お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/03
この命は気の遠くなるような太古の昔から受け継がれしもの
                                             PICO

私たちのこの命は、ずっとずっと繋がっていて、先祖のまた先祖、太古の時代、原始の時代からずっとずっと繋がっていて、気の遠くなるような時代を経て、今ここにある。

この話を始めて聞いたのが、私がまだ高校生の時。
鎌倉のあるお寺の縁側でぼーっとしていたら(おそらく瞑想をしていたんだろう)、そこの御住職が語りかけてくれました。
「あなたは、これからたくさん辛いこと苦しいことがある。今までもあっただろうが、そんなもんじゃないかもしれないね。でもちゃんと生きてくださいね。あなたの命はあなた一人のものではないのだから、遠く遠く繋がっているのだから……」
そんなお話だったが、まだ16歳の私には、
「なんだよ、まだこれから先苦しいことがあるのかよ。それに死なねーし! もちっと明るく希望に満ちたこと言ってくれよ、ネガティブなやっちゃなー!」
などと不謹慎にも思ったものだ。
が、それからの人生、なんどしんじゃおうかと思った時に、この御住職の言葉がふとよぎった。

ありがとう! 助かりました!

おもしろいなー。ちゃんと応援が入るんだなー。
あなた一人の命じゃない、というのは、死んだら親や友達が悲しむということを言ってるんだろうな、親が悲しむから死ぬなよ、と言ってるんだろうなと勘違いをした。もちろんそれもあるのだろうが、いま思うにその御住職は、古代から永遠に繋がっているその誰一人欠けても今の私はいないのだ、ということを言いたかったのだろうな。
私たちの元を突き詰めていけば本質に突き当たる。神とかサムシンググレートとかソースとか、そんなふうにも呼ばれているよね。

私たちは冒険するために、この地球にやってきた。
あなたも私も、失敗したり、悔やんだり、悲しかったり、苦しかったり、死にそうな目にあったり、嬉しかったり、成功したり、ウキウキしたり、泣きそうなくらいありがたかったり……こんな波風を味わうために、肉体があり、感情があり、思考がある。

心から「ああ良かった~」を感じるためには、えぐーい経験が必要なんだね。
一膳のご飯がありがたい、と感じるためには空腹が必要なように、一杯の水がありがたい、と感じるためには咽がカラカラが必要なように……。
だからね、いいんじゃないかなぁ。くよくよしたっていいんじゃないかなぁ。
こんな私なんて、って落ち込んでもいいよね

でね、ここからはね、波だからね。上がるんだよ。落ち込んだんだから、次は上がろうよ。
波だよ波!
心電図がぴーーーーーーーーーーーーって平たんになったら、どうよ? 終わっちゃうでしょ?
だからさ、波打とうよ!
ハラハラ、ドキドキ、ワクワク、ジメジメ、メソメソ、シクシク……
で、またワクワク~

私なんか役に立たないって思ってるそんなあなたが大好きだよ!
役に立とうとがんばっているそんなあなたが大好きだよ!
そして残念ながら、あなたはあなたの知らないところで誰かの役に立ってしまっているんだ。だから、あなたはいるだけでいい。

さあ、どうする? もう諦めて、こんな自分で、もうこの辺でオッケーしようぜ!
そして波は少しずつ穏やかになっていくのだろうね
平穏! とみせかけて次の波がくるけど、もう大丈夫だね(^∇^)

4月26日(日)は、京都にて、澤谷 鑛(さわたに こう)先生と入江富美子さんにお会いしてきました
澤谷先生は、心屋仁之助さんの最新刊『一生お金に困らない生き方』(PHP研究所)の本にも出てくる大先輩のカウンセラーです。ありがたいことに私のこのブログの記事も何度かシェアしてくださっています。
入江富美子さんは、映画「4分の1の奇跡」の監督です。入江富美子さんのお話もわかりやすく素晴らしい! 自分の本来の生き方をしていく、腹の底から湧き上がるミッションをしていく覚悟をされた方です。ぜひ一度サイトをのぞいてみてください。
まさに私たちはそうやってソースと繋がっているんだよ、というお話をされていました。

