お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/14
オンリーワンがナンバーワンになるとき
澤谷 鑛

 2020年のオリンピック・パラリンピック開催地を決めるIOCで東京が開催地に選ばれました。

 東京に決定した日本時間の5:30頃、安倍晋三首相は、フェイスブックに次のように書きました。
【安倍晋三です。
朝早くにすみません。ブエノスアイレスより速報です。
つい先ほど、東京が2020年の五輪開催地に選ばれました!!
本当にうれしい。
この心からの喜びを、皆さんとともに、分かち合いたいと思います。
この勝利は、国民が一つになった結果。
熱い思いが、世界に伝わったのだと思います。
この勢いで、国民が一つになって、2020年東京オリンピックを必ずや成功させましょう!】

 6年後に開催されるわけですが、そのとき私は古希で数え年70歳になります。

 その日、朝食を食べながらTVをみていると、京都出身のスポーツの評論家が1964年(昭和39年10月10日~24日)に東京で開かれた第18回夏季オリンピックの話をしていました。
「私は6歳でしたが、当時、京都にはカラーTVは三台しかなく、そのうちの一台はわが家にありました。近所の人たちが沢山集まって、開会式をみました。大人たちは涙を流す人もあり、印象的だったのは、“ちょっと前まで銃を持って戦争をしていたのに、こんなに変わるものなんだ”という言葉でした」
 その番組に出演していた石原慎太郎氏は、やはり前の東京オリンピックのことを聞かれ、
「東洋の魔女を思い出しますね。東京オリンピックでは、全日本女子バレーボールチームを“回転レシーブ”に象徴される守備を重視した戦法により金メダルに輝かせ大松博文監督、彼は男だった。金メダルを取ったとき、選手たちは大喜びだったが、その輪の中に監督はいなかった。誰もいないところで壁に向かって笑っていた。彼は男の中の男だった」
 私は大松博文監督は「泣いていたのではないか」と思ったのですが、石原慎太郎氏は、確かに「笑っていた」と言いました。

 経済効果も大きいのでしょうが、東京オリンピック・パラリンピックは、凌ぎを削る戦いです。でも、「オリンピックは参加することに意義がある」と言われます。

 第4回ロンドンオリンピック(1908)の陸上競技では、アメリカとイギリスとの対立が絶え間なく起こり、両国民の感情のもつれは収拾できないほどに悪化していました。
 その時に行われた教会のミサで、
「このオリンピックで重要なことは、勝利することより、むしろ参加することであろう」
というメッセージが語られました。
このメッセージを、当時のIOC会長のクーベルタンがとりあげ、次のように述べました。
「勝つことではなく、参加することに意義があるとは、至言である。人生において重要なことは、成功することではなく、努力することである。根本的なことは、征服したかどうかにあるのではなく、よく戦ったかどうかにある。」(『近代オリンピック100年の歩み』ベースボールマガジン社)

 オリンピックには、「より速く、より高く、より強く」という言葉もあります。「参加することに意義がある」と言う言葉は、弱くてもいい、負けてもいいという意味ではないでしょう。しかし、ただ勝てばいいというわけではありません。参加し、そしてひたすらに、純粋に、勝つために正しく努力すること、挑むことに意義があると言うことでしょう。人生を感じさせます。

 スマップの「世界に一つだけの花」という歌を思い出しました。
「世界広しといえども、宇宙広しといえども、あなたに代わるあなたはいない」
 と私もよくいいますが、これは、なにもしなくてもいい、と誤解する人がいます。

 あのイチロー選手は、「世界にひとつだけの花」を聞き、冗談じゃない、という感想を述べたと言います。
「僕は天才ではない。なぜなら、なぜヒットが打てるのか、自分によくわかっているから」
 という天才ですから、ひたすらに、正しく努力して挑むということを抜きにしてありえないといいたいのでしょう。イチロー選手は、そうしているということなのです。

 時代の風は、「オンリーワンがナンバーワンになるとき」に吹き始めたようです。

『続・オンリーワンがナンバーワンになるとき』へ続きます

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

風が吹いていることに気づきました
先生、おはようございます。

これまでの人生で、課題に取り組もうとするときには、決まっていつも何かの不安があったことに気づきました。たいてい不安に負けてしまって課題に取り組むことから逃げていました。

でも、いい加減こんな自分では駄目だ! と思って、不安を感じている心に真っ直ぐに向き合い始めました。こんな自分では駄目だ! と思えるのは、ほんとうの自分が駄目ではないからなのだと識りました。そして、すべての存在がオンリーワンの存在なのだと思惟の世界でかんじられました。

