お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/06
企画の展開 4
エンジェル(養成講座5期・6期・7期)

『企画の展開 3』記事の続きになります≫
 最初から読む

さてさて、「あ~た(あなた)の企画」と言われても、何をどうしていいかわかりません。
素直(?)な私は、
「先生、どうしたらいいですか?」
「そうやねえ。まず、画用紙か何かに、【UJI ろまん!】って書いて、改札口にたたなあかんわねえ。」
「はい。(メモる)」
「それでやねえ、宇治橋を渡るんやけど、うんぬんかんぬん。」
「はい。わかりましたあ~。なるほど。へえ~。」
またまた別の日、またまた同じことを聞いてしまう私。「そうやねえ。」とまたまた、同じように説明してくださる先生。
この同じような会話を、3回以上は繰り返していたのです。

最初、先生に、
「下見に行ったほうがいいですかねえ?」
とお聞きしたら、
「いやあ~、下見までせんでもいいでしょう~。」
と答えてくださった先生も、あまりにも同じことを繰り返し聞くもんで、心配になってこられたのか、
「下見に行っといたほうがいいかもしれないねえ……。」
とおっしゃり、16日当日に、自分がオロオロ、あたふたしている場面がありありと浮かんできて、
「下見にいこう!」
と決断しました。

「え~と、休みの日は混むから、平日にと。」
「よ~し、10月10日の、なんかゾロ目(?)の日に決定!」
10日の日は、下見なもんで、時刻表も見ずに、午後からぶらぶら出発。京都駅の奈良線では目の前で電車が行ってしまい、20分も次の電車の出発まで待つことになりました。わお!
私の乗った車両は、リュックをしょった外人さんばっかり!
「へえ~、平日の奈良線は外人さんばっかりなんやあ~。みんな旅行が好きなんやなあ。日本語、できはんのかなあ?」
と暇なので眺めていました。
出発間際になると、日本人の老若男女がバタバタ乗ってきて、
「日本人、おったわ。な~んだ。」
と俗世間に久々に足を踏み込んだ引きこもりの私は、ちょっと、どきどき気分でいました。

混み合うこともなく電車は出発し、ぼ~と窓から景色を眺めていました。すると青い空に、一本の白い筒のような雲が見えた! それは蛇のお腹のような、鱗があるようなそんな感じ。
「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、それって、龍神様?」
びゅんびゅん過ぎていく景色のなか、窓ガラスに食い入るように顔をへばりつけ、その雲に釘付けになっていました。するとどうでしょう! 今度は、白い雲に輪っかの虹が見えました!
「(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-、すっげえ~。すっげえ~。」
思わず叫んでしまった私! あまりにも品のない言葉が口から出て、あわてて周りを見渡しました。隣のかわいい女子大生はイヤホンをして、ウトウトしていたので、「聞かれてないな」っと、ほっとしました。すぐさま、窓に目をやり、やっぱり、自然と「すっげ~。すっげ~。」と出てしまうのでした。
私はもう大興奮で、「きっと、いいことがある! 絶対にこれから、私はよくなる!」と確信し、鼻息、ふんふんしていました。

大興奮で期待を胸に、宇治駅に到着。
「え~と。ここが改札口ね。結構、広いじゃん。」
といい調子で階段を下りていきました。すると、はたっと。
「ここはどこ?」
見知らぬ別世界に来たように、今自分がどこにいて、どこに向かって行ったらいいか分からず、頭の中がまっしろになりました。まるで、足を鎖で縛られているかのように、2~3歩動くけれど、恐怖でそれ以上進めないのです。
「え~~~っらいこっちゃ!」
と焦るばかり。平日なんで人もあまりおらず、その人のいるところまで、歩いていけない自分がいる!
「うっそお~!」
「あっ、交番?」
と目をやったら、公衆トイレが目に入り、
「あっ、トイレにいっとこ!」
と思ったら、すっと足が動いたのです。
「このトイレ、めっちゃきれい。ここで、トイレの案内してもいいかも。」
と出てきた時には、冷静(?)な自分がいました。
「ふう~」

気を取り直して、地図を見て、
「確か先生、左に行ったらって言ってたかな?」
と進み始めましたが、今まで見たことのない景色に(;ω; ))オロオロ (( ;ω;)オロオロ。やっと、人を見つけて、
「宇治橋どこですか?」
って聞いて、方向は間違っていなかったことに安心しました。
今まで、養成講座の仲間と一緒に歩いていた道なのに、人の後を、それも友達とおしゃべりしながらついていっていたので、周りを全く見ていない自分に、びっくりしました。
「下見に来て正解だった。やっぱり、私は運がいい?!」
時計を見ながら、先生に言われた箇所を確認しながら、
「なんとかなる!」
と、確信して、宇治を後にしました。ほっ。やれやれ。なが~い半日でした。でも、な~んか、嬉しい自分がいました。

なんとか、下見を終えました! さてさて、次は当日です。まだ続くんです。お読みいただき、ありがとうございます。(つづく)

『企画の展開 5』へ続きます

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

明るい確信
エンジェルさん おはようございます

ほんとうに!! エンジェルさんの表現力には感心しっぱなしですよっ

「そうやねえ。まず、画用紙か何かに、【UJI ろまん!】って書いて、改札口にたたなあかんわねえ。」
先生とエンジェルさんの台詞のやり取りがおもしろくって~
思わず笑っています(´∀`*)ウフフ

「きっと、いいことがある! 絶対にこれから、私はよくなる!」という確信が
エンジェルさんの心を明るくかがやかせ、しあわせな人生を展開させているのだな……
そして
エンジェルさんの明るい心が、周りの人たちの心を明るくし、しあわせな人生の実現のサポートをしているのだな……
とかんじられました

ありがとうございます
NAO [URL] 2014/11/06(木) 08:38 [編集]

NAOさんへ
NAOさん、今日もお読みいただき、コメントをくださり、本当に感謝しています。

表現力って言われましても、先生との会話はそのまんま、ですから。というか、見たまま、聞いたままデス(笑)。

私は先生が本当に、根気強いんだなあと感心?しています。それでも時々、「あ~、めんどくさいねえ~、あ~たは!」と先生が切れる?ときがあります。(そらそうですよね~。)
名古屋の彼女だって、時々、本気で怒るんですから、きっと、そんな懲りない?私なんだと思います。(なぜか他人事のよう?)

でも私、「私は運がいい!」って、固く信じて疑わないのです。だから、私の周りの人は運がいい人ばっかりです。澤谷先生もそうだし、名古屋の彼女もそうだし、仲良くなる方は、みんなそう!

だから、NAOさんだって、運がいいでしょ!養成講座に来られる方は、なんだかんだ言って、運がいいんだと思います。

NAOさんにほめて?いただいて、しっかりNAOさんにしあわせのサポートをしていただいています。NAOさんこそ、しあわせな人生の実現をサポートしておられるのだといつも感じて、尊敬し、感謝しています。

本当にNAOさんに支えていただいているのです。嬉しいのです。いつもいつも、いつだって、ありがとうございます。

エンジェル [URL] 2014/11/06(木) 19:41 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。