お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/25
自然と一体となって、風になったように
ラブ(養成講座6期・7期)


私は今年、人生で初めての挑戦をした!
東北応援プロジェクトのひとつ、ツールド東北に参加し、
自転車(ロードバイク)で100キロを走るコースに夫婦でエントリーした。

練習では60キロを何度かトレーニングしたが、
かなりハードなトレーニングだったので、
当日は100キロという距離を完走できるのか、途中で膝を痛めたりしないか、時間内に完走できるか、いや、最後まで体がもってくれればいい。
未知の世界への不安と恐怖が数日前から襲った。

いよいよ当日!
夜が明ける前に現地に集合し、
約3000人が、順繰りにまとまってスタートしていく。

スタート直前、

走るしかない! 楽しむんだ!
走りきった後の世界は、走った後にしか分からない!

ペダルをこぎ始めた。
もう走り出したんだ!
初めて見る景色、見知らぬ土地で走っていることがすごい!

しばらく走ると、3階建てくらいのビルが横倒しのままの光景を目にした。
あの時のままなんだ。

沿道にプレハブ住宅が並んでいる。

道路近くまで、地元の方々が出てきて、応援してくれている。
うれしかった、一気に力がわいた。

山の中に入り、木と木の間から、美しい海が見える。
苦しさより、海がきれいだったことを今でも思い出す。

20キロ地点に1ヵ所あるエイドステーションで食べた、つみれ汁、当日水揚げされたばかりの、ホタテ焼きがじつに美味しい!
海沿いを気持ちよく、ぐんぐん走る、青空と海の青がどこまでもつづく。
こんなに穏やかな、美しい海だったのか。
苦しい坂道で、地元の小さい女の子が、『あとちょっとで、おいしい茶碗蒸しだよ~!』と大きな声でライダー達に声をかけてくれた。
あとちょっとがんばるぞ! という気になった。あわび入りの茶碗蒸し、美味しかったよ!
ひたすら走り、折り返し地点! あと半分だ!
行きは楽だった下り坂! ということは、帰りは上り坂……
傾斜がかなりある坂、
絶対に降りないと決めてペダルをこいだ。
のぼれた!
あとは長い坂をのぼる、頂上(平地)を目指して、肉体の重さを感じながらこぐ。
『上りがあるということは、必ず下りがあるということだから、大丈夫!』
誰かが言った。
最後のエイドステーション、カレーとノンアルコールビールが最高だった!
行きに、一緒に走らせてください! と言ってきた女性となぜか縁があり、
ともに乾杯し、あとちょっとがんばるぞ! と言い合い、ゴールに向けて再び走り出した。
残り20キロ! 走れる!

夫の後ろにつき、川沿いをスピードアップして走る、向かい風は少ない。

すると雨が降ってきた、ゴールに近づくたびに、土砂降りの雨になった。
びしょ濡れなうえ、タイヤが跳ね返す雨も浴びながらも、かまわず走る!

ラストスパート!
やっと戻ってきた!
ゴールだ!
最後は並んでガッツポーズをした。
『ヤッター! ゴール!』と叫んだ。

スタートから何度も見たサイクルコンピューター(何キロ走ったか、今の時速が、などが分かる)
本当に『100キロ』という数字を表示していた!
スタートから約7時間半。よくやった!
自分の限界を超える(自分で作った思い込みの世界を壊す)挑戦だった。

青空の時も、雨の時も、自然と一体となって、風になったように走った。
ひたすら無心に走った!
そこには、嫌いな自分はいない、
ただ自然の一部なんだと感じるだけだった。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

挑戦
ラブさん、おはようございます。
風のように走った、その感動が伝わって来て、涙が出ました。
ツールドを終えて、話しを聞いても、こうして文章で表現されたものを読むと、情景が目に浮かぶ様で素晴らしいなと思いました。

夫婦二人で経験出来た事も良かったですね。

この事がラブさんのこれからの人生により大きな自信となることでしょう。

ありがとうございました。
なな [URL] 2014/11/25(火) 08:55 [編集]

ラブちゃん、おはよう。

わたしも目頭が熱くなりましたT^T

ツールド東北という自転車レースを通して、まるで人生をあらわしているように感じたよ。
ラブちゃんは、のびのびと自由に生きているんだね。
よかった!よかった!

