お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/08
苦しみを乗り越える

皆さんは、「苦しい」と感じることに出会ったとき、どのように対処し、乗り越えていますか。
皆さんそれぞれ、既に何かしらの方法をお持ちのことと思いますが、今回は、何か新しい気づきにつながればと、私の経験をご紹介いたします。
一口に「苦しみ」と言っても、その内容によって、対処法は違ってきますよね。
自分が対処することで、苦しみが緩和されるなら、自分が行動すればいいのです。
しかし、人間関係や、相手のあることから来る苦しみ(自分の思うように人が動いてくれるかという心配)は、一人で悩んでいても、何も解決はしません。
「こうなったらいいな」「最悪は……」と、何度繰り返し考えても、相手に対面しないことには始まりません。
 人間関係の悩みについては、「悩んでも変わらないのであれば、悩むのをやめよう。考えるべきタイミングが来たら、しっかり考えよう」と、私は考えています。
しかし、人間関係以外にも、あれこれ、心配せざるを得ないようなことがあります。
たとえば、二十数年も会社経営をしていると、いい時ばかりではありません。資金繰りの苦しい時もあり、そのような時には、「大丈夫! 世の中の役に立つことをしている限り、ダメになることはない!」と自分に言い聞かせながら、良いイメージを持つように心がけています。
経理の担当者から、「今月の支払い、〇〇万円足りません」と言われることが続いても、社長が暗い顔をしていると、会社の雰囲気がもっと悪くなってしまいます。
ポーカーフェイスという言葉がありますが、トランプのポーカーで、大した役がないのに余裕のある表情をするように、景気が悪くても、辛そうな顔をせず、平気を装うのです。
悩んで落ち込んでいる場合ではないからです。心配をするだけでは、何も改善しません。
そんなヒマがあったら、少しでも改善すべく、考え付く限りの打てる手を打ちます。
しかし、「大丈夫」と思おうとしても、信頼に足る戦略がなければ、本心から「大丈夫」とは思えないでしょう。
キーとなるのは、目の前の人や、お客様を喜ばせることです。会社の売り上げは、お客様にどれだけの満足を提供しているかの指標だといわれます。
現状をしっかり把握して、具体的な方法論を持つことで、「これをやれば、きっと良くなるはず!」という希望が生まれます。
気が弱ければ、困難なことに出会った時、逃げ出す人もいるかもしれません。でも、苦しみから逃げだすと、もっと苦しくなります。
人生で、自分に乗り越えられない試練はやって来ないといいます。言い換えると、目の前にやって来た困難は、「乗り越えるべき困難」なのです。
だから、逃げると、また、形を変えて、同じような困難がやって来ます。
「あれ? この前と同じような困難が、またやってきたぞ」と思ったら、それは自分がクリアすべき課題だと、自覚されたほうがよろしいでしょう。
そのことから逃げていると、何度でも、自分の身に降りかかってきます。
「大丈夫!」と信じられる戦略を持ち、「人事を尽くして天命を待つ」の境地で、日々行動してみてください。
目の前の苦境を乗り越えたとき、さらに強く、「大丈夫!」と思えるようになっていますから……。


七田 厚(㈱しちだ・教育研究所代表取締役社長)さんのブログは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

不安定な心とちゃんと向き合う
七田先生、おはようございます。

いつもありがとうございます。

【「大丈夫」と思おうとしても、信頼に足る戦略がなければ、本心から「大丈夫」とは思えないでしょう】
と仰るように、「大丈夫」とは思えない不安定な心とちゃんと向き合って、解決策を見つけ出し、行動していくことが大事なのだなと思います。

まさに、「人事を尽くして天命を待つ」の境地ですね。今できる限りの努力を尽くすことによって、目の前の苦境を乗り越えてゆく心の安定が得られ、よい現実を創造していくのだと思います。

人間関係の問題も、仕事の問題も、自分の心のなかにある問題をクリアにするために起こるのだろうから、逃げずに自分の心と向き合って、自分の心を変えれば、現実が変わっていくのだろうなぁと感じています。

【キーとなるのは、目の前の人や、お客様を喜ばせることです。会社の売り上げは、お客様にどれだけの満足を提供しているかの指標だといわれます】
本当に、その通りだと思います。困難な状況に陥ってしまったときこそ、この原点に立ち返って、人事を尽くす覚悟で乗り越えていきたいと思います。

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/09/08(月) 08:13 [編集]

いつも、ありがとうございます。

<目の前にやって来た困難は、「乗り越えるべき困難」なのです。>

このことを、まずはしっかりこころに落とし込もうと思いました。ついつい、先延ばしにしたり、ごまかしたりしてしまいます。そして、考えてもどうしようもないことに、捉われてしまっています。そこもしっかり、区別しなくてはと思いました。

<現状をしっかり把握して、具体的な方法論を持つ
<少しでも改善すべく、考え付く限りの打てる手を打ちます。
<キーとなるのは、目の前の人や、お客様を喜ばせることです。
<「人事を尽くして天命を待つ」の境地で、日々行動

その習慣を身に着け、行動していき、目の前の苦境を乗り越えたとき、自分はきっと、自分のことを信頼できる人間になっている。乗り越えていける自分が、すっごく好きになっている。そう考えただけで、なんだかとっても嬉しい。これからは、そうすると決めた!(宣言しました!・・・でも、ちょっと、不安。)

そう決めたので、何度でも、チャレンジしていきます。乗り越えるまで!七田先生、頑張ってみますね。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/09/08(月) 19:04 [編集]

NAOさんへ
いつも、コメントをいただき、ありがとうございます。
「心」は不安定なものなので、いつも良くなることを思い(望み)、困ったことが起きても「きっと良くなる」「この試練は自分の成長のために必要、何かの意味がある」という思いでいてくださるとよいのではと、私は思っております。「思い」次第で、物事の結果はガラリと変わるものなのでしょう。
七田厚 [URL] 2014/09/19(金) 17:09 [編集]

エンジェルさんへ
自分を好きになること、自分を信頼すること、とっても素晴らしいことです!それができてこそ、周りの人たちに「ハッピー」を届けていくことができるのだと思います。そう決めたエンジェルさん、応援しています!
弱気になることもあるかもしれませんが、思い直して、いつでも再スタートすればいいんですから。顔晴っていることは、自分とお天道さまは知っていますから。自分の「魂」は、いつでも、自分の「心」と「体」を応援しています!そのことを忘れないでいてください。
七田厚 [URL] 2014/09/19(金) 17:17 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。