お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/24
みたまの共鳴 ~「魂の対談」感想文~
フローラ

対談を拝聴して感じたことは、澤谷先生と入江富美子さんの「みたまの共鳴」でした。

入江さんが言葉で表現しようとすることに対し、その現しきれない空白を、澤谷先生がさらに言葉を紡いで表現する。
それは一見、澤谷先生の指摘や批評のように聞こえる部分もあるかもしれませんが、実はその言葉が、入江さんの伝えたい思いを、着実に表現して行きます。
そのことで、お二人の感じていることが共鳴し、また次の共鳴が生まれ、それぞれが伝えたい事が、どんどん引き出されて行くのを感じました。

そして、入江さんの「“たま”と“しい”」、澤谷先生の「“仏向上”と“仏向上心”」など、表現や個性は違えども、人生の秘訣を知った喜び、伝えたい思いの強さ、伝えることが出来た時の、震えるような喜びも共鳴していました。

「一即他、他即一。自らの本質である“たま”と出会い、自分自身を信頼できるということは、周りの人のみたまも見えて信頼できるということ、そのことでまた自分自身を信頼できる。」という部分も印象に残りました。

「“たま”と“しい”で人生を織り上げる。」と、入江さんが言われているように、この対談の中でも、思惟と思考をお二人で織り上げている様子は、とても感動的です。
それが実現したのには、進行を務められた杉本桂子さんの、音声で届かない部分の解説や、流れを作る安定感が不可欠だったと感じます。

その場を共有したそれぞれが、お互いを認め、引き立たせていることそのものが、この対談を聞いている私にも“みたま”の共鳴を起こす、強いパワーの源なのではないかと思います。

澤谷先生や入江さんも「自分の人生は、何でこうなのか?」という、絶望や苦しみを経て、今があるとおっしゃられています。

ググッと“みたま”に響くこの対談が、今苦しみの中にいる人にも、迷いつつも発展を遂げようとされている人にも、さらに届いて行けば良いなと思います。


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。