お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/06
自分の子供が選んだ相手を信じたらいい
                                 May(養成講座4期・5期)
嫁姑のムカつき因縁エピソード--「分娩室に突撃」「もっと若い嫁がほしい」
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=95&from=diary&id=3334883

出産前後はホルモンバランス崩れるから、ちょっとしたことが大事になることもあるみたい。

うちは、実の母が寝たきりで手伝いに来られない事情もあったから、主人の母が付き添いしてくれて助かったけど……。
望んでないのに分娩室に乗り込まれたら、後々引きずるかもね(^。^;)

痛みで気を遣う余裕もないからね(笑)。

主人の母は、介護のお仕事をされていたから、いろいろと世話を焼いてくれた。

痛みで何も食べられなくて、でもお腹は空くしで、頼んだら嫌な顔一つせずに、病室にあったチョコと飲み物を取りに行ってくれたり……。
今なら、出血が酷くなるから、チョコはないなぁ~って自分にツッコミ入れると思うけど^^(笑)。

うちのお義母さんは、初対面の時に、すごく喜んでくれて、ご馳走を作ってくれた。

息子(主人)を信頼してるから、息子が連れてきた私のことを、全面的に受け入れてくれたってのもあると思うけど……。

結局は、お義母さんの人柄かな。

私も、娘が選んだ人なら、良いところがいっぱいあるはず! と、信じようと思う。
ま、大分先の話だけど。
コメント

Mayさん。

嫁姑、旦那さんと自分の関係は、もともと、他人なので合わないのが普通です。合わない数よりも、好きなところを見つけると、どんどん好きになります。子供は、二人の子供ですが、何かと気にしてくれる姑さん(*´-`) 自分が姑になったら、どうするかな?と考えたりします。Mayさんの姑さんは、甘えたら 色々やってくれそうな気がします。
私の亡くなった母は放任主義で、姑さんは過干渉でした。どっちが良いのか分かりません?
姑さんは、距離を保ちながら、甘える時は 甘えましょうね(⌒‐⌒)
藤紗登子 [URL] 2015/04/06(月) 11:53 [編集]

泣けてくる〜(/ _ ; )
Mayちゃんへ

Mayちゃん、こんにちは!
お久しぶりですね〜♪♪♪

記事を拝読させていただきました(^人^)

たしかに。

分娩室に…

あの喚き散らす修羅場に…

自分のぜ〜〜〜〜んぶをさらけ出す場面に…

望んでもいない人に同席されるのは…

ちょっと、考えてしまうよね^^;

でも、お母さんとお義母さんの気持ちを考えると…

なんかね涙が出てきたよ〜(涙)

☆命を繋いでいく、命が繋がる、命が溢れ出てくる貴重な瞬間に☆
二人の“おかあさん”は、どんな気持ちで同じ時を過ごしていたんだろう…?
そう考えると、命が溢れ出てくる『出産』っていう体験は、その時も時間を経た今でも家系の大デトックスの時なんだな〜と改めて痛感しました。

生まれてくれて、ありがとう(^人^)
生んでくれて、ありがとう(^人^)

お母さんにしてくれて、ありがとう(^人^)
おかあさんでいてくれて、ありがとう(^人^)

おかあさんになるって、ホント凄いわ〜!!

そうそう。
そんな宝物の娘ちゃんが、ピカピカの一年生になるそうですね!

おめでとうございます\(^o^)/

入学式を目前にワクワクドキドキ♡な日々を過ごしているでしょうね。
こんな小さい身体でこんな重いランドセル背負って、なんて私も思ってたな〜。
6年間って、長いようであっという間。

雨にも負けず、風にも負けず、暑さ寒さにも負けず、気楽にい〜っぱい楽しんでくださいね!!

ありがとうございました(^人^)


はちみつ(^^) [URL] 2015/04/06(月) 12:24 [編集]

藤 紗登子さまへ。
藤 紗登子さま
コメントを頂き、ありがとうございます。
とっても嬉しいです。

たしかに、もともと他人だから合わないと思えば、気が楽になりますね^^
ついつい、自分が好きになった人は、気が合って当たり前、だと思っていたようです(^。^;)

義母は、甘えたら応えてくれます。
私が、信頼して、甘えられるかどうかの問題です。
本当に困った時しか、人を頼ってはいけないと思っていたので、今度、何も困っていない時に甘えてみようと思います。

放任も過保護も微妙ですね。
私は我が儘なので、自分が構って欲しい時に甘えさせてくれる人が良いです。(笑)
気まぐれな猫です。
Mayって飼ってた猫の名前なのです。

お話ができて嬉しかったです。
ありがとうございました(*^^*)
May [URL] 2015/04/07(火) 06:20 [編集]

はちみつちゃんへ。
はちみつちゃん
お久しぶりです(^-^*)/
お元気そうで何よりです。

お母さんとお義母さんの気持ちね。
母は、欲しくて欲しくてたまらなかった初孫だから、嬉しかっただろうな。
同時に、何も出来ない自分が歯痒かったと思います。
義母は、珍しくオロオロしてて。(笑)
人生の縮図みたいに、結局、本人以外は見守るしかないんだよね。
けれど、サポートしてくれる人がたくさんいる。
それで、どれだけ勇気が貰えるか…。
いつも、応援してくれてありがとう。
私も、はちみつちゃんのしあわせを祈り、応援してるからね。
明日、入学式です^^
お祝いして頂き、ありがとうございます。

ワクワクドキドキ(*^^*)
まだまだ手のかかるこの時期を、目一杯楽しみますね。
May [URL] 2015/04/07(火) 11:26 [編集]

だいじょうぶです。^^
お舅さんはお嫁さんがかわいくて、お姑さんはお婿さんがかわいいものだと聞いたことがあります。

だからお嬢さんの選ばれた方は、Mayちゃんにとってぜったいかわいいと思う。
だいじょうぶです。

嫁姑関係の難しさは、わたしも少しは体験しました。
当時、つらかったのは、書かれているように
ホルモンが不安定な時期だったのかなあ。
もしかしたら、それだけのことだったこともあるかもしれないなあと感じました。
そういう視点を当時持てていたら、もっと冷静に考えられたかもしれません。

そして、今となっては本当に思います。
姑もわたしも、主人が大切、子どもが大切という同じ愛を持っていたことは疑いようのない事実だったのだと。

カチンとくるときというのはどちらにとっても、自分が否定されたように感じる時。その愛を否定されて切り離されるように感じた時だったのだろうな、と。

今もし、新婚当時に戻れるなら、今度は自分のエゴから行動するのでもなく相手のエゴに振り回されることもなく、みんなが調和の音色を奏でられるように、「愛」という共通の目的のために道を譲って自分は退くことができるのにな、と思います。

この年までそれができなかったことにも、なにかの意味があるのだと思います。だから、過去を責めずに行こうと思う。
これからの人生で、ますます調和を求めて行こうと思います。

ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2015/04/10(金) 09:16 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。