お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/25
3本の矢と、5本の矢
                                              出口 光

後世に何かを残したいと思いませんか。
子々孫々が繁栄し、幸せになってほしいと思いませんか。

これは、誰もが持つ人間の本質的な想いではないでしょうか。

戦国大名の毛利元就は、枕元に3人の息子を呼び、
「1本の矢では簡単に折れるが、3本まとめれば折れない。一族の繁栄を続けるために兄弟、力を合わせよ」
と言ったといわれます。

一方、ロスチャイルド財閥の創業者マイヤー・ロスチャイルドには5人の息子がいました。
マイヤーは、息子たちをフランクフルト、ウィーン、ロンドン、ナポリ、パリとヨーロッパ全土に分散させ金融業を営ませました。家紋にも5本の矢があります。
そのうち、ロンドンとパリは今でも大銀行として生き残っています。

毛利元就は一家のために結束を説き、ロスチャイルドは五家でリスク分散を図ったのです。

これは、人間に対する観方の違いではないでしょうか。

毛利は「和の精神」を説きますが、ロスチャイルドは、人間に対して、さらには世界情勢に対して、甘い考えを持っていません。

あなたは、どちらの人間観を採用していますか。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。