お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/27
冷暖自知
miyayuki(養成講座7期生)

わたさとさんがコメントを3月から1ヶ月間書き続けて感じた『コメントを書けない記事にコメントを書くことこそ学びになるのかだなぁ』というのを拝読して、以前、澤谷先生が「書くときに書かないと、その時空間は生きません」とおっしゃっられたことを思い出し、シェアしたいと思いました。

わたさとさんが仰るように書けないからこそ、何度も読み返して結果的に書かなくても書こうとすることが必要なのかな……と感じました。
そして感じ方も表現も人それぞれで十人十色だから、記事に対して違う意見もあってもいいわけですよね。
でもそこには愛と智慧が必要だと先生は仰ったように理解しました。

澤谷先生はコメントがないことがさびしいとは感じない、表現できるのにしないことがさみしいと感じると仰ったことがみなさんの文章を拝読して理解できました。

昔、そんな歌がありましたよね?
「そこにあなたがいないのがさびしいのじゃなくて そこにあなたがいないと思うことがさびしい」
って歌詞でした。

コメントを書けないと思うのはやはり記事を書いた人の気持ちに寄り添えなかったり、記事の内容がわからないから書けないのだから、わたさとさんの仰るように記事を何度も読み返し、文章を書いた人の気持ちに寄り添おうとすることが何よりも自分の為であるんだと感じました。

ミラーイメージの法則のわたさとさんの文章を拝読して、生まれ変わったと感じているわたさとさんはチャットの文章を読んで、すぐにやわらかい心で自分の身体に溶かし込んで、学んでいらっしゃるのですね。
やはり冷暖自知しかないですね。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

時空間に対して、正面切って生きる
miyayukiさん おはようございます

いつもありがとうございます

「書くときに書かないと、その時空間は生きません」
と仰るのは、本当ですね。
書くときに書かないと、やるときにやらないと、愛するときに愛を表現しないと、悲しかったら悲しいときに悲しまないと、その時空間に対して、正面切って生きていないということなのだろうなぁと思います。

「コメントがないことがさびしいとは感じない、表現できるのにしないことがさみしいと感じる」
と表現された先生の言葉を拝読して、「情趣あふれる」って感じました。
こんなふうに感じたことを素直にありのままに表現する、できるってすばらしいなぁと思いました。

そう思うと、今此処で感じたことをシェアし合える、心を通わせられる仲間の存在って、ほんとうにかけがえないなぁと思います。日々心を耕し練りながら、仲間たちと絆をむすび合っていこうとできるって、ほんと有り難いなぁと思います。miyayukiさんとのご縁に感謝してます。ありがとうございます。

わたしの人生の時空間に対して、正面切って生きていきます。
これからも、どうぞよろしくお願いします☆

ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/08/27(水) 07:53 [編集]

コメント付けは素晴らしい学びの場
miyayukiさん こんにちは。
本当に仰るとおりですね。
そして、miyayukiさんがわたさとさんのやわらかさを感じ取っておられるご様子を
とても美しいなと感じました。
批判は畢竟己を語ると、澤谷先生はよくおっしゃいますが
miyayukiさんの中に、そのやわらかさがおありであるからこそ
わたさとさんの素晴らしさに、miyayukiさんは気付かれたのですね。

仰るとおり十人十色で、みな考え方は違う。
養成講座を離れても、こうしてコメントを書かせて頂いているのは
自分が一方的にブログなどで書き続けることがつまらないからです。
他の方の違うご意見、お考え、感じ方に触れたい。

とても毎日はコメントできませんし、毎日訪問して読むこともできません。
でも、読むことが出来た日は、コメント出来ると思えようが思えまいが
コメントを書くようにしています。
どんなお相手のどんなご主張に対しても
愛と知恵をもって自分にできる最善の対し方を見つける学びをしたい。
相手の方にも誠実を尽くしたいし、自分も誤魔化したくない。
では、どのように書いたら良いのかと工夫することが、今は本当に楽しいのです。

養成講座生のみなさんの懐をお借りして学ばせて頂けることを
とても有り難く嬉しく感じます。
これからも、よろしくお願い致します。

miyayukiさんの、素晴らしい学びに心からお祝いを申し上げます。
ますますのご活躍をお祈りしつつ。
桜 美穂 [URL] 2014/08/27(水) 13:26 [編集]

いつも、ありがとうございます。

ありました!ありました!そんな歌!懐かしい(笑)
多くのことを深く学んでおられるmiyayuiさんの引き出しからは、いろんなものが出てきますね!凄いです!

まわりのかたをよく見ていて、すぐに変化を察知されるのも、miyayukiさんのおこころがやわらかいからだと感じます。

私は、正解はなに?って、自分で考える前にすぐに答えを求めてしまうので、この「冷暖自知」が苦手なのです。そこに、愛と知恵が必要となると、全くのお手上げ状態で、放棄したくなるのです。

でもこれも、コメントを書こうとすることと一緒なんですね。まずは自分で考えてみよう、感じてみようとすることが大切なんですね。そのうちに、冷暖自知とはなんたるものか?自分はどう感じるのか?がわかってくるのでしょうね。すべて自分のためなんですよね。

トライ、try、TRY、トライですね。頑張ってみます。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/08/27(水) 19:04 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。