お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/17
今日も生きていきます
わたさと(養成講座6期・7期)

昨年の春、検診でおなかに腫瘍が見つかり、最短の日程で手術をしました。
その後、一ヶ月程入院をしていましたが、疾病のための障害を持つことになり、抗がん剤治療を6回行いました。
抗がん剤治療を終えて、早いもので半年が経ちました。
現在は月に1度、診察や血液検査・CT検査などのため、通院しています。

抗がん剤治療を行う前、わたしは医師や看護師さんが勧めるままにすぐに抗がん剤治療を受け入れたわけではありませんでした。
抗がん剤の副作用に対する不安はもちろん、ありました。

結局、わたしは5月末に予定していた子どもの保育園の親子遠足にどうしても行きたかったので、そのまま入院を継続して1回目の抗がん剤治療を受けると副作用が落ち着いてきたころにちょうど遠足に行ける! という理由であっさりと(?)抗がん剤治療を受けることを決めました。

とはいえ、6回の治療期間中に一度も迷いがなかったわけではありません。
昨年の夏ごろ、わたしはFacebookにこんなことを書いています。

今日からまた2泊3日で入院しています。
5回目の抗がん剤治療のためです。
ほんとうは先週、入院の予定でしたが、入院予定当日の白血球の値が低かったため、一週間延期になったのです。
4週間前、4回目の抗がん剤治療後にWHOで抗がん剤についての発表の記事をFacebook上で知ったあとから、抗がん剤治療をやめようかと考えていました。
その2週間後、白血球の値を確認する採血のために病院へ行きました。
わたしが抗がん剤治療をやめたいと思っていることを主治医に言おうかどうか先生に会う直前まで迷っていましたが、抗がん剤治療をやめるかどうか決心がつかなくても、わたしがやめたいと思っていることや副作用に不安を感じていることだけは話しておいた方がいいと思い、先生に話すことにしました。
わたしの話を聞いた先生は「(抗がん剤の害毒を認めたことをうけ「抗がん剤を使わせる指導」を撤回することが決定した)とは何のガンの抗がん剤についてのことですか?」と、訊ねました。
わたしが読んだ記事には何のガンとは書いておらず、ただ抗がん剤とあったことを話しました。
先生は「私はガン治療の現場で働いていて、毎月学会にも出ていますが、そういう発表は聞いたことはありません。」
そして、わたしの病気(卵巣ガン)の抗がん剤の種類・投与回数・投与間隔について再度、説明を受けました。
しかし、それはあくまでもデータ上、適切と思われる薬・回数・間隔だと思う。わたしの場合はどう考えますか? と訊ねたところ「抗がん剤治療に耐えられないくらいの高齢・体力のない方の場合、腫瘍ができるなど悪化してきたらその都度、抗がん剤を投与するなどして、ガンと一緒に生きていくということもありますが、わたさとさんはそういうイメージは私にはありません。わたさとさんはまだ若いし体力もあるので、抗がん剤を(6回まで)やって病気を治して、寿命まで生きるというイメージです。」と言われました。
先生のことばを聞いた途端わたしは「(抗がん剤を)やります。」と言っていました。


友人からは、抗がん剤治療の途中にも栄養補助食品や代替医療を紹介してもらっていました。そしてもともと東洋医学的なものに関心があるので、そういう治療を受けることも考えました。

でもわたしは、主治医の「抗がん剤をやって病気を治して、寿命まで生きるというイメージです。」という“イメージ”ということばだけで決めました。
それまで、“イメージ”なんて漠然とした表現で話すことのなかった先生が、このやり取りのときに使ったことにわたしは驚き、そしてビビッときて決断しました。

世の中にはガンやその治療に対する情報はたくさんあります。わたしの知識・情報といえば、本を2冊ほど、あとはネットサーフィンでザザッと読んだ程度です。ガン患者本人がそれらを全部知ったところで判断できるどころか、余計に迷ってしまいそうです。