ただ純粋に向上していこうとしているのがほんとうのわたしだから、不安な心はデトックスされていくのだと識りました。不安な心が消えていくと、「参加し、そしてひたすらに、純粋に、勝つために正しく努力すること、挑むことに意義がある」のだとかんじられて、いま生きていて努力できることが本当にしあわせなことだったのだとわかりました。

いつも、のびのびと向上し続けているまっさらさらのいのちに感謝しています。正しい道を歩むことに導き、支えてくださっている縁の絆に感謝しています。
思惟の世界でかんじたことを、思考を駆使して実現できるように「行動」していきます。

ありがとうございました。
NAO [URL] 2014/10/14(火) 09:50 [編集]

先生の仏法に基づいた考え方にも、フェイスブックの数字並べのカワイイお話にも、数知れないご尽力を感じております。

努力してこその『あなたに代わるあなたはいない』ですね!
ありがとうございました!(*≧∀≦*)
Honatsugi Menogakko [URL] 2014/10/14(火) 16:57 [編集]

昔、「徳がないと努力すらできない」という言葉を目にしました。

「努力は辛くて苦しいもの」という定義を自分でしていたので、全く努力ができず、自分は徳がないから努力もできないし、悪いことばかりが起きるのだと思っていました。

でもそれは、自分がなにをやってもダメだと思っただけで、やらなければならない事をサボって、楽して怠けたかっただけなんかなあと、ようやくわかってきました。なんて、図々しく、ど厚かましかったんでしょうか。

半世紀生きてきて、ようやく、何事も、誰でも、天才と言われるような人でも、こつこつ、ひたすらにこつこつ、結果がでるまでやらなければならないんだとわかってきました。凡人なら尚の事。そうでなければ、さらにもっと!レンジでチン!2分でご飯!なんて有り得ないんだって、ようやく、わかってきました(恥)。

これはきっと、養成講座で実質2年間(1年間は逃げ回っていたので!笑)私なりにではありますが、こつこつとブログにコメントをし、カメのような歩みでも学び続け、先生やみなさんに、こころの穴ボコを埋めて頂いてきたからこそ気づけたのかなあと、感じています(めっちゃ、遅すぎるがな!汗)。こころから感謝しています。

で、ようやく、「努力って楽しいことかも~?!」って、思えるようになってきました。

いよいよ、「オンリーワンからナンバーワンへのスタート、旅立ち!」なんですね。

なんせ、気づいて、やり始めるのが、半端なく遅いので、来世に持ち越しても頑張りますよ~!諦めないですよ~!諦めるのは魂の終わりの時だけですよ~!って、ゆるゆるで望む覚悟なんですよ~!

私は私でいい!こう思える自分が今、嬉しいなあと思います。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/10/14(火) 19:06 [編集]

不安コンプレックス
NAOさん。

不安コンプレックスを持っている人は多いですね。しかし、当人に理由のわからないのが、不安コンプレックスでもあるのですね。自分の味わう不安感の底に横たわる根本的な原因についてわかっていないのですね。
不安は、潜在意識の内にある想念の型なのですね。私たちが不安に思うものごとの多くは、その不安には何ら関係を持たないのですね。
長くなりそうです。

11月16日(日)に「澤谷 鑛 ヒューマンライフ基礎講座」in 宇治 で、「~不安コンプレックスを消す!~」とのテーマでセミナーを開催します。

あなたは、あなたの人生に満足していますか?
不安コンプレックスは、当人に理由のわからないものがほとんど
だ、といわれています。
ずいぶん、不安コンプレックスというものを持っている人に出会
います。しかし、自分の味わう不安感について、その底に横たわ
る根本的原因については、分かっていません。
不安を解除しなければ、すなわちデトックスしなければ、その不
安の思いは不安を引き寄せます。
この「基礎講座」では、不安を取り除くことにより、後天的に潜
在意識に印象された否定的消極的な想念を消し、潜在意識の奥の
奥にある一層根本 的なるもの(ほんものの自分)に出会い、運
命を好転させるというものです。
http://www.kou-sawatani.com/sem-hlkk.html
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/14(火) 22:48 [編集]

そこに人生があります
Honatsugi Menogakkoさん。

フェイスブックを読んでいただいているのですね。ありがとうございます。

「努力してこその『あなたに代わるあなたはいない』ですね!」
そのとおりですね。そこに人生があります。


澤谷 鑛 [URL] 2014/10/14(火) 22:53 [編集]

人生は学校
エンジエルさん。

NAOさんに不安コンプレックスのことを書きましたが、その解除が大切になります。所謂、デトックスですね。
人生の秘訣というものでもあるのですが、人生は学校のようなものなのでしょう。私たちは、人生学校で学んでいるというと、わかりいいですね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/15(水) 14:15 [編集]

平凡とは?
そうですか・・・あのイチローが、「世界に一つだけの花」について、そんな発言をした
のですか。。。。

イチローが野球選手であることは、万人が認めるところでしょう。
しかし、このイチローの発言、なにか勘違いしてませんか?

