お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/28
続々・オンリーワンがナンバーワンになるとき
澤谷 鑛

『続・オンリーワンがナンバーワンになるとき』記事の続きになります≫
 最初から読む

 2010.11.30に「そのまんま」というタイトルで、このブログに掲載しました。下記に再録してみます。

10程前に短大を卒業した彼女は、女性の教授に「授業のお手伝いをしてください」と言われ、助手になりました。数年お手伝いをし、彼女は結婚しましたが、妊娠・出産を期に離れました。
 子どもさんも小学生の高学年になった今年から、「復帰しないか」との話しが教授からありました。それも「講師として大学には申請したい」と言うのです。彼女は復帰しました。そして、この秋から講師として活躍します。
 彼女は、植物と人間の癒しの関係に興味をもっています。私は、「そのような本を出版されたらいいですね」というと、彼女は「私は短大卒ですから」といいました。
 こんなに恵まれた道を歩む人も、劣等感を持つのですね。人生は、神が生きるのでも、仏が生きるのでもなく、人が生きるのです。神や仏を生きようとする人を否定はしませんが、その様な人も人が生きているのです。人生は必然的に相対的になり劣等感も生まれるということになります。もちろん、慢心も生まれます。
 彼女は、「劣等感はどのようにすればいいのですか?」と聞きました。私は、「劣等感を持つということは、能力の低い証拠ではなく、今後の成功を約束するための学びに必要なものなのだ」と言いました。そして家内がベランダで陽を遮るために、この夏、ゴーヤを植えた話しをしました。
 二本のゴーヤの苗が背丈よりも伸びて、緑の大きな葉をつけ、畳一畳近くになりました。黄色い小さな花もつきましたが、蜂がこないと交配をしないので、実がならないと家内は友だちから聞きました。ところが、孫が遊びに来たとき、「ばあば、なにかなっているよ」とゴーヤの実をみつけました。小さな二つのゴーヤがなりました。年長の孫は、夏休みに一人でじいじとばあばのところに来ていた(じいじとばあばが迎えに行った)のですが、「パパとママとミーちゃん(妹)に携帯で写真を送って」とはしゃいでいました。これが癒しなのです。劣等感などゴーヤにはないのです。そのまんまなのです。「あなたの講師もそのまんまでいいのですよ」というと孫がゴーヤをみてはしゃいだように、彼女は嬉しそうな声をあげました。
 夢や理想は、誰にもありますが、まず現実のそのままを受け入れることが大切です。人生は、そして「夢そだて」は、今、ここからの出発しかないからです。
 この夏、家内の育てたたくさんのゴーヤを美味しくいただきました。


スマップが歌って大ヒットした「世界に一つだけの花」は、槇原敬之氏の作詞・作曲です。
 歌詞の最後に、
<No.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one>
 というのがあります。作詞した槇原敬之氏にはどんな思いがあったのでしょう。
 この歌が発表される3年前に槇原氏は、覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されます。それは、孫が見つけた小さな曲がった歪なゴーヤのようなものよりも悪く、それこそその上に腐ったゴーヤなのかも知れません。しかし、孫にとっては、小さな曲がった歪なゴーヤもすばらしいゴーヤなのです。将に「特別な Only one」なのです。翻ってゴーヤの視座から考えてみると、ゴーヤが小さな曲がった歪なことに劣等感を持っているとは思えません。「特別な Only one」と思っているとも思えませんが……。そのまんま、なのですね。
 ところで、小さな曲がった歪なだけでなく、それこそその上に腐ったゴーヤであったとも思える槇原敬之氏は、
<No.1にならなくてもいい
もともと特別な Only one>
 と作詞したのは、現実をそのまま受け入れつつ、生きる根源的なエネルギーを感じたのではないでしょうか。
 覚せい剤取締法違反(所持)容疑で逮捕されてから、仏教に出会い、「ナンバーワンではなくオンリーワン」という主題について、槇原氏は、このように述べています。

「ナンバーワンではなくオンリーワン」という主題は、「天上天下唯我独尊」という仏教の教えが念頭にあった。『仏説阿弥陀経』の「青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光」という一節が元になったとも語っている。これは浄土には様々な色の蓮華が咲き乱れているが、そこではそれぞれがそれぞれの個性に無上の尊厳性を認め合い存在しているという内容である。


「天上天下唯我独尊」(てんじょうてんげゆいがどくそん・我は世界のうちで最もすぐれた者であるの意。釈迦が誕生するとすぐに、四方に七歩歩み、右手で天を指し、左手で地を指して唱えたといわれる詩句)というのは、「ナンバーワンではなくオンリーワン」というものではなく、「オンリーワンでありナンバーワン」なのですが、所謂、自我執着心が生きる根源的なエネルギーを感じつつ「ナンバーワンではなくオンリーワン」に留まっています。誕生した釈迦は、自我執着心があったのか? ということになりますが、「唯我独尊」を認めています。それは、道元のいう「仏向上」なのでしょう。

 青・黄・赤・白の色と光は、浄土に咲くそれぞれの蓮華(はすの花)を現わしており、それぞれが尊厳性を認め合い存在しているというものです。

 また、槇原氏は、このようにも述べています。

いくら他に沢山のバラがあろうとも自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラはやはりいとおしく、自分にとって1番のバラなのだと悟るという『星の王子さま』の話も基になっている。