それよりもわたしは、自分が病気になって感じたことは、『こころ』がいちばん重要。(もちろん、あらゆる場面においてこころは大事なのですが。)
特に身体の状態は、こころからあらわれているものだと思うので、身体を治したければこころを見つめることがとっても大事だと思います。その点で、運よくちょうどいまわたしは澤谷先生はじめ養成講座生の方々との関わりのおかげで、こころを練る道に居られるのだと思います。

ときに、不安になることもあり、怒りを感じることもあり、罪悪感に苛まれることもあり……。そんなときはただ、その感情が出たな~出ていったな~と流していけばいいのですね。身体が食べたものを栄養として受け取り、汗や尿や便などで排出していくように、こころも溜めずに流して浄化していけばいいのですね。
それは生きている限り、続いていく自然なことなのだと思います。

わたしは今日も生きていきます。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

こんばんわ
わたさとさん 私も悪性リンパ腫という病気でしたので 読ませていただきながら どこか 心配の目で見ていた自分に気づきました。また わたさとさんは 大丈夫だと 確信した今日です。
一杯本を読んだので 化学療法中は しんどいだろうから 落ち着いたら よかった本を渡そうと思っていたのですが 不要でした。

7年前か 澤谷先生に あなたの病気は 大丈夫ですよ と 仰られた言葉を思い出しました。その前に いくつも 体験談のような話を聞かせていただき 最後のほうで 仰られたことを覚えています。私を信じて 本物を見て 仰られた言葉だったから 医師の言葉が 飛んでいくほど 響いたのだと思います。
人は実際に体験しなくては 真の理解にたどりつくのは 難しい 大きな 大切な体験を経て 今後 おおきな飛躍をされるのだと思います。読ませていただき ありがとうございます。 
ゆらり [URL] 2015/02/17(火) 23:30 [編集]

ゆらりさんへ
コメントありがとうございます。

ゆらりさんも抗がん剤治療を受けられたのですよね。
そしていま、お元気で過ごされている☆*:.。.

わたしは、いまのゆらりさんしか存じていませんが、ゆらりさんはほんとうに自然体に生きていらっしゃるように感じます。
澤谷先生はいつも「自然体」と、仰います。

日々、日常を自然に生きていく…ことの積み重ねが人生なんですよね。

病気をしても、デトックス☆*:.。.
怒っても、泣いても、不安になっても、哀しくなっても、いわゆるマイナスの感情と言われる感情が沸き起こっても悪いことじゃない。
毎日、毎日。
生きて、感じて、感じ尽くして、その感情を流して、浄化して…。
そういうことを、呼吸をするみたいにできるようになりたいな☆*:.。.
そうはできなかったとしても、それでもいいんだけど^^;

そして喜びも、笑いも、安心も、楽しさや嬉しさも、いっぱい入ってくる。(沸き起こってくる。)

そんないのちの循環のようなイメージ…、それが生きていることだとわたしは思います。

ありがとうございます。
わたさと [URL] 2015/02/18(水) 22:07 [編集]

ご自身が発しておられる圧倒的な光に、わたさとさんは気付いておられますか?
わたさとさん

こんにちは。桜です。

「今日も生きていきます」とのタイトルに鳥肌が立ちました。

わたくしたちは、あまりにも当たり前に毎日を生きていますが
死病とも呼ばれるがんという経験をされた方の視点、お言葉には
圧倒的な凄味があります。

このおひとことだけでも
命の尊さ、はかなさを忘れがちなわたくしたちに対する
命がけの、計り知れない価値ある、
本当に貴いギフトであると、心から思わされました。

貴いシェアに、心から心から感謝申し上げます。



わたくしも、自分の病気を治すために
多くの自然療法や食事療法を学んだり
実践したりしてきましたが、実は最近そのほとんどを止めました。

それは、どんな素晴らしい療法も
それが恐怖に突き動かされて行うことであるのならば
何の意味もなく、むしろ逆効果になりかねないのだと気付いたからです。


そして同時に、面白い事例にたくさん出会いました。

どうしても受けたくなかった抗ガン剤治療を受けることになったとき
抗ガン剤の点滴に対して音叉を鳴らし
(というのは、波動調整、波動治療と呼ばれるもののことですが)