今の私には素晴らしい人しか出会わないことになっています。
あなたもそのひとりです。
ありがとう。
今までずっと読んでくださっている方も、通りすがりの方も、私に出会ってくださってありがとう。
私の記事を読むだけで、あなたは幸せにしかなれなくなっちゃいます。

http://ameblo.jp/akiaki0830-juria/entry-12019340149.html
コメント

PIKOさん。

高校生の若い頃、運命的な出逢いをされましたね。
私も、色んな人生がありました。50年間生きて来ても、まだまだ 日々 嫌な事があります。どんな人にも、嫌な事は あるんですよ~という方もいました。悪役がいるから、人生芝居は 素晴らしくなるという人もいました。時々、負けそうになり泣くこともあります。どこまで続くのか分からない、私の人生・・・ 頑張りたいと思っています。
一人 一人の出会いを大切に、メッセージをキャッチしたいと思います。


澤谷先生。

入江富美子さんに出会えて感謝しています。いつも ありがとうございます\(^o^)/\(^o^)/
齋藤 里子 [URL] 2015/05/03(日) 15:27 [編集]

齋藤里子さん。

入江富美子さんのこれからも楽しみですが、齋藤里子さんのこれからも期待します。二人ともおもしろい。お笑いではなく(笑)、情趣あふれるということです。
澤谷 鑛 [URL] 2015/05/03(日) 15:31 [編集]

ほんとうは
私たちのこの命は、ずっとずっと繋がっていて、先祖のまた先祖、太古の時代、原始の時代からずっとずっと繋がっていて、気の遠くなるような時代を経て、今ここにある。

頭では誰もが知っている事実です。
私も知っていました。

でも、心でしっかりはっきりとそれを感じるようになったのは
ここ数年のことです。

今までは頭でいくら知っていても、本当にそれを知っていたとは言えなかったのだ。本当に知るというのは、頭で知るということとは違うのだと思うようになりました。


太古の昔から受け継がれてきた命を今生きているというのは、太古の昔から生きてきたすべての祖先と今共に生きているということであると思うようになりました。

そんなことは実証することもできないし、目に見える証拠を出すこともできないことです。でも、そうなのだと思われる。悠久の時の流れを超えてそのような奇跡を本当はみなが生きている。物理的な時の流れなどまったく無視したことを書いているなと思いますが、これこそが真実だという思いが湧きあがってくる。

肉の体で生きている以上、誰もが空間と時間の制限の元に生きているのです。しかしそのように生きながらほんとうは、生きるも死ぬも関係ない世界、時間も空間も関係ない世界を私たちは共にいつもいつも生きているのではないかと感じられてくるのです。

桜 美穂 [URL] 2015/05/04(月) 15:47 [編集]

私はネガティブな考え方や感情からなかなか抜け出せずにいて、嫌なのになんで抜け出せないんだろう?と思ったとき、「この感情が好きなんだ。体験したかったんだな。」って思いました。

あまりにも完璧で順調だったら、きっと、つまんない?!
「ああ~、そういうことか。」と一人で納得。

「でももうそろそろ、抜け出してもいい頃よねえ。」と自分に言う。
ところがどっこい、体とこころにどっぷりこんと染み込んでいて、強力な習慣となって、無意識でできてしまう。というかそうなってしまっている。手ごわい。

でも案外、スルッと抜けちゃうのかな?と思ったりして、ワクワクする(笑)。

両親を選んで生まれてきて、その両親もまた両親を選んで生まれてきて、本当にすごいなあって思う。

父が亡くなって、父は偉大だったなあって心の底から思える。
愛されて愛されてきたんだなあって思う。
嬉しくて感謝しかない。
父も自分の父に対して、そう感じていたんだと思う。
命のつながりってすごい。

ご先祖様の誰がかけても、私は存在しなかった。
誰もが、そう。
そうして、こうして、出逢っている。すごいなあ。
奇跡だね。感謝だね。嬉しいね。ありがとうね。

連休の真ん中で、なんだか、ほっこりしあわせを感じることができました。嬉しいなあ。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2015/05/04(月) 23:31 [編集]

齋藤里子さんへ
コメントありがとうございます!

命の不思議を知ったとき、生まれてきた意味を感謝しました。

出会いや縁、すべてはおかげさまですね

すてきな人生をおくりましょう
ぴこ [URL] 2015/05/09(土) 08:12 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。