お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/15
2014夏 北海道 5
May(養成講座4期・5期)

『2014夏 北海道 4』記事の続きになります≫
 最初から読む

5日目。

この日は、昨日行った青い池の源になっている白髭の滝と、その下を流れるブルーリバーを見たいがために早起きして出発しました。
早起きは三文の徳。
先客は一組しかいなくて、すぐに帰っていったため、滝の流れる音と景色、マイナスイオンを貸し切り状態。
やはり、早朝は空気も澄んでいて気持ち良い。

上富良野から中富良野に抜けて、たまたまトイレ休憩に立ち寄った場所がフリーペーパーに載っていた場所で、サンタの髭という、半分に切ったメロンにソフトクリームが乗っているという……。
朝からソフトは食べる気にならず、欲しいのはメロンのみ。
そこで、同じフリーペーパーに載っていた行きたいお店が目と鼻の先だとわかり、そこに向かいました。

ナビに入力して向かう途中、「メロン1/2カット300円~」の看板でテンションアップ!グッド!
お目当てのお店と勘違いして、飛び込む。(笑)
結局、半カット400円で、念願のメロンにありつけました。
しかも、そのメロンが新種とやらで、とってもジューシー。
娘、一人で食べちゃいそうな勢い(^。^;)

手土産に買って行こうと思ったけど、箱に入ったのは、綺麗な分、お高いのね。
とりあえず、保留にして、もともと行くはずだったお店へ。

そこは、有名な冨田ファームのお隣りで、同じ系列みたい。
綺麗だけど、割高。
美味しい方のメロンをお土産にしたかったのもあり、100円引きチケットがあったので1カットを注文。
予想通り、硬かった。(涙)
綺麗に見せようとすると、完熟は無理なのよね。

そのままお隣りの冨田ファームへ向かい、以前から欲しかった、ラベンダーウォーターをゲット。
日焼けしたお肌にいいのよね。
これで、手作りの日焼け後のローションが作れる~!

娘が興味津々で離れなかったのは、石鹸を作る工程の見学。
今度、石鹸作りもやってみようかな。

そこのカフェに美味しそうなバジルのパスタがあったので、ちょっと早いランチを取った。
ノンホモ牛乳があったので、それも一緒に注文。
美味しかった~!
ラベンダー畑は遅咲きが少しだけ。
お腹いっぱいになったので、そこを出て、メロンを買いに、最初のお店に戻り、B級品を分けて貰らえないか聞いてみた。
駄目元で言ってみるもので、3個の値段で5個買うことができた。
身内に渡すので、見た目より美味しければいいのだ(笑)。
ただし、食べ頃の物は品切れで、美味しく食べられるのは、一週間後。
楽しみ~!

北の国からの撮影現場である麓郷の森へ向かう。
そこには、遅咲きのラベンダーが一面に咲いていたから……。

しかし、残念なことに何処にも咲いてなく、カフェの店員さんに聞いたところ、確かに近くにあったが、もう辞めてしまったとのこと。
本当に綺麗だったから、残念だなぁ。
時間の流れを感じる……。

諦めて、最後の目的地へ向かう。
中札内。
テレビで観た、ジェラート屋さん。

帯広をかすめて、中札内へ。

そこには見慣れた景色が広がる。

いつも通っている、帯広空港の近くだ。

ジェラート屋さんで、ダブルを注文。
私は、そこの名前になっている売りであろうフロマージュ(チーズ)、娘は悩んでチョコレート味にした。
チーズの味が濃い。
チョコと混ぜると美味しい(^~^)
隣には、何故か和菓子のアウトレットがあり、お買い得だったけれど、お腹いっぱいなので買うのはやめておいた。

娘は、道の駅でスタンプブックを買い、ずっとスタンプを押してきたので、ちょこちょこ休憩をしながら、それでも確実に主人の実家へ近づいている。

一つ手前の町で、主人の叔母にメロンを渡しに行き、私と娘の、初めての北海道での旅行は終わった。

相変わらず、娘にはイライラさせられたし、大変なこともあったけれど、楽しかったし、自信にもなった。
何より、いっぱい娘との思い出が作れたことが嬉しいO(≧∇≦)o

また、来ようね!(了)

 最初から読む

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

しあわせを感じられる心の状態
Mayさん おはようございます

最後まで、とても楽しく読ませていただきました。

娘さん、ほんとうに楽しかったですね。
母娘で、最高の夏のしあわせをいっぱい感じられてよかったですね。

こうして5日間、読ませていただいて、いま感じているのは、まず親がしあわせを満喫して生きていることが大事だということです。

親がしあわせを感じられない心の状態にいるときには、どんなに楽しいことをしていても、子どもにとっては、なんだか切ないというか淋しいというか、心の底から楽しくってしあわせだとは感じることができないのだと思います。
実際に、わたしも母の兄弟たちも、そういう淋しさを味わっていたと思います。

100%そうはできなくても、家族と過ごすことのできる喜びを家族と一緒に満喫していきたいと思います。

今わが家も、より良い方向に進化を遂げる時期にさしかかってきました。家族と過ごす時空間の大切さをひしひしと感じているときに、Mayさんのブログを読むことができてうれしかったです。

Mayさん、すてきな思い出をいっぱいシェアしてくださって、ほんとうにどうもありがとうございます。

感謝しています。Mayさん、ありがとう☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/09/15(月) 08:15 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。