お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/05
「猿の惑星 創世記」と「LUCY」

先月の半ば「猿の惑星:新世紀」を観に行きました。

前作の「猿の惑星:創世記」では、新薬により驚異的な知能を得た猿シーザーが仲間の猿たちを救い、独立する話でしたが、今回はその10年後から始まります。

10年後、人類は滅亡の危機に瀕しています。

なぜならば、その新薬が、もとのウイルスが、あっというまに大方の人を殺してしまい、文明がストップしたのです。
かたや、遺伝子の進化を経て知能や言語を得た猿たち。
この人間と猿両者のお互いに対する不安と憎しみがおもわぬ事態を巻き起こします。

実は、前作がとっても良かったので楽しみにしていたのですが、今回のは、正直、萌えることができませんでした。
赤ちゃんから青年期を見守るような前作から、10年後のシーザーはすっかり立派な親父リーダーですし、科学者兼シーザーの育ての親役のジェームス・フランコは、今回は出てこないし。(猿インフルで亡くなったらしい……)

それよりも、数日前に観た「LUCY」のほうが、かえって心そそられましたよ。

実は、この2つの映画には、共通点が2つあります。
第一作目のシーザー(猿の惑星の主人公)とルーシー(LUCYの主人公)は……ともに、薬物により常識を超える進化をしているのです。
もちろん、薬物には共感できませんが、薬物をメタファーとしてストーリーを観たときに(その他大勢と同じように)、平凡に過ごしていた主人公になにかのきっかけで大きな内的変化が起こる。そこが共通しています。

その変化により、主人公の人生は否応なく動き始めます。
その動きは自分自身だけでなく、周りにも影響を与えて大きなうねりをもたらします。
その中で主人公は、新たな自分自身がいるべき場所「ポジション」をつかみとっていくのです。
私は、こんなふうに主人公が大きく変化し成長するストーリーに、深く共感するのだということに気づきました。なんか、ワクワクしちゃうんですよね

そういえばライフコーチングのセッションでも、そのような変容が起きています。
だから、長く続けているんだな。。。

そして、共通点の2つめは、「不安が人の進化を阻む」ということです。
シーザーは人間との共存を望んでいました。なんといっても彼は、人間に育てられ、人の親切さ、暖かさを知っているからです。
しかし、仲間であるコバの策略により、結局戦争になってしまいます。
コバは人間につかまって切り刻まれた過去を忘れていませんでした。

復讐心に燃えるコバにとって、人間と手をつなごうとするシーザーは、もはや排除すべき存在だったのです。
かたや、ルーシーは脳の稼働領域があがり、覚醒したあとにこう言いました。
「不安が理解を複雑にしている」と。

実際に脳化学では、不安が起こると脳の一部である扁桃体が興奮し、恐怖などの感情に支配されやすくなります。
多少の不安は生きているかぎりあるものですが、大きすぎる不安は、現実をゆがめて観てしまったり、力を発揮できなくなるもとになるのですね。

そうそう、不安のコントロールには瞑想が役に立ちます。
瞑想をすると、理性や全体像を観る力を司る前頭前野に血流が集まり、扁桃体が静まるのです。
瞑想は地味な作業ですが、筋トレと同じようにある程度の積み重ねが大切。
不安になりやすい人は、自分にあう瞑想を見つけて前頭前野を鍛えると効果がありますよ。
お試しあれ☆

まあ、ともあれ、前回のほうがよかったと思いながらも、一緒に行った家族は感動して泣いてましたし、家族愛や、人を守ることの意味などにあふれた良い映画でした。

あ、「LUCY」には、韓国俳優のチェ・ミンシクがマフィア役で出演しています。
韓国のアクション映画って、なんだかとっても恐怖の情動そそられます。感情表現が豊かだからでしょうか。
チェ・ミンシクは「シュリ」や「悪魔を見た」にも出てましたね。
渋くて味のある俳優さんです。


あまみ悠さんのブログは、こちらからどうぞ

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

「大きく変化し成長するストーリー」に感動できるのは
あまみさん おはようございます

いつもありがとうございます

「私は、こんなふうに主人公が大きく変化し成長するストーリーに、深く共感するのだということに気づきました。なんか、ワクワクしちゃうんですよね

そういえばライフコーチングのセッションでも、そのような変容が起きています。
だから、長く続けているんだな。。。」
と仰るあまみさんがすてきだと感じました。

あまみさんご自身も変容・進化を遂げてこられた数々の経験があるのでしょうね。


「不安が人の進化を阻む」というのは本当だなと実感しています。不安がなくなれば、自信をもって主体的に生きていきたいという意欲が内側からわきあがってくるものなのかなと思います。

わたしも昨日、澤谷先生の養成講座の仲間たちがいきいきと進化を遂げ続けている姿に感動し、ほんとうにうれしく思いました。人間が本来の生命力をのびのびと自由に生きている姿には、心を打つものがあるなと感じています。

「大きく変化し成長するストーリー」を生きてみたいと思いました。

あまみさん、ありがとうございます☆.。.:*・
NAO [URL] 2014/10/05(日) 06:50 [編集]

あまみさんのブログにもお邪魔し、「心の土壌を耕す」も拝見しました。

「自分の花を咲かせるための土台作り」まずは、心に空いた穴を埋めない限り、なにをやってもすぐにもとに戻ってしまう、というのが自分の体験からも、なるほど、そうだったのかと、とても納得しました。

「不安が理解を複雑にしている」これも、大きくうなづいてしまいました。わたしの場合は、不安に囚われ、いわゆるパニック状態で、なにも考えられなくなっていました。物事を受け付けられなくなって、ますます不安になりパニックを起こす悪循環でした。

でも、養成講座で学びつづけて、こころに空いた穴が、少しづつではありますが埋まってきているのを実感しています。

<主人公になにかのきっかけで大きな内的変化が起こる。>

内的変化ー思い込みがはずれるときでしょうか、新たな自分に力を与える価値観を手にいれたときでしょうか。私が動き出せるのはいつだろうか?

きっと、瞑想や筋トレと同じように、毎日毎日の心のあり方、生き方の積み重ねが大切なんですね。

<その中で主人公は、新たな自分自身がいるべき場所「ポジション」をつかみとっていくのです。>

今日の一日一日が、その「ポジション」につながっていることを信じて、焦らずに大切に生きていきますね。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/10/05(日) 12:28 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。