お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/24
水は永遠に濁らない
澤谷 鑛


仏向上と仏向上心

 道元禅師は、人間の存在の本質を「仏向上(ぶっこうじょう)」といい、それを現実的に現すものとして「仏向上心」と『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』に著しました。
 完成されたものが完成されたままに拡大・向上を遂げる「仏向上」の世界を認識できる心を「仏向上心」というのですね。
 もっとシンプルに考えると、私たちの存在が主体であるならば、肉体は客観的な道具であり、心は主観的な道具といえるでしょう。
「仏向上」が本来の私たちであり、現実を創り出す道具として、肉体や心があるのですね。

母と子

 初めての子どもが生まれた時、人間はすごい力を持っている、と感じました。お乳を飲むことでした。誰が教えたわけでもないのに赤ちゃんはお乳を吸うのです。
 その時、卒琢同時(そったくどうじ)という言葉が思い浮かびました。卒とは、ひよこが卵の中で吮(す)う声のことで、啄とは、にわとりのお母さんが外から殻を噛むことだと辞書に書かれています。
 自分の嘴(くちばし)で卵の殻を楽に生まれるように突っつくのですが、確実に卵の中のひよこの嘴に当てるのだそうです。
 赤ちゃんにとって、お乳を飲むことは「しあわせ」であり、「進歩・向上」することであり、「自由」なことです。これは外から付け加えられたものではなく、元々赤ちゃんに内在していたということです。人間は赤ちゃんの時から、それらを持っているのですね。
 無心にお乳を飲む子どもを見ながら、おだやかにほほえんでいる家内が印象的でした。
 その子が成人し、結婚し、初めての子どもを生んだ時、子どもにお乳を与える姿に、家内がこの子と重なり、この子が赤ちゃんと重なりました。

心の正体

 心というのは、私たちの抱える現実と同じで不変ということはありません。心はコロコロと変わります。その心を何とかしようとしても、何ともならずコロコロと変わります。この心を安定させるためには、心を相手にしてもなんにもなりません。安定したと思ってもコロコロと変わるのですから、その心は、何時不安定になるかわかりません。
 おそらく、心を安定させるための努力は永遠に不安定の中で行われることで、安定させるためには、心がどちらを向いて何を感じるか、すなわち、心の志向性の目的にこそ、心を安定させるポイントがあるのではないでしょうか。

本来もたないものだからこそ

 私たちは、恨み・憎しみ・恐怖・不安・怒り・自分自身をとがめる思い、また罪の自責の思いなどが、何故起こるのでしょうか。それは、恨み・憎しみ・恐怖・不安・怒り・自分自身をとがめる思い、また罪の自責の思いなどは、私たちが本来持たないものだからなのです。持たないものだからこそ、その感じが起こるのです。というと、不思議な感じがするかも知れませんね。

手についた墨

 私たちの手に墨がつくと「手が汚れたから手を洗おう」とします。手に墨がついて手を洗いたいと思うのは、本来の私たちに戻りたいからです。墨は手(私たち)ではないからなのです。デトックスするものは、私たちの心の中にあるものですが、私たちではありません。本来、墨が私たちのものであるなら、洗いたいとは思わないでしょう。手を洗い墨が流れ落ちて手が綺麗になるのは、墨が私たちではなく別物だからです。
 しかし、墨は別ものなのだから、手には汚れはないのだから、洗う必要はない、という理論も成り立ちそうですが、本来汚れているのなら洗いたいとは思わないでしょう。手を洗い、墨が流れ落ちて手がきれいになるのは、それが本来の私たちだからです。だから、私たちは本来清浄であるからこそ、デトックスし浄める必要がある、とも言えるのです。

水は永遠に濁らない

 では、デトックスするものを持たない私たちという存在はどのように認識したらよいのでしょうか。ここに「水は永遠に濁らない」という論が出てくるのです。
 本来の私たちである手は、H2O(水)であり、墨(濁り)がついても、墨は私たちではなく、実は墨がついたままの手も、手は水であり、墨は濁りであるから、手は濁りなき水であり、墨の濁りとは別であるといえます。
 本来清浄(濁りなき水)であるがゆえに、濁りの自責の思いが起こる、ということが解れば、「永遠に濁らない水」という私たちの存在と「濁りの自責の思い」という私たちの心の問題とは、まったく別物であるということも分かります。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

「水は永遠に濁らない」
心を安定させるための努力は永遠に不安定の中で行われる

この言葉が大好きです。養成講座で学び始めて、ちんぷんかんぷんの中で、この二つの言葉だけ、なんとなくわかるような気がしたからです。

その水は私の中では、太陽の光を浴びて、キラキラ輝く水なんです。
そして、永遠に不安定の中で行われるということは、不安定で普通なんだとわかって、安心したんです。

いろんなことに惑わされて、人と比較して、愚かなことをしでかして、落ち込んだり、絶望したり、ココロはコロコロ目まぐるしくて、忙しい。学んでいるはずなのに、すぐにぶっ飛んでいく。

その度に先生が、仏向上のことをおっしゃってくださる。「それを信じないといけない。」自分に内在している人間の存在の本質にたち戻れる。太陽の光を浴びてキラキラ輝く水を見る。力が抜けていく。

学ぶって、こういうことなのかな。どこを見て生きていくかなのかな。まだこんな段階。

先生は「焦らなくていいよ。ゆっくりやりなさい。」とおっしゃってくださる。仏向上があるから、大丈夫だと信じてくださっているのだな。じっくり学んで行こうと思います。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/11/24(月) 21:06 [編集]

本来清浄なわたしたちをかんじる
先生、こんにちは。

人間は赤ちゃんのときから、「自由」に「進歩・向上」することに「しあわせ」を感じながら生きているのですね。

自由に手足をぱたぱたと動かしたり、無心にお乳を飲んだり、なんの不安もなく平安のなかで眠っているわが子を思い出すと、人間は生まれながらに「しあわせ」を感じる心がそなわっているのかなと思いました。

「仏向上心」は、のびのびと「自由」に「進歩・向上」することに「しあわせ」を感じる心なのかなと思いました。

‘‘恨み・憎しみ・恐怖・不安・怒り・自分自身をとがめる思い、また罪の自責の思いなどは、私たちが本来持たないものだから’’、これらの思いが心にあると苦しみを感じるのですね。

わたしたちは‘‘本来清浄’’だから、「しあわせ」を感じることができ、しあわせな人生を実現することができるのだろう。「仏向上」が存在の本質であるわたしたちには、しあわせな人生を実現する力がそなわっているのだなとかんじています。

何度、拝読しても感動・感激します。あらためて、ありがとうございます。
天沼 直子 [URL] 2014/11/25(火) 10:41 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。