お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/13
あえて自分で“愛”をつけとこう
中村 祐加子

“愛”って言葉は、相手の相、逢いたいと思う逢い、気が合う、気合いの合い。この3つが揃って愛という言葉って成り立つのかもしれないなって感じたのが、指導者という立場になってから気づいた私……

さてなんのコーチなのかというと……ジュニアバレー(小学生)のコーチ。

いまから4年前になる春に娘が地域の新しく立ち上げたバレーチームに入ってやってみたいと言い出し、バレーを30年やってきてる私には飛び上るほどうれしい言葉だった。なのでぜひぜひと入団させてみた。

練習を見に行くと子供たちが20人を超えてるのに指導者は一人だけ……。これでは子どもたちも持て余し、指導者の方も右往左往……。そこで黙っていられなくなりチビッ子たちを教え出していた。

ふと気がつくと反対コートでやってる娘は、バレーに拒否反応が出てきてて……おやおやおやぁ~? と様子をみてると……一生懸命になりすぎて白熱する指導者と溝ができてしまってた……。こうなると子供は委縮してしまうのは当然のこと。まだ基本もできない子供たちはどうにもできなくなる。

娘を教えたくても立ち上げた指導者を差し置いてはできないジレンマが私に襲いかかってきた。

どうするのがよいのだろうか? はたや私ともう一人バレー経験者の方で見てた子供たちは愉しそうにやってる姿と正反対の娘たちの高学年。

私がストレスを感じると同時に立ち上げた指導者の方もストレスを感じだしてたのは、肌で感じてた。

このままではいけないと、娘と退団を決意して「辞めます」と……文句を言ったらどうにもならなくなるのは目に見えてたので、うちの娘がバレーをやってみたいという気持ちにさせていただきありがとうございました。と告げての退団……。
だが芋づるのように次から次へと退団する子供たち。そんな矢先に、チームをたちあげてもらえないか? と声がかかりこれにもひとつ返事はできなかった。

それは、半年後私たち家族はここを離れることが決まってたから……。
でも私の大好きなバレーを嫌な思いのまま、この子たちを終わらせてはいけない。バレーって、スポーツって、楽しいものなんだよ、って、伝えなければならぬと思って……。じゃあ、バレーボール教室をやります! と、保護者に声をかけたのが本格的指導者のスタートであった。

なんと、その時髪を切りに行ったら、美容師さんにここに、と後ろに鏡を当てられ指が触れたとこが正面の鏡に映った瞬間、思わず笑ってしまった。円形脱毛症……まさか、私がねって……。

さてどんな風に鬼コーチになっていったのかは、次回に書こうかな(^v^)


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

関わり合い
中村さん おはようございます

娘さんたちにバレーやスポーツの楽しさを伝えたい! という熱い情熱がつたわり感動しています。

子どもたちのモチベーションを向上させるのも、やっぱり愛なんだな! って感じられました。

「“愛”って言葉は、相手の相、逢いたいと思う逢い、気が合う、気合いの合い。この3つが揃って愛という言葉って成り立つのかもしれないなって感じた」
と仰る感性がすてきです!

人間同士が相手と関わり合いながら、生き生きと生きているって、とてもしあわせなことだなぁと思います。

今わたしの心には、“愛”って、関わり合いと支え合いなんだなぁという想いがわいてきて、あたたかい気持ちです。

わたしはスポーツの楽しさを体験せずに過ごしてきたけれど、息子には、「相手の相、逢いたいと思う逢い、気が合う、気合いの合い」を子供時代に是非とも体験してもらいたいと思います。

中村さん、ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/09/13(土) 09:02 [編集]

凄い♪
楽しそうなバレーボール教室(笑)。行ってみたいです。
村上 正枝 [URL] 2014/09/14(日) 09:44 [編集]

愛がまた人の心を、ポカポカに
Naoさん こんばんわ
コメントありがとうございます

子供達の指導者になった時から、まずは楽しませること!それはわたしがずっとプレーしてきたバレーをもう2度とやりたくないって思って欲しくなかったので、さてどうするか? と…
でも、子供達に教えるのが楽しくて
その子たちの笑顔を、みると嬉しくて

そうなると自分が思いっきり楽しんでました

だんだんと気持ちが伝わるようになり
それからは、汗と涙と…子供達を指導。
それこそ、叱って泣かしたこともあります

でもね、子供も泣くとすっきりなんですよね

悔しいと食らいついてきて。
本当に子供達にはたくさんのことを教えてもらってます

私は、彼女たちがこのバレーで培ったことがこれからの彼女たちの歩む人生の道の中でひとつの財産になってほしいと思う、鬼コーチなのです。

また続きを書き込みますので、よろしければまた読んで頂けたらと思います。

Naoさんとのこの出逢いも、引き寄せなのかな?と嬉しく感じております


(匿名希望) [URL] 2014/09/15(月) 22:40 [編集]

楽しそうって感じれるってしあわせ
村上 正枝さん
こちらでもコメントありがとうございます

行ってみたいと思って頂けたるなんて
指導者として本当にありがたいお言葉です

勝つことも大事なことかもしれませんが、
まずは子供達がのびのび生き生きできることが必要な時代なのかもしれませんね

大人もそういう気持ちを忘れてはいけないと
彼女たちの笑顔をみて感じております

また続きを書きますので、よろしければ読んで頂けたらありがたいです
(匿名希望) [URL] 2014/09/15(月) 22:44 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。