お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/10
善も悪もない。すべて必要なこと。
杉本桂子(養成講座8期)

この方が私のそばにいてくださる。そして、あらゆるところで全力で応援してくださること。
これこそがミラクルとしか言えません。
植松規浩社長です。

誰もジャッジせず、損得を一切考えず、常に穏やか。強さと優しさを兼ね備えた方。
私が目指す人間像です。

ルイボスティーの世界版権を持って、起業家としても大成功。
プロ野球選手やロート製薬、丸大食品といった超大手企業の会長さんたちと交流を持ったりしているのに、私たちにもまったく変わらない対応なのです。

現在はほんの少ししかとれない野生ルイボスティーをツールに、家族の和を家庭に取り戻すことを会う人ひとりひとりに伝えていくことを活動とされています。
経済的などまったく計算していない活動です。

今日も事務所にお伺いし、いろいろなお話を聞かせていただいていました。
まだ若い頃、お公家さんだという方にだまされたことがあったそうです。
裁判をしたり、当時はかなり憤慨したのですが、そこからたくさん学んだ、そんなことを今までにも何度も聞かせていただきました。

植松社長は、君が代の作者をご先祖に持つ方と知り合う機会があり、「さざれ石」をいただきました。その石を大阪の天満宮へ奉納するという夢が最近叶ったのですが、それを叶えるための人のつながりについてお話くださいました。(植松社長は右翼ではありません。念のため)

天満宮の宮司さんを紹介してもらったあとにわかったこと、それは、この宮司さんと親友でいらっしゃるのが、元伊勢神宮の宮司さん。この方は、名前を九条さんとおっしゃいます。
例の詐欺を働いていた九条さんの本物とも言える方だったのです。

ずいぶん前のこの詐欺の事件の時に、社長は、当時伊勢神宮の宮司さんであられた九条さんと知り合っていました。今回のことに至った経緯には、同じ名字を語って詐欺を働いたお公家さんを名乗る人。
つまり、その詐欺師の存在が大きく影響していたとも感じるお話です。

善悪はこの世にはなく、それを決める心があるだけ。そんなことを教えていただきました。
起きることはすべて必要なことなのですね。

ちなみに、写真はそのお公家さんをなのる人の記事

そして当時いただいた達筆な、まるでお公家さんが書いたような(笑)お手紙

おうちに招待されたときは、宮中のお料理だという、食べたことのない珍しいものをだされたそうです。
今では笑い話ですが……


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

真実を生きることを選びたい
「善悪はこの世にはなく、それを決める心があるだけ」
「起きることはすべて必要なこと」

確かにその通りと頭では知っていますが
さて、騙されてもそれすらも「良いこと」であるとは
これは、凄い話ですね!

マイナスの体験もプラスに転換してこられたのは
植松社長さんのご人徳に負うところが大きいのでしょう。

「善悪はこの世にはなく、それを決める心があるだけ」
「起きることはすべて必要なこと」

それをただ知っているだけではなく、生きられる人生を
歩みたいと願わされました。

何があろうとも、そう信じて感謝と喜びを貫いていく。
それは、生易しいことではなく
時には命がけになることすらもあるでしょう。

それでも、そこにしか存在しない真実を生きたい。
そう願わされます。

素敵な記事を拝見できました。ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2015/03/11(水) 12:40 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。