お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/29
いのちあふれる世界
桜 美穂(養成講座2期・3期・4期・5期・6期)

澤谷先生 こんばんは。
今日はスカイプでお話していただいて、ありがとうございました。

先生のお言葉を聞きながら、とても静かなまっさらさらな世界に導かれていることを感じました。

澤谷先生の透明度は半端ない、それはすべての色の光を混ぜれば無色透明になるのと同じであり、先生は無色でありながらすべての色を持っておられ、すべての色を持っておられながら無色なのだと、先に、自分が記事に書いたことが、後から思い出されてきました。

そのように感じたのは、お出会いした次の年のことだったと思います。

そして、そのように先生を拝見していながら、実はわたしは、いつも自分の中のまっさらさらないのちを見ていたのだと気付きました。

顕在意識で知っていたのではありませんから、そうとは気づきませんでした。
でも、自分がそれを知らないのに、どうして先生にそれを見出すことができたでしょう。
わたし自身が、いつもいつもどのような色にでもなれるすべての色を持っていた。
すべての色と無限の可能性を凝縮した種のようないのちを。

今も、そのいのちを生きているのですね。
いろんな色にそのいのちを展開させ、いろんな色になれるけれども、いつでも、無色透明のところに自在に戻ることができるいのちであるのだと感じます。

思考や心の思いはすべて後からくっついてくるもの。
その奥にあるいのちは、こんこんと湧き出る清水のようにただただ無色であるように感じます。

なんという凄まじいいのちの力かと思います。
生きようという意識もなく、ただ生きようとしているということのなんという力。
いや、それとも、生きようという意識をいのちは持っているのでしょうか。

そのいのちを溢れさせている本質が、更に奥に、あるのでしょうか。

そのあたりに唯識の本当の深みがあるのでしょうか。

心を澄ませてそこを見つめようとすると、果てのない真っ暗な宇宙の空間に落ちていきそうな怖さと懐かしさ、めまいがするような不思議な感覚を覚えます。

澤谷先生の元での学びがこんなところに来るとは、今まで思ってもみませんでした。

こんなにも生き生きといのちにあふれる学びに入っていける。
こんなにも、生き生きとしたいのちにあふれる世界があったことが、まだ信じられない思いです。

今迄からもたくさんのことに気付かされてきましたが、ここに至るまでのすべては、ただ準備でしかなかったのだと感じます。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

独特の世界をみせられる
桜 美穂さん。

養成講座を5年も学ばれたというのも凄いですが、このご文章も凄いですね。澤谷さんではないですが、凄味があります。

私は、高校一年、二年の二年間、澤谷さんに学びました。というか、澤谷さんを通して、人間や人生の根源的なものを学びました。

最近、澤谷さんのフェイスブックを読んでいて、昔々、「いのちのほんとうの姿」というと矛盾を感じると言いながら、いい表現がない、というような言い方に、独特の世界をみせられたように観じていましたが、唯識の十識で「真我の本体」という表現に、一見矛盾を感じる表現に、やはり独特の世界をみせられたように思いました。

桜さんの思いがよくわかります。
CAMELLIA [URL] 2014/12/29(月) 19:48 [編集]

CAMELLIAさん
みずみずしくやわらかい高校生の感性で、早々と
澤谷先生のお教えに触れられ、学ばれたとは
とても素晴らしいことですね。
どんなにか深く豊かに、お心を耕されたのでしょう。

ただ、夢から覚めるというそれだけのために
養成講座で5年間迷い続けたと感じますので
それが凄いと言われることであるのかどうかはわかりません。
澤谷先生の半端ない透明感は凄味そのものであると感じますが、
わたくしの記事が凄いかどうかも、自分ではよくわかりません。

しかし、凄味をお感じ頂けるというのは、最高の歓びです。
ありがとうございます。

コメントを拝見して、凄味、凄いとは何なのかと考えさせられました。
そして、養成講座三期の時に、同じ疑問を抱いたことが思い出されました。

当時のメーリングリストに、このように投稿しています。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


わたしのメールがなくなったとのことで、先生からメールをいただきました。

 もしかしたら消したのかもしれません。
 申し訳ありませんが、もう一度教えていただけますか? 
 もの凄いメールの数で、さくらみるくさんだけを選び出しても、見当たりません。
 申し訳ありませんが、よろしくお願いします。

