お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/01
シンクロニシティの伝説(前編)
澤谷 鑛

 ずっと前の話です。散歩をしていると自転車に乗った近所のおばさんが、
「ラジオ、聞きましたよ。澤谷さん」
 と声をかけられました。
一瞬、誰だろう? と、どぎまぎしました。が、思い出しました。ボランティアスタッフとの打ち合わせで行った居酒屋風の「でんでん」という天板焼のお店の奥さんでした。

 ある会社の経理部長をやっている学生時代からの友人から電話がかかってきました。
「相変わらず早口で、歯切れの良さと饒舌は健在だね」
 と笑いました。
「初めて聞いた時は、感じなかったのだが、録音してあるので何回か聞いているうちに、間違いに気づいたよ」
「間違い?」
「ああ、高崎山の猿の話だけど……」
「塩水とサツマイモの話ね。アイル・ワトソンという学者が発表した話なのだけど、ずっと以前にNHKのTVでも取りあげたことがあったよ」
「そう。高崎山は、群馬県ではなくて大分県だよ。家内は出身地だから、録音する段階で気づいたそうだけど……」
「ええっ! 何を勘違いしたのかな? 事実誤認だね」
 とは、電話で言ったが、おそらく私の心の奥底(潜在意識)に何かがあったのでしょう。その何かとは何か???

 大阪に住むヤマト タケ司さんからメールをいただいた。
『……澤谷先生のお話を聞かせて頂きました。どのように話されるのか、凄く聞きたかったのです。ありがとうございます。
その中で1点、疑問があります。高崎山のサルの話です。101匹目の猿の話ではないでしょうか? もしそうであるのなら、確認したくてできていないことがあるのです。
WEBサイトで101匹目の猿で検索をかけたところ、あの話は、外人の研究者のでっちあげであったとの記事があったのです。事実関係を確かめたいと思っていたのですが、詳細に書く時間がありません。後はあらためて……』

「101匹目の猿」ではなく「100匹目の猿」が正しいタイトルです。
 宮崎県の幸島に棲息する猿を研究する学者がおり、その猿の一頭が塩水で洗って芋を食べるのを見ていた他の猿が、二匹、三匹……十匹とどんどん増えていき、100匹を超えると大分県の高崎山の猿や隣の島で猿がおなじことをする、というものです。
 これは、数学上の量子力学の考えや脳科学上のカオス理論をはじめ、哺乳類の生物学上の共鳴理論からいっても裏づけがある、といわれるものです。あくまでも考えや理論にです。
 しかし、アイル・ワトソン博士が『生命の潮流』に1979年に書いたこの猿の話は、事実ではなく間違った逸話としてシンクロニシティの代表的な伝説となっています。
 もともと京都大学の河合雅雄博士が研究していたもので、1965年に書かれた河合博士の論文をもとに、アイル・ワトソン博士が書いたものです。アイル・ワトソン博士自身が、このことは事実ではなく、まったくの創作であることを認めています。河合雅雄博士自身もアイル・ワトソン博士の書いた事実はない、と断言しています。
 また、『生命の潮流』には、グリセリンの結晶化に纏わる話も出ており、これも間違った逸話としてシンクロニシティの代表的な伝説になっています。

 シンクロニシティは、スイスの心理学者カール・グスタフ・ユング(1875年~1961年)が提唱したドイツ語の英訳ですが、日本語訳では共時性といわれ、“意味のある偶然の一致”のことです。
 ユングは、全てではないにせよ、いくつかの偶然の一致は単なる偶然ではなく、文字通りの「同時発生」か、あるいは普遍的な事象を作り出す力の連続性によるものであると信じました。これらの力により、直観的な意識と行動が調和する過程を、ユングは「個体化」と名付けました。集合的無意識による、個体化された人間の意識のコミュニケーションを通じて、現実の出来事が形成されるというのが、ユングの主張です。

「非因果的関連の原理」と呼ばれ、因果関係の外部、或いは、因果関係に付随して働く連絡の形式といわれるものです。この理論は、科学的方法による検証が不可能であるといわれ、科学よりも疑似科学として扱われています。
 しかし、良く考えてみて下さい。「この理論」ということは、「理論」はあるのです。「理論」はあるのですが、科学的方法による検証が不可能であるのです。だから、シンクロニシティは科学的には“ただの偶然”であるわけです。では“意味のある偶然の一致”は、科学的ではない何の「理論」が働いているのでしょうか。科学的な検証が不可能なだけなのです。理由は一時、流行になった「波動」によるものだとか、様々な説が唱えられていますが、明確な答えは見つからず、現代でも研究が進んでいるのだそうです。科学的には原因不明・謎とされています。科学的に証明できないから「ない」のではなく、確かに「ある」のですが科学的に証明できないだけなのです。だだそれだけにまやかしも蔓延しやすいのでしょう。

