お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/01
ありのままの自分

『アナと雪の女王』のお陰でよく聞くフレーズになった。

そのままの自分でいい。
ありのままの自分でいい。

この言葉ほど伝える側、受け取る側にギャップを生む言葉はない。
そもそも伝える側もちゃんと理解できているか甚だ疑問でもある。

で、これはとてもとても深い愛が必要とされる言葉だなと感じる。

人智を超えた愛。
理解を超えた愛。

分かりやすく言うと、犯罪者をも、人殺しをも、ゆるし、存在を認める愛。

どんな人も生かしてもらってるから存在できている。
必要としてくれているから生きることができている。
自然から、地球から、宇宙から。

ということは、その存在そのものがゆるし、愛されているということ。

存在に対しての全肯定

それが、

 そのままの自分でいい
 ありのままの自分でいい

という言葉。

でも、「それならなんでもいいのか?」という疑問が残る。

そこで、思うのは昔プロデュースさせてもらった澤谷 鑛先生から教えてもらった「仏向上」という言葉の奥深さ。

完璧な存在が、さらなる完璧な存在になろうと成長すること

それが仏の本質であり、本来は仏である人間の本質。

となると、

そのままの自分でいい
 ありのままの自分でいい

というのはゴールではなく、スタートである。

今の自分は完璧。

つまり、

そのままの自分でいい
 ありのままの自分でいい

と受け取るのがスタート。

そして、その自分が次の完璧な自分に成長する。

その連続が本来は仏である人間の生き方なのだろう。

ちなみに、人間というのは常に逆を意識することが大事だと感じる。

「そのままの自分でいい」と今の自分を全肯定しているときは、次の成長に向かえというとき。

成長しなきゃ成長しなきゃと必死になっているときは、「今の自分を認めよう」というとき。

常に逆を意識してみると、今の自分へのヒントがある気がする。

徒然なるままの「ありのままの自分」についての考察でした^_^


桑名 正典さんの公式サイトは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

永遠を感じさせるほどに、みずみずしく在り続ける心
桑名さん おはようございます

いつもありがとうございます

【自然から、地球から、宇宙から】そして、目の前の人から、周りの人から、【存在を認める愛】を素直に受け取ることができている。
そして、素直に全存在に感謝している。

そういう状態のときは、心が開かれた自由な状態なのだと思います。

心が縛られていない自由な状態のなかでは、【完璧な存在が、さらなる完璧な存在になろうと成長する】ということを押さえ込むことなく、とても自然に、のびのびと、楽しく、いきいきと進んでいくような気がします。

【「そのままの自分でいい」と今の自分を全肯定しているとき】の自由ななかで、無限に向上していきたいです。そういう、仏性から湧き出ている、永遠を感じさせるほどに、みずみずしく在り続ける心をたいせつにしながら、日々を生きていきます。

そして、周りの人の純真な心をみることのできる人間でありたいです。

ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/09/01(月) 07:53 [編集]

100%の自分自身を生きる
私はこの言葉で、2002年11月救われました。
自分が変わらなきゃいけないとずっと、自分を責めていました。
その時の自分に問題(悪い点)があるから、変わらないといけない!と。

その2002年11月に、
変わらなくていい、成長なんかしなくていい! という言葉を含む講演テープ120分テープ6本を1週間、ずっと聴き続けたら、それが腑に落ちて、現象的には、仕事で結果が出ました。

今、思うに自尊心が、自分を愛する心が欠如していたのに
気づかされたのですね。
自己卑下が甚だしい人には、
この「ありのままでいい」が必要であり、
自尊心や自己愛がちゃんとある人には、謙虚さ(自分を律する心)が必要なのだと思います。要はバランスですね。

私のその体験も、まだ入り口であり、それから10年かけて
ありのままの自分を認め、ネガティブな自分の感情や思考に気付き、徹底的に愛し受け入れて、統合させていくことをやってきました。

最後、あのアナ雪のテーマ曲を2か月くらい聴いて、うっと涙が出ていましたが、感情の解放が完了したのか、涙もでなくなりました。
そして、これからが本当に100%の自分自身を生きる、というところに立ちました。

長くなりましたが、私の体験でございました。
読んでくださりありがとうございます(*^^*)
福山 裕実子 [URL] 2014/09/01(月) 13:35 [編集]

私は劣等感が強くて、自分は「特別にできの悪い人間だ」と自分を特別扱いしてきました。

それって、めっちゃ、傲慢!ってことに気づきました。自分の怠慢や無責任や努力しない言い訳に使っていたんだとようやく気づきました。

私の場合、「ありのまま自分」って、自分も人もみんな同じなんだとわかることなのかもしれないなあと思いました。

自分だけが不安なんじゃなく、自分だけが怖いと思っているんじゃなく、みんなだって、不安だし、怖いけど、それでも頑張っている、みんな同じなんだということに気づいて初めて、ありのままの自分でいいと思うことなのかなと感じました。

そう思うと、自分のことも、周りの人もみんな、愛おしい存在と感じることができるような気がします。こんな自分も、みんなと同じ赦される存在なんだと思えてきます。そしてそれが、今の完璧な姿なのだと。違うのかもしれないけれど、今はそう理解しました。

そして、そこからがスタート。

ようやく、スタートに立てたような気がします。すこし、肩の力が抜けたような気がします。

<そして、その自分が次の完璧な自分に成長する。
 その連続が本来は仏である人間の生き方なのだろう。>

いきいきのびのび、楽しみながら、焦らず、学び成長していこうと思いました。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/09/01(月) 20:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。