人間社会においては野球も含め、成績というものによって評価されるのは、仕方ないこと
でしょう。
だから、みんなイチローのような存在になりたい。

しかし、残念ながらほとんどの人がなれません。
99.9%の人が、「平凡」「無名」になるのです。

でも・・・それがなんだってんだ?
平凡がそんなに悪いこと?
努力しない人間って、そんなに卑下されないといけないか?
努力いない、サボる・・それも人間だろ?
ある分野で成功した人間は、どこへ行っても「神様」の称号を与えられるのか?

イチローは確かにすごい。野球選手としては。
でも、この世に野球がなければ、朝からカレーばかり食ってる「筋肉バ○」と言われてい
るかもしれない。


「世界で一つだけの花」は、こちらも「天才」ミュージシャンである槙原敬之が、そんな
地球の大多数を占める「平凡」な人たちに以下のようなメッセージを伝えたかったのでは
ないでしょうか?

・・・平凡、あるいは「落ちこぼれ」・・・それでもみんは生きていく権利はあるんだ
よ。
確かに、人間社会は不条理だらけだ。
「勝てば官軍。負ければ賊軍」

だから、なんだってんっだっ!!!!!!
・・・イチローなんて、「官軍」の大将にでもなったのか!!
鈴木くん [URL] 2014/10/15(水) 20:55 [編集]

鈴木くん。

批評とは畢竟己を語ること、ですね。

冷暖自知ですね。
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/16(木) 09:45 [編集]

言うは易く行うは難し
澤谷さん

万能ですね。この2つ(^◇^)
「澤谷STAP語録」とでも言いましょうか^_^
200回以上、言ってるし(≧∇≦)

しかし・・言うだけなら誰でも出来る。
鈴木くん [URL] 2014/10/16(木) 22:03 [編集]

鈴木くん。

また、繰り返さなければなりません。

批評とは畢竟己を語ること、ですね。

冷暖自知ですね。

澤谷 鑛 [URL] 2014/10/16(木) 22:34 [編集]

いい加減にしろ!

適当にあやふやなコトバ引用して、自分は何も言わない、やりもしない。

おたくの根性、大方気付いているぞ。
鈴木くん [URL] 2014/10/16(木) 23:59 [編集]

特商法第一章第三節第8条、16条には、通信販売を行なうものの事業者(本名)、住所・電話番号の表記の義務付けが記載されている。

冷暖どうのこうのより、まず法律を守れ!

削除かな?(^^)
まあ、そうなれば国民消費者センターに。
(匿名希望) [URL] 2014/10/17(金) 00:29 [編集]

鈴木くんさんへ
はじめまして。

一心太助と申します。

我が師澤谷に対するコメントに対して思うことがありましたので、書かさせていただきます。

まずは、横槍を入れる無礼をお許しくださいませ。

さて、本題。

鈴木くんさんは澤谷に対して「自分は何も言わず、何もしない」といったニュアンスのことをおっしゃっていますが、鈴木くんさんは何を澤谷に求めておいでなのでしょうか。

澤谷は何もしない、何も言わないといったことはないのですが、鈴木くんさんにはそう感じてはおられないご様子…。

もし、差し支えなければ、あなたご自身に対してどのようなアプローチを望んでおいでなのか、気になりました。

お気に障りましたら、申し訳ありません。




一心太助 [URL] 2014/10/17(金) 19:22 [編集]

優等生ですねd(^_^o)
鈴木くんさんへ


はじめまして!はちみつです。

鈴木くんさん、200回以上だなんて・・・

師匠の澤谷先生のブログやコメントやコメントのコメント(笑)を、たいへんよく読まれているのですね!

先生のブログは奥が深いのに、素晴らしいですね!!

でも、ということは・・・

やはり師匠の仰るとおり・・・

『冷暖自知』なのではないでしょうか?

冷暖自知。 冷暖自知。

失礼しましたm(_ _)m

はちみつ(^^) [URL] 2014/10/17(金) 21:20 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。