≪『シンクロニシティの伝説(後編)』へ続きます≫

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

人間の心
先生、おはようございます。

次々と先生のラジオを聴かれた方々が登場し、なんだかハラハラする展開で、ドキドキしながらおもしろく拝読しました。

【科学的に証明できないから「ない」のではなく、確かに「ある」のですが科学的に証明できないだけなのです】
この辺りのご文章を拝読していて、色即是空・空即是色を思いました。

シンクロニシティは、「あるけれど、ない。ないけれど、ある」という「空」のなかで起きて、現象としてあらわれてくるものなのかしら? という気がしたのです。

ゼロは、単に何もないゼロではない、とか、1足す1は2とは言えない世界があるとか、科学的には証明できないこととか、目には見えないものの影響をうけて生きているのだなぁと思うと、不思議ですが、とてもたのしいです。

【シンクロニシティは科学的には“ただの偶然”である】
というように、数学的には“ただの答え”であったり、この“ただの”という奥の世界こそが、ほんものの世界なのかしら? という気がしてきました。

シンクロニシティをみずからの現実に起こすには、みずからの心次第なのでしょう。それに、【それだけにまやかしも蔓延しやすいのでしょう】と仰るように、科学的に証明されない理論を扱うときには、人間の「誠実な心」のような、やはり科学的には証明することの難しい世界の存在がクローズアップしてくるというところが、なんとも人間のおもしろさを感じてしまいました。

目に見えない世界って、人間って、本当におもしろい!! 続きがたのしみです!!

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 07:34 [編集]

人生を考えるときに
NAOさん。

「証明できない」のは、思考の世界のことであって、思惟(しゆい)の世界では、確かに「ある」のですね。

この時空間を通した人生を考えるときに、大切なことを考えさせてくれるように思います。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 08:31 [編集]

おんせん県おおいたの高崎山のサルがお話に登場して、嬉しいです(o^^o)
甲元 真梨 [URL] 2014/09/01(月) 08:52 [編集]

事前の説明に恐怖
甲元 真梨さん。

一度だけ、子どもの頃(小学生)ですが、高崎山に行ったことがあります。

自然に放されているサルに怖さを感じたのを覚えています。
「目を合わしてはいけない」
「睨んだりすると襲いかかってくる」
という事前の説明に恐怖を感じたのだと思いますが。勿論、なにごともなかったのですが。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 08:56 [編集]

人生に大切なこと
先生、お返事いただきまして、ありがとうございます。

思惟の世界で「あっ、そうか…」とかんじたことは、思考で「証明できない」ことであっても、確かに「ある」ということになるのですね。でも、思考での思い込みで「ある」と判断してしまうことも、よくあるのだろうなと思いました。

思惟の世界でほんとうの自分に出会うことができるから、心のデトックスや絆のむずび直しや家系のデトックスをすることもできるのですね。
人間の思惟の世界って、すごいんだなァ…。人間の思惟の世界には無限の可能性があるんだなァ…と思いました。

【この時空間を通した人生を考えるときに、大切なこと】を考えていきたいと思います。ありがとうございます。

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 09:03 [編集]

何を表現するか? でなく、如何に表現するか?
NAOさん。

思惟の世界で「ある」ものに出会うのは、ほんものとであうことになりますが、思考の世界で「ある」というのは、理論上の答えと出会っているのであって、ほんものの世界ではありません。
例えば、1+1=2というのは、あくまで抽象概念であり、何かを「1」と抽象化しているのであり、具体的現実てきには、「りんご」と「みかん」をそれぞれ抽象化して「1」として計算しているだけで、「2」ではなく、「りんご」と「みかん」は、「りんご」と「みかん」であり、その「りんご」と「みかん」に無限のバリエーションがあり、例えば「齧ったりんご」と「まだ熟れていない青いみかん」であったりするわけでする。
ここに、何を表現するか? でなく、如何に表現するか? ということが現われるのですね。
勿論、思考の世界を否定しているのではありませんよ。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 09:19 [編集]

