お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/16
結婚後41年、義母との縁を想う。
なな(養成講座6期・7期)

今年の7月初旬に、主人の母は特別養護老人ホームへ入所しました。その1週間後に、私たち家族4人で面会に行きました。

現在、要介護5の認定です。殆どベッドで寝たきりですが、車イスで皆さんと一緒に食堂で食事する様になり、以前に比べ、食欲も出てきて驚きました。施設の介護士さん達に見守られて安心しているかの様にも思えました。

93歳の義母は、今年1月1日に急に腰椎すべり症で入院し、一度退院して2月に肺炎で再入院、1ヶ月程で退院したのですが、その時、早く家に帰りたいからと一生懸命に食べている姿に、人はある目的を果たす為には、もの凄いエネルギーが湧くものなんだと、命の息吹すら感じさせました。

昨年の暮れ迄は、前向きで立派に家事をこなしていました。同居していた義姉が59歳で他界したので、その後は、自分がしっかり主婦の役割をしなくてはと、日々張り切って息子と孫の食事の用意をしてくれていたのです。きっと、その思いが心の支えとなり頑張れたのでしょう。

主人の母とは自分の両親よりも永い付き合いになります。結婚前のお正月に出されたお雑煮にダシが入ってないのか、お湯の中にお餅が入っているだけの様なお雑煮に「おいしくない」とは言えず、なんだろな~と思った事や、我が家に遊びに来た時、腕をふるって出した食事も、その場では「おいしい」とかは一切言わず、家に帰ってからハガキで「おいしかった」と書いてきたりと、その間には色々な確執も多々ありましたが、今は、わだかまりも薄れ、愛しさを感じます。

主人の父は51歳の若さで他界した為、写真でしか会えませんでした。44歳で未亡人となった義母は男の子3人を立派に成人させました。その頃は、ふっくらとした美しい人だったのに、今はすっかり細くなってしまいました。

面会に行くと時々笑顔を見せてくれますが、認知症が進んで来たのか、呼びかけてもよく分からない様でした。本が好きなので週刊誌を枕元に置いて読んでいました。ひ孫の写真を貼っておきたいからと私が持参した写真をジーッと見つめてニコニコして想い出しているかの様です。殆ど会話する事もなく、3~4時間滞在して帰りましたが、大正生まれの気丈な義母は、私達に生きることの何かを教えてくれているかの様でした。

こうして沢山の方々の手を借りて、助けて頂き、生かされ、有難いことで、感謝の心で一杯です。そして何より半年近く自宅で介護してくれた義兄に感謝したいと思いました。義兄もきっと安心したことでしょう。

特養ホームは遠い所に在り、面会も1日ががりですが、また会いに行ってきます。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

かけがえのない家族の絆
ななさん おはようございます

いつもありがとうございます

家族は近い存在であるからこそ、心が通じ合わない寂しさや悲しさを感じることも沢山あるけれども、ほんとうは皆が家族と一緒にいられることがしあわせで、家族のために頑張ることができることがとてもしあわせなことなのだろうなぁと感じました。

お互いの足りないところを補い合って、ささえあって、ともに人生を生きてける家族がいることはかけがえのないしあわせですね。

先日、義父のお見舞いに行ってきました。義父は以前よりも無口になりましたが、息子が義父の顔を見ながら絵を描いていると、じっと見つめていました。会話ははずまなくても、おだやかな時を一緒に過ごすことが大切なときもあるものだなぁと感じていました。家族と共に過ごす一つ一つが、とてもかけがえのないものなのだなと感じます。

家族の絆って、あたたかくて、かけがえのないものですね。
ななさんとお義母様のあたたかな縁の絆を感じて、心があたたかく和みました。
ななさんご家族とともに学ぶことができ、ご縁に感謝しています。

ななさん、ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/09/16(火) 07:37 [編集]

NAO様
NAOさん、こんにちは。

私は二男の嫁でしたので義母が1ヶ月に1度位、泊りがけで初孫の顔を見に遊びに来たりしていましたが、わりに気楽な嫁でいられた様に思います。


義母が未だ60代の頃には何年間か、お華を習ったりとか、自分の母親とは全く違うタイプの義母に憧れたり、逆に自分の母の良さを再認識してみたりと、縁あって家族の絆を結ぶ事となった義母の一生を考えてみたりしています。

不思議なご縁で共に人生を生きているんですね。本当に大切にしたいと思います。


NAOさん、いつもコメントを頂き、ありがとうございます。
なな [URL] 2014/09/16(火) 18:12 [編集]

素晴らしいですね。
岸田昇 [URL] 2014/09/16(火) 20:01 [編集]

岸田様
岸田さま、こんばんは。

その様に感じて下さった事が、とても嬉しいです。

コメントを頂き、ありがとうございます。
なな [URL] 2014/09/16(火) 20:54 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。