お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/30
気持ちが重なりわかるから
相川有貴(養成講座8期生)

みなさん、こんにちは*^^*
カナダの有貴です☆

奥田さんのお気持ち、カナダ在住のためになかなか集合講座やセミナーに参加できないわたしの気持ちと、重なるところがあるように感じて、出て来てしまいました^^
奥田さんの養成講座8期生のメーリングリストに書かれたご文章を掲載させていただきますね。

ご縁に涙があふれます

奥田 泰代(養成講座8期生)


こんばんは。
去る3月8日(日)に、養成講座8期生として、セミナーに参加してから、随分と月日が過ったような感があります。
澤谷先生を通じて、ご縁をいただいていた方々に、面とお逢いかなった喜びと、学びをいただく喜びにあふれました。
自己紹介をすることになるとは夢にも思わず、お伝えすることに四苦八苦しましたが、あたたかくお受けとりくださり、心から感謝を申し上げます。

澤谷先生が、後日にご紹介をくださった、皆さまの感想文を拝見し、当日は、懸命に聴いていたはずが、なにも聴けていなかったことに、とてもショックを受けました。
「このままだと、なんにもしないまま終わってしまうよ」
竹本さんからいただいていたお言葉が、重く重く、私にのしかかってきます。

皆さまの声がスカイプでは届かないから、私はスカイプによる座談会に参加できません。
メーリングリストで、例えば、輪読は何ページから何ページまで読みました、とか、今日は何のお話でした、とか、情報提供をどなたかにお願いしようかと考えました。

答を、思わぬところからいただきました。
乕澤美香さんのブログから、その様子を知ることがかないました。
先日のセミナーから、皆さまがより深く学ばれていることがわかりました。
澤谷先生の、フェイスブックでのご投稿にも、そして、桜美穂さんや皆さまのコメントにも、学びのヒントはたくさん隠れていました。
私も、しっかり本を読んで、自身で考えていきます。
そして、集合講座の折りには、どんどんと、しっかり吸収していきます。
ぼろぼろぼろぼろと、涙があふれてばかりいます。
澤谷先生にご縁をいただき、学びをいただくことを決め、皆さまにつながりをいただいたこと、本当に感謝の仕様がありません。

自己紹介の折に、「しい」を学びたい、と伝えた自分に、自分が一番驚いています。
ようやく、自分が学びたいことの学びをいただいていきます。
心から感謝を申し上げます。
改めて、一年と一ヶ月、どうぞよろしくお願い申し上げます。


そこで、先週の土曜日(3/21)に参加させていただいた「スカイプによる輪読座談会」のことを、少し書かせていただければと思います*^^* 

その日は、なぜかわたしだけスカイプの皆さんと繋がれずに、途中参加になってしまったのですが^^;

なので、先生のご著書の何ページに書かれているのか、わからなかったのですが、みなさん、ゆらりさんのご体験をもとに、意見を交換されていました。

 澤谷先生のブログのゆらりさんのご文章

 ゆらりさんのブログ

で、ゆらりさんのご文章を読んでいると、なにやら、とっても大変な人生を歩んでいる方のように感じたりするのですが^^;、実際のゆらりさんは、とっても声が明るく、爽快で、とてもそんなに大変な人生を過ごしているようには感じられない、と、みんなで盛り上がったんです^^

澤谷先生とマサさんは、文章だけ読んでいると、かわいそうな人? と誤解してしまう人もいるかもしれないから、書き直してみたらどうか、とおっしゃって^^♪

だって、実際のゆらりさんは、周りの誰をも恨まず、人のせいにせず、すべてをご自身で受けとめていらっしゃって、余裕が感じられるんです。

簡単な人生は、もうたくさん経験したから、今度は、もっと難度の高い人生にチャレンジしにきた人の余裕というか^^

それで思い出したのですが、お友だちの生徒さんに、とってもとっても心がきれいで、いつもたくさんのことを教えてもらっている女の子が、いるんです。

その女の子は、一般にはダウン症と診断されていて、特別支援のクラスにいるのですが、あるとき、毎年4月になると、どんな先生が担当してくれるのか、みんな、期待と不安に胸をふくらませている、という話になったんです。

そのとき、その女の子がいったのは、
「みんなの気持ちをわかってくれる先生だったら、もちろんうれしいけど、そうでなくても、やっぱりうれしい。だって、わかってくれない先生がわたしの受け持ちになってくれたら、他の子が、つらい思いをしなくてすむから。わたしは、なぜか、そういう先生とも、うまくやっていけるほうだから、そういう先生がいるなら、わたしのところにきてほしい」
だったんです(T_T)

ゆらりさんも、その女の子と同じものを持っていらっしゃるんだなあと感動しながら、スカイプによる座談会を終えたのでした(あ、座談会では、この女の子の話はしなかったのですが^^;)。

簡単ですが、こんな感じで^^


澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

問題などない
何事も問題などではなく、ただ、それを問題だと思う人にとって問題であるだけなのだ。そんな言葉が思い出されました。

ゆらりさんに皆さんが不思議な明るさを感じられたのも、そこではないかと感じるのです。「問題だ問題だと思っていても本当は問題ではなかったのか?」と。
そして、それこそが真実なのでしょうね。

ダウン症の女の子のお言葉は素晴らしいですね。二元性ではなくひとつながりの世界を本当に生きるとは、こういうことなんですね。有貴さんも「たくさんのことを教えてもらっている」と書かれていましたが、わたくしも大きな学びをいただきました。

まだまだだなあと感じます。
精進していきます。^^

ありがとうございました。






桜 美穂 [URL] 2015/04/02(木) 13:20 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。