お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/22
生命力と心の秘密の視点と視座〈その②〉
山口 悟(養成講座6期・7期)

雑談として書いています。ミウラ折りで有名な三浦公亮東大名誉教授は、構造物の壊れる研究をしていて、壊れない形を発見したのですが、澤谷先生は『折れた翼がよみがえるとき~絆のむこう~』(ジュピター出版)という書籍を以前出版されましたね。

三浦教授は、ぐしゃぐしゃになった構造物を調査研究したさいに法則的に連続する形を見つけ、その壊れたパターンの美しさに真実があると睨んだわけです。

人間も人生でそれぞれ失敗した場合、人生自体がぐしゃぐしゃになったように感じます、修復不可能のように……。しかし実際は、その人生を展開させてみるとなにがしかのパターンがあったりします。澤谷先生は、そのパターンをよく吟味できると、折れた翼がよみがることがあるといいます。

三浦教授は、本質的なミウラ折りの効率の良さについて、自然界には何億年も前から存在し、三浦教授は研究した結果、そこにたどり着いたといいます。昆虫が羽根を折り畳む時のシステムや植物の開いたり萎んだりするシステムの中に既にあったものだと……。

今回の『こころの秘密を解き明かしいのちの力を探る』ことは、「折れた翼がよみがえる」というダイナミックなプロセスを学ぶことになるように思うのですがどうでしょうか。

《ご参考》
NTTコムウェアのCONZINEというウェブサイトに『かしこい生き方のすすめ』というコーナーがあり、2007年6月号(第61回)に三浦公亮東京大学名誉教授がインタビューを受けています。詳しくはウェブで確認下さい


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

自然界というものは、なんとすごいものなんでしょうか。

自然界のなかに、すべてがある?パターンがある?そのなかで生きてきている私たち。

壊れないものを創るために、壊れるものの研究をされた三浦教授。それを追求していった結果、自然界のなかに何億年も前から存在していたことにたどり着く。自然界が原点ということでしょうか?

人生を展開させる中にあるパターンとは、法則のことでしょうか?

大自然のリズムに沿って生きるとか、「大自然」という言葉を聞いていましたが、何億年も前から存在するもの、法則に沿って生きるということなんでしょうか?

頭のなかがパンパンになってきましたが、逆らえない絶対的なものがあるということなんでしょうか?

ダイナミックなプロセスを学ぶ。でかすぎて、想像がつきませんが、なんともこころを掻き立てられるような、待ちきれないような、駆け足しているような、そんな気分です。はやくご講演をお聞きしたいです。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/11/22(土) 15:01 [編集]

とてつもなくダイナミックないのちを生きている
山口先生 こんばんは

今日も拝読でき感謝しています

‘‘法則的に連続する形を見つけ、その壊れたパターンの美しさに真実がある’’
ああ…そうだったのか~と、言語化されていなかった感覚を美しい表現で確認できたようなうれしさ、おもしろさ、安心感、と同時に、のんびりしてはいられない、とザワザワするような気持ちです。

人生自体がぐしゃぐしゃになって修復不可能に思えていたけれど、丁寧に紐解いていくと‘‘なにがしかのパターン’’を次々と発見するたび、わが人生ながら、とてもよい体験ができた! ああ生きていて良かった! ありがとう! と感動し、今此処に存在している喜びでいっぱいになることが何度もありました。

ぐしゃぐしゃになっていた現実のなかにも、実は、いつも無条件の愛が組み込まれていたことに気づき、そこには感謝しかなかったのだと思えたんです。


‘‘『こころの秘密を解き明かしいのちの力を探る』ことは、「折れた翼がよみがえる」というダイナミックなプロセスを学ぶことになる’’
いのちは、人間の想像を遥かに超えたダイナミックなものなのですね。
「折れた翼がよみがえる」のに、魔法はいらない……わたしたちはみな、完全なるいのちそのものだからなのでしょうか。

心の扱い方がわからなくて、迷い傷ついたとしても、完全なるいのちは傷つくことがない……この確信、いのちへの信頼をもって、人生の中で愛を如何に表現しながら生きてゆくか。
よみがえった翼をはばたかせてみよう。
‘‘『こころの秘密を解き明かしいのちの力を探る』ことは、「折れた翼がよみがえる」というダイナミックなプロセス’’をわたしなりに人生のなかで表現していくことができたら、いいな。
と思いました。

いつもありがとうございます
NAO [URL] 2014/11/22(土) 16:46 [編集]

頭のなかがパンパン
エンジェルさんへ

コメントいただきありがとうございます。
熱心に読んでくださっていて感謝します。
雑談ですから、頭の体操程度によんでください。

 〝大自然のリズムに沿って生きるとか、「大自然」という言葉を聞い ていましたが、何億年も前から存在するもの、法則に沿って生きる ということなんでしょうか?〟

生きているという事実から、〝生かされている〟という気づきをもつ
と良いですよね。

見えている事実は、見えない何かを表現しているということが、エンジェルさんの冒頭のコメントだと思うのです。


 〝自然界というものは、なんとすごいものなんでしょうか〟

楽しいですね!

山口悟

山口 悟 [URL] 2014/11/23(日) 17:23 [編集]

飛躍するということ
NAOさんへ

コメントいただきありがとうございます。
NAOさんの体験された、人生の事実から何度ももらった喜びが知りたくなりますね。きっと多くの方がその経験に救われるのでしょう。

〝ぐしゃぐしゃになっていた現実のなかにも、実は、いつも無条件の愛が組み込まれていたことに気づき、そこには感謝しかなかったのだと思えたんです。〟

現実の経験のから『愛』を探しだし感謝すると、喜びに変わるということですね。まさにピンチはチャンス…。

確かに高くジャンプしようと思うと、一旦ぐっとしゃがむ動作が必要ですね。

それも何度も練習して〝高く飛ぶこと〟と〝低くしゃがむこと〟がひとつに上手につながると力を発揮する結果が段々と伸びるのですよね。

〝力〟を発揮するの構造って不思議ですね。

山口悟
山口 悟 [URL] 2014/11/23(日) 17:45 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。