無限のバリエーションを如何に表現していくのか?
先生、再びお返事いただきまして、ありがとうございます。

人の心やものごとのなかにある「無限のバリエーションを如何に表現していくのか?」を考えて努力していこう、と思ったとき、主体性をもって表現していくことが大事なのだろうなァと思いました。他の存在とわたしのバリエーションのなかに在る個性を認めて、主体性をもって表現したなら、わたし個人のバリエーションを表現していることになるのかなァという気がしました。

それから、自分では意識していないところで、シンクロニシティなどが起こっていたり、色々なものごとがつながっていて、人生が展開しているのかなァと、このところよく思います。シンクロニシティなどの縁に、もっと敏感に気づいて感謝していけたら、人やものごととの縁を大切にできて、絆をむすんでいけるようになるのかなァという気がしています。
人間の一生は、縁の絆にささえられているものなんだなァ、わたしも周りの人とささえあっている存在なのだなァ、と感じたりしています。

お読みいただきまして、ありがとうございます。

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 10:14 [編集]

シンクロニシティの意味
澤谷先生
いつもお世話になっております。
シンクロニシティには以前から興味を持っておりました。
「意味のある偶然の一致」という解釈だそうですが、昨日TVを見て思いました。
日本テレビの恒例の24時間放送のテーマで「大きなキセキ、小さなキセキ」をいろいろな奇跡を紹介する中に、徳島県で起きた「偶然の一致」は大変面白いものでした。それは有名な阿波踊りの写真を2人のアマチュアカメラマンがそれぞれ県の最優秀賞、市の最優秀賞を取りました。ところが、この2枚の写真は撮った女性(徳島美人)も同じ。構図も同じ。撮った角度も一緒で、まるで同じ写真なのです。
2人のカメラマンはそれぞれ6~7000枚撮った写真の中からこの1枚を選んで投稿したのです。県、市に集められた枚数なども合わせて計算すると、2億5000万分の1という確率になるそうです。
まさに偶然の一致と言ってましたが、これは確率は全く関係が無く、シンクロニシティとして捉えて、2人の波動があったということでしょうか?というのも2人ともこの写真を選んだ理由が女性の目の美しさと上に伸ばした指の美しさで選んだと語っていたからです。

マサ [URL] 2014/09/01(月) 11:21 [編集]

シンクロが起きると、その方向に進め! と言われている気がしますね。
身体も鳥肌が立ってきます。
福山 裕実子 [URL] 2014/09/01(月) 11:22 [編集]

偶然の一致の意味
マサさん。

正鵠を得ています。

私もその番組は少しだけ観ましたが、その場面は出会いませんでした。

確立で「偶然の一致」もあるでしょうが、それだけだと何かが抜けているようにも感じられますよね。「意味のある偶然の一致」の意味を知りたくなりますよね。

シンクロニシティの「偶然の一致」は意味があるのでしょう。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 11:33 [編集]

福山 裕実子さん。

シンクロニシティの体験をお持ちなのですね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 11:35 [編集]

幸運な気づき
先生、こんにちは。

度々コメント失礼いたします。

これまでの人生の中での出会いは、すべてが偶然ではなく必然だったのだと感じていました。
その時々の出会いは、そのときのわたしの心や生き方が引き寄せたシンクロニシティだったんだな!! と気づきました。

夫と出会い、先生と出会い、養成講座生のみなさんと出会い、更にその周囲の方々へと出会いの輪がひろがっていって、とても幸運なチャンスに恵まれていると感じています。
このような、すばらしいシンクロニシティの連鎖が起きているということは、わたしの心や生き方も少しずつでも向上しているからなんだな……と思って、自信をもって、がんばっていこうと思います。

ありがとうございます。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 13:59 [編集]

業と波長・波動
NAOさん。

もうひとつコメントが来ていたのですね。

すべての結果は引き寄せられている、という視座・視点から考えると、引き寄せるのは、自分自身の心なのですが、いわゆる、仏教でいう業は、みずからが積んだものであり、それは、親の因果が子に報いることがないように、みずからの展開にのみ関係します。

それとは別に、子どもが親を選んで生まれてきたり、夫婦や家族や友達になったりするのは、そのベースには業も関係あるのですが、波動や波長が共鳴することで起こります。美人薄命というのもそうですね。

その意味で、心のデトックスと家系のデトックスの違いが、よくわかりますね。

澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 14:04 [編集]

心のデトックスと家系のデトックス
NAOさん。

もうひとつコメントが来ました。

心のデトックスと家系のデトックスの違いを考えてみるといいですね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 14:08 [編集]