ありがとう☆*:.。.
わたさと [URL] 2014/11/25(火) 10:03 [編集]

東北の風
あの東日本大震災から3年。
未だ復興中の仙台。
その地を100km、7時間半も掛かっての完走。苦しいツーリングの合間に食べた、地元で穫れた魚のつみれ汁、ホタテ、あわびの美味だった事。その時の感動が
真っ直ぐに伝わって来る様です。正に体験した人でしか語れないストーリーでした。
成し遂げた後の達成感と爽快感は一生の宝となるでしょう。
マサ [URL] 2014/11/25(火) 13:54 [編集]

自然と一体になって、風になったように自分の限界を超えて、100キロを走り抜けられたのですね。素晴らしいです!

キラキラ輝く太陽、キラキラ輝く海、キラキラ輝く汗、不安と恐怖、苦しみを乗り越えたキラキラ輝くラブさん!なんて気持ちよく、爽やかなんでしょうか。ラブさんが眩しいです。

東北を応援するライダーの方々、そのライダーを支え、おもてなしする東北のスタッフやボランティアの方々のこころが本当にひとつになったのだなあと感動しました。

自分の限界を超える(自分で作った思い込みの世界を壊す)挑戦をご主人とともにされたラブさん。本当に素晴らしいです。自分で決意さえすれば、できるんですね!自然が仲間が家族が支えて、応援してくれるんですね。

ラブさんがラブさんらしく輝いで、生き生きのびのび自由に楽しんで生きておられるのですね。これからもずっと、ずっと。素敵です。

キラキラ輝くラブさんを応援しています。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2014/11/25(火) 16:57 [編集]

なな様
体力、運動に自信が持てなかったけど、
トレーニングを重ねていくうちに、
スピードが出せ、体が強くなったことを実感しました。当日、完走できたのも、
100キロを見据えて、トレーニングを付けてくれた夫のおかげだと思います。
トレーニングが厳しい!と感じたけど、
後に、苦しさだけではない、
貴重な体験させてもらいました。

ラブ [URL] 2014/11/26(水) 09:44 [編集]

がんばってくれて ありがとう
ラブさん こんにちは

大自然のなかに存在している熱い喜びを感じ
いきいきと生きているラブさんは今
ご家族みな様にあたたかいしあわせを感じさせているんですね

ラブさん♡ 
すばらしい体験をしてくださって
ありがとうございます!!

ラブさんの熱くあたたかいしあわせを感じ
わたしも今とてもしあわせです

ラブさん♡ ありがとう♡
天沼 直子 [URL] 2014/11/26(水) 09:52 [編集]

わたさとさんへ
天気や坂道は人生のようだなと思いながらペダルを濃いでいたのを思いだしました。

平坦な道も楽しかったけど、山を上りきった後の下りも格別で、
どれも良い思い出になりました☆

ラブ [URL] 2014/11/27(木) 05:29 [編集]

マサさんへ
本当に一生の宝となりました☆

今でも鮮やかな記憶がよみがえります。

このような経験ができ幸せです。ありがとうございました。
ラブ [URL] 2014/11/27(木) 05:33 [編集]

エンジェルさんへ
スタッフの方々、ボランティアの方々に、よくしてもらいました。
ありがたいなぁと感じました。
そして、約3000人の参加者のみなさんがいたから、走りきることができました。
一人じゃないんだなぁと思いました☆

ありがとうございます。
ラブ [URL] 2014/11/27(木) 05:42 [編集]

天沼 直子さんへ
なおさんへ
大自然の中に存在していることを体感することは幸せなことですね。

私の体験した話を聞いて、自分も行ったみたいな気持ちになると言ってくれた友達がいました。
みたいな 経験 を共有してつながっているような不思議に感じました。
ありがとうございます。
ラブ [URL] 2014/11/27(木) 05:50 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。