりさんを信じられたように、これからは
自分自身も、もっと愛して、信じて、喜んであげようと思わされました。

自分を 人を 批判していると 自分も批判されるという 前提で 行動したり 怖くなったりするのではないかな。
と、書かれていました。
本当に、そのとおりですね。
そして、自分が批判されることを恐れるからこそ、他人を批判してしまうのであり
自分が批判されることを恐れるのは、自分を批判しているからなのでしょう。
だからこそ、書かれているように
「どんな自分も 愛すること どんなことをしても 受け入れ 愛し 調和していく」ことが大事なのですね。

ゆらりさんが、「できない」ことに対して最近焦りを感じておられるのは
なぜなのでしょうね。
もしかしたら、ゆらりさんの内側に絶え間なく湧き上がっているお命が
ますますその力を増して、抑えきれなくなっておられるからかもしれません。
だとしたら、それはとてもおつらいことでしょうが
同時に、とても楽しみなことですね。
もっともつらいことの背中合わせに、最も大きな喜びがある。
探さなくても、求めなくても、もう、そこに、ある。
ただ、見えないだけ。

影ができることで、よりよく光の存在がわかります。
わたしたちが苦しみや不足を感じるのも同じことではないでしょうか。
そうした影があるからこそ、それらを影と気付かせる
完璧な光があるとわかるのではないでしょうか。^^


ご紹介くださった本、これはちょうど昨夜Amazonで注文した本でした。
先日書店で立ち読みして、欲しくなったのです。
桑名さんがお勧めされていたのですか。
そして、ゆらりさんも読まれたのですね。

なんだか、繋がりを感じて嬉しくなりました。
わたしも、読むのが楽しみです。ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2014/08/27(水) 14:24 [編集]

いつも、ありがとうございます。

ゆらりさんの御文章を拝読していつも感じることは、おおらかで揺るぎない、それこそ、大自然のリズムのなかにいらっしゃるような感じがします。さざなみは、学びや気づくために起きてくるのだろうと思います。

<批判していると批判される>

確かに、自分がしたことはブーメランのように自分に返ってくるといわれているし、自分が自分をどう思っているか、自分が思っているように他人は自分を扱う、とも聞いたことがあります。

どういう状況なのか、やはり、本人の冷暖自知になるのでしょうね。
どちらであっても、それをよい原因としてよい結果につなげていこうとこころを向けていくことが大切なんでしょうね。

<どんな自分も 愛すること どんなことをしても 受け入れ 愛し 調和していく。>

本当にこのことが大切なのだと感じます。訓練なんだと思っています。練習、練習!いつも自分の言動を振り返り、「わお!あほやー!チョー、ハズカシー!」と叫んでおりますが、「まあ、しゃーないやん。次、気をつけたらいいやん。わかってよかったやん!」と自分に言い聞かせています。

ちょっと、自分に対して、優しくしてあげています。といいつつ、思い出すと、わお!ってまたまた、叫ぶのですが。でも、効果はやっぱり、でてきている、のかなあ~?と感じています。

それぞれの状況は、よい、悪いではなく、必然だと思っていますが、私は一人暮らし。ゆらりさんは大家族。お子さんにも手がかかる。考えることも、行動することも、相当な量だと思います。

3人のお子さんは、ゆらりさんを信頼して選んでこられて、ゆらりさんもきっと、私なら大丈夫だよ。いらっしゃい。って約束されてこられたんだと思います。そうして、大きな学びをされておられる。

すごいなあと思います。だから、おおらかさやあたたかさを感じるのかなあ。だから、おおくのかたのおこころに、ゆらりさんのお言葉が響くのだなあと感じています。

<自分を愛する、外側の事象にとらわれず 内側を整えていく。自分 の本当の声を聞く >

なかなか私もできないけど、だから学んでいるんですよね。学び続けて、そのことを繰り返して、螺旋階段をあがっていくのですよね。
今まさに、あがっているんですよね。きっと。そう思います。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/08/27(水) 17:11 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。