抗ガン剤を開発した人の、本来の純粋な愛と貢献の思いだけを受け取った結果
まったく副作用が出なかったという例。


また、臨死体験をして戻ってきたらがんが消えていて
「そんなわけがない」と、予定していた抗ガン剤治療を続けようとした医師に
まったく逆らわなかった、アニータさんという女性の話。
(「喜びから人生を生きる」というベストセラーになっています。)

彼女は、自分のがんがなくなったのは、
自分が恐れから完全に解放されたからだと言っていますが

完全に恐れから解放された彼女は、抗ガン剤の恐れからも解放されていたので
もう、その治療も全く問題はないと感じて

そして実際に、まったく副作用なしに抗ガン剤を受けたそうなのです。



このように見ていると、あれが良いとかこれが悪いとかいう
二元的な世界の思考が、どこまで正しいのかが本当に疑われてきます。

心の世界では、とうの昔に
誰か、何かを問題、悪いと決めつける二元思考に答えはない
真実もないということはわかっていましたが

それは、心の世界だけでなく物質の世界に対しても
そのまま言えるのだということが、だんだんとわかってきました。

だんだんとわかってきても、長い間
不安や恐怖に苦しみ、迷いましたが
今は、確信を持って言い切れます。

がんであれ、医療や医者、薬、抗ガン剤であれ
何かを悪者にする二元的思考に、答えはありません。
また、どんな素晴らしい治療であっても、
何かを悪者にする二元的思考で選択する方法に、答えはないのです。


わたさとさんは、止めようかと思っておられた抗がん剤治療を受けると決められた時

二元思考を超えた一元性の世界
命と信頼、愛と力の世界に飛び込まれたのだ。

記事を拝見して、そのように感じました。

どれが正しい、間違っている、というような世界ではない。
そのご決断は
本当の世界に飛び込む決断だったのだと思いました。

これは、ものすごいことです!


病気とはなんだろうか。
それは、一般的には改善すべき悪い状態だと捉えられていますが
それは、本当にそんな悪いものなのだろうか?と思わされます。

もちろん、あきらめてしまえばそれまでなのですが
しかし、病気にならなければ
こんなにも圧倒的に、命が目もくらむまばゆい光を放つことなど
あり得ないという側面があることは否定できません。

病とは、本当は、悪いものであるというよりも
まばゆい命の表れ以外の何物でもないのではないかと
深い感動が、心に満ちるのです。



長い文章になりました。
お読みくださり、ありがとうございました。


わたさとさんと、お話ししたいことが、たくさんたくさんあります。
分かち合いたいことが、たくさんたくさんあります。

もうすぐ始まる養成講座の学びを、わたさとさんとご一緒できることを
心から楽しみにしております。

ご縁に、心から感謝を込めて。
桜 美穂 [URL] 2015/02/19(木) 10:38 [編集]

補足します。
アニータさんは、臨死体験から戻ってきたとき
もう、自分にがんがないことを知っていたそうです。

だから、医師がそれを勧めた時、必要ないと思いましたが

もう、抗ガン剤に対する恐れがなくなっており
抗ガン剤には、自分を傷つける力などないのだとわかっていたので

医師の勧めを固辞することなく素直に受けられたのだそうです。

これは、凄い次元の話です。

人には、ここまでの力があるのですね。


ここに、真実があるのだと思います。

桜 美穂 [URL] 2015/02/19(木) 10:50 [編集]

わたさとさんへ(^^)

わたさとさん、こんにちは。

凄いね!!

生きてるって、凄いね!!

生かされてるって、有り難いね!!

全てに感謝だね!!

わたさとさん、尊い・貴い体験をシェアしてくださり、ありがとうございます(^人^)

はちみつ(^^) [URL] 2015/02/19(木) 13:41 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。