家系のデトックス
先生、コメントのお返事をいただきまして、ありがとうございます。

家系のデトックスについて、もっと知っていかなければならないなと感じています。深く考えてみる機会をいただきまして、ありがとうございます。

母が自己免疫疾患の他に、目眩などの症状が出たりして、原因は強いストレスの状況を続けているせいだと思います。高齢の医師の医院の医療事務に就いているのですが、24年の間に日曜と祝日と盆しか休んだことがなく、自分が辞めたら医院の業務が滞ってしまうので辞めることはできない、と言います。母の心の中には、医師に怒られることが怖い、という強い恐怖心があって、その状況に自ら縛り付けているように思います。

母の母は、母の弟の嫁に苛められるという強いストレスの中で、高血圧、脳梗塞、痴呆になり亡くなりました。母方の血縁には脳梗塞を発症した人が、わかっているだけでも、母の弟を含めて数名います。

母は、18歳で実家を出て以来、親孝行をできなかったことを悔やんだり、罪悪感をもったりしているのだろうか。だから、自分がしあわせになることを赦すことができない、贖罪意欲があって辛い状況に身を置き続けようとするのだろうか。(これらは、わたしが母に感じてきたのと同じ想いなのです。これまでは追体験なのかな? と思っていました)。
それとも、怖い相手から辛い目にあっている自分を憐れむ必要があって、そういう状況をえらんでいるのだろうか。

母が祖母のところに生まれてきたことも、同じ波動や波長が共鳴し、祖母を選んで生まれてきたのだから、(たまたま? 偶然に? 必然に? これもシンクロニシティ?)祖母と同じような体験をすることで自分の業をデトックスしている…ということにもなるのでしょうか?

同じ波動や波長が共鳴し、親を選んで生まれてきたり、夫婦や家族になる。そして、それぞれの人が自分の悪業をデトックスしながら生きているということなのでしょうか?

ありがとうございます。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 16:48 [編集]

NAOさん。

業の展開と波動の共鳴。

心のデトックスと家系のデトックス。

そこらをじっくり考えてみたいですね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/01(月) 17:23 [編集]

じっくり考えます
先生、ありがとうございます。
はい。じっくり考えていきます。

まずは、わたしの心の中にある母への想いと向き合って、デトックスしていこうと思います。

母にとっても、かけがえのない存在である息子に愛情をそそいでいこうと思います。

夫と協力して頑張って、安心させてあげようと思います。

母の生命力を信頼し、母への親愛と感謝の念を常に持ち続けていようと思います。

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/09/01(月) 18:16 [編集]

「シンクロニシティ」

かなり昔ですが、XXさんに会いたいなあと思っていたら、偶然にその人に会い、「今度、@@さんが亡くなって、お参りにいくんだけど、一緒に行く?」と誘われ、@@さんが亡くなったことも知らなくてびっくりしましたが、独身時代にお世話になった方だったので、一緒にお参りさせていただくことになりました。この時は、本当に、不思議だなあとおもった印象があります。

それ以来、不思議だなあと思ったことは特にないのですが、でもきっと、いっぱいにあふれていて、気づかないだけなんだろうなって思ったりもします。

すべてのことは、導かれているような気もするので、これが「シンクロニシティ」なのかなあとも思ったりもしていますが、どうなんでしょうか?

集合意識で、多くの人の想念が大きくなれば、あることがどこかで現実化すると、それをきっかけに、同じようなことが次々、実現していくときいたことがあります。だから、誰かが自分とおなじ思いが実現すると、自分のことのように喜んで、次は自分の番と思って喜んでおくといいというようなことも聞いたとがありますが、どうなんでしょうか?波長、波動、または想念の法則?でいうと、ありうることなのかもしれないなあと思ったりもします。

なんかよくわからないけれど、よいこころで、よいことを考えることが大切なのかなあと思いました。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/09/01(月) 19:16 [編集]

原因・結果の結果が原因になる
エンジェルさん。

シンクロニシティは、双方からの鏡の法則を考えなくてはならないので、複雑になりますが、双方とも時空間ということでは、共有しており、将に、共時性という言葉で表現されているわけですね。

業にしろ、波動にしろ、原因・結果の法則は無視することはできませんから、絡まり抜いた結果、結論的な結果がでるのでしょう。その結果を原因として、その後の時空間を展開することもみえてきますね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/02(火) 14:32 [編集]

NAOさん。

家族の原点回帰でしょうか?
澤谷 鑛 [URL] 2014/09/04(木) 10:05 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。