 ここにも「自分が美しいと思い精一杯の世話をしたバラ」という「自分にとって1番のバラ」との表現で『星の王子さま』の話に共感しています。
ここで槇原氏と釈迦との大きな隔たりを垣間見ることになります。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

<蜂がこないと交配をしないので、実がならない>

奥様がそう聞いておられて、私も実がならないんだと思いました。
でも実際は、曲がって歪んでいるけれど小さな実がふたつなっていた。
それも、小さなお孫さんが遊んでいて見つけられた。

なぜか今回は、そのことにとても、こころを打たれたしまいました。
奇跡の連続を感じたからかもしれません。どれひとつ欠けても、そのゴーヤは実もならず、発見もされず、おいしく食べてもらえなかったかもしれないと思うと、そのすごい奇跡に気が遠くなるような、畏敬の念さえ感じてしまうのです。

小さいとか曲がって歪んでいるとか、どうでもいいことなのかもしれないとさえ思えてきます。

今ここに存在しているということが、オンリーワンであり、ナンバーワンである。そうであるならば、与えられたこの命を、ただ精一杯、輝かせることに全力を注いで生きることが大事なんじゃないかと思いました。

<劣等感を持つということは、能力の低い証拠ではなく、今後の成功を約束するための学びに必要なもの>

ついつい、私も人と比較して、落ち込んだり、劣等感を感じてしまいます。でも最近は、こんなにすばらしいと思える人達と一緒に時空間を生きられること、そして、人にできることは自分にもできると信じて、自分なりにであっても努力をしつづけていくことが、大事なんじゃないかと、ようやく思えるようになってきました。

自分は自分でいい。劣っているのでもなく、優秀でもなく、そのままの自分は、自分で素晴らしい。

そう言い聞かせています。こつこつやっていくことが楽しいと、ようやく思えてきました。ちょっと嬉しい毎日です。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/10/28(火) 15:04 [編集]

正鵠を得ています
エンジェルさん。

正鵠を得ています。その通りです。

エンジェルさんが【UJI ろまん!】の第一弾! を10/19(日)に大成功させ、11/16(日)に【UJI ろまん!】の第二弾! の企画と展開にみずからの生き方をかけて挑んでいます。

そのことと、「正鵠」を得ているのが、関係がありそうに思います。

きっと又、大成功になるのでしょう。楽しみです。
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/28(火) 15:19 [編集]

釈迦と槇原氏との大きな隔たり
「釈迦と槇原氏との大きな隔たり」とはどういうことなのか? というご質問をメールにていただきました。

今、12/5出版・発行のための編集者さんと再校ゲラの最終段階にはいっていますが、「精神波動」と「想念波動」について、どのように表現するか、ということが論点になりました。

「精神波動と想念波動ですが、精神と想念(心で鳴り響く言葉)の違いを明らかにしなければなりません。
 想念とは心に鳴り響く言葉ですが、精神とは何か。
“〈心〉と同じ意味にも用いられるが,心が主観的・情緒的で個人の内面にとどまるのに対し,〈精神〉は知性や理念に支えられる高次の心の働きで,個人を超える意味をはらみ,〈民族精神〉〈時代精神〉などと普遍化される。この点は語義の成立の過程からも明らかで,洋の東西を問わず心は心臓の動きと関連してできあがり,それゆえ身体内部に座をもつ概念である。一方精神は,それにあたる英語のスピリットspirit,フランス語のエスプリesprit,ドイツ語のガイストGeistが〈風〉〈空気〉〈息〉などを意味するラテン語のスピリトゥスspiritus,ギリシア語のプネウマpneumaに由来するように,個人の身体をつらぬき個人の身体を超えて遍在する広がりをもつ。”ということです。」
と私は、調べてお知らせしました。
「釈迦と槇原氏との大きな隔たり」のヒントになると思います。
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/29(水) 10:24 [編集]

みんなが最高に観えた
先生、こんにちは。

お陰さまで、先週に引越しが無事に終わりました。
月曜日に近所の幼稚園にて未就園児の会があり、参加してきました。
未就園児だけで自由に遊んだあと、4歳児クラスの幼稚園児が手をつないで一緒に踊ったりしてくれました。息子は初めての集団との関わりでとっても緊張していましたが、やっぱり楽しくて嬉しかったみたいです。

お腹を痛めて産んで育てた我が子が一番可愛いに決まっているのでしょうけれど、子どもたち皆のいきいきとした姿を観ていたら、みんながみんな「最高」にかわいくってステキだな~と思えました。

「自分にとって1番」に執着してしまったり、こうして皆の眩しくかがやいているいのちをかんじることで生きているよろこびを感じたり、人間って奥が深いものなのだなと思います。そういう奥ゆきや多角的だったり多次元的に人生をあじわえることが本当にしあわせだなと思います。

ありがとうございます。
NAO [URL] 2014/10/29(水) 11:08 [編集]

みんなが最高
NAOさん。

引越しは無事におわったのですね。
お子さんもいよいよ幼稚園ですか。これからが楽しみですね。
未就園児会で「みんなが最高」に観えたことは、素敵ですね。確かに、「お腹を痛めて産んで育てた我が子が一番可愛いに決まっている」のですが、そこが釈迦と槇原氏との大きな隔たり」なのでしょうか。
澤谷 鑛 [URL] 2014/10/29(水) 11:28 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。