わたしは、何の気なしに

 ものすごい数のメールですか(笑)。ご充実ですね。お喜び申し上げます。

と、お応えしました。

すると、先生から

 凄味というのは、怖いという意味で使われる場合がありますが、
 すべて伝わるものには、凄味というものが横たわっているように思います。
 だから、誰にもあるものなのですね。
 ありがとうございました。ご面倒さまでした。

と、お返事が来ました。

出先で携帯で拝見したのですが、鋭く虚を突かれて
理由もわからず泣きました。
勝負しているわけでもないのに、あまりにも圧倒され
完敗したと感じました。

自分の姿勢の甘さに気付かされました。
本気で生きようとしているのかと問われて、
のど元に真剣を突きつけられた。
本気で生きろと、揺さぶられた気がしたのでした。

こんな些細な機会すら見過ごされずに養われている。
輸血を受けるように命を学ばされていると感じるのは、こんな時なのですね。

今年の春に、澤谷先生は「セミナーでもカウンセリングでも、
生き生きと躍動する生命力が無ければなんともならない」と言われ、
「一番大事なのはそこだったのだ」と、目が覚める思いで伺いました。

「凄み」とは、その時の先生のお言葉に、真っ直ぐに通じていくものなのでしょう。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


当時の、震えるような感動がよみがえり、体まで熱くなります。
言葉足らずですが、CAMELLIAさんに、またお読みくださる他の方々にも、
なにか伝わるものがあれば嬉しく思います。
凄味とは、命のほとばしりなのでしょう。

それは、個人ののたくらみや努力でコントロールできるようなものではない。
奥底からつきあげてきて、わたしたちを突き動かすもの。

どの瞬間にもわたしたちはそのような命を生きていることに間違いないのですが
触れただけで切れるような、身震いするようなところがある。

そのようなところこそ、「いのちのほんとうの姿」が
表れているところであり瞬間なのではないかと感じます。

来春から再び、澤谷先生の養成講座に戻ります。
いのちの本当の姿を追い求める学びに戻るのでしょう。とても楽しみです。


今年も、寒椿の季節になりましたね。

CAMELLIAさんにとって、素晴らしい年末と新年になりますように
心からお祈りしております。
桜 美穂 [URL] 2014/12/31(水) 18:35 [編集]

いつもありがとうございます。

桜さんのご文章から、本当に、迸るまっさらさらの命の息吹を感じます。透明な水しぶきが上がり、そこに七色の虹が架かっているようです。

とっても清らかで、とっても気持ちがいいのです。

命を吹き返したかのように、養成講座に戻ってこられることが、本当に嬉しいのです。

今年一年、どうか宜しくお願い致します。
桜さんのますますのご活躍を応援しています。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2015/01/01(木) 16:45 [編集]

エンジェルさん
コメントくださり、ありがとうございます。
エンジェルさんのお言葉を拝見していて、自分の心が、みずみずしくまっさらさらに溢れていることを感じて嬉しくなりました。

わたしの文章から、迸るまっさらさらの命に息吹をお感じになられるのはなぜでしょうか。エンジェルさんの中に同じお命が豊かに息づいておられるからに他なりません。

自分の中にないものを、どうして他の人に見出すことができるでしょうか。


エンジェルさんのお言葉を拝読しながら、エンジェルさんのみずみずしい命を感じて嬉しくなり、また、それを感じられる自分のみずみずしい命の溢れをも感じて、ますます嬉しくなりました。

このように、お互いにあふれる命を交わらせられる瞬間ほど嬉しく楽しく、心ふるえることはありません。

エンジェルさんと今、このように交われることが、本当に嬉しいのです。

この、イイ感じを保ちながら来期の養成講座にとつにゅーしたいですねえ。(笑)

エンジェルさんを見習い、たくさんのことを学びながら、共に美しいハーモニーを奏でまくる一年が始まるのだと思います。とても楽しみです。

どうぞよろしくお願いいたします。^^
桜 美穂 [URL] 2015/01/01(木) 23:50 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。