お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/05
無限の可能性
                                            澤谷 鑛

「無限の可能性」について考えました。
 それは、どうも時空間に表現としてはあるのですが、時空間そのものが限定された世界ですから、表現としての「無限の可能性」はあるかもしれませんが、その本来の源流を辿らなければならないのでしょう。

「無限の可能性」とは、『へそ道』(サンマーク出版)の著者・入江富美子氏のいう魂=「たま」「しい」の「たま」=「みたま・御霊」にあるもので、天であり、すべてのもとのこと、と入江氏はいわれています。
「しい」は、うれしい・かなしい・欲しい・惜しい・悔しい・楽しい、などのこころや感情をあらわすもののこと、といいます。
 そして私たちには、「みたま」と同じものがあり、それを「分けみたま」といい、これら両方が「たま」なのだ、と入江氏はいいます。
 私たちのうちにある「みたま」は植物でいう種と同じことだ、ともいいます。
 昨年12月15日(月)に入江富美子氏と対談をさせていただいたとき、道元の『正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)』にある「仏向上(ぶっこうじょう)」と「仏向上心」が、自然と思い浮かび、説得されたのではなく、納得しました。入江氏のいわれることが私の心の中にあり、共鳴したのです。

 道元の「仏向上」を説明するとき、
「完成されたものが完成されたままに拡大向上をとげている」
 と私はいいます。まさに「無限の可能性」の世界です。
 入江氏は「みたま」は植物の種と比喩的に説明されます。
 そういえば、養成講座で学ぶ山口 悟(カウンセラー)さんが、六粒の朝顔の種を植えたら、176個の種が出来たそうです。次の年は、興味のある数人の友人に種を分けて、植えてもらいましたが、どれほどの種が出来たのか、とても数える気もしなかったといいます。
 また、彼は「ウォーキングツリー」の話を、私とのコラボセミナーでしていました。年間90cm歩く木もあるそうです。ジャングルの密林の中で、太陽の光を感じて、その方向に根を張り、反対のほうの根はみずからが枯らすのだそうです。そのことで「ウォーキングツリー」となるのだそうです。その根は、支柱根といって土の中に根を張るのではなく、地上にある幹や枝から出て地中に入り、支柱のような形態になった根のことをいうのだそうです。
 山口さんの話は、「いのち」の話ですが、「たま」や「仏向上」の世界を彷彿とさせてくれます。

 宇宙を解説するとき、ブラックホールとホワイトホールの説明をするとおもしろいですね。仮説なのでしょうが……。ブラックホールは宇宙が吸い込まれてなくなっていくわけです。ホワイトホールは宇宙が押し出されて新しく創られていくわけです。

 こんなことを考えさせてくれるのは、入江富美子さんのご著書『へそ道』(サンマーク出版)を拝読し、対談をさせていただき、去る4月26日には、ジョイント講演会を開催させていただいたからだと思います。
 昨年の秋に初めてお会いしてから、「たま」の世界を表現されるのに、「なんとなく」の世界であらわされる入江さんの心=「しい」を読んでいると、「光を聴き 風を観る」という言葉が浮かび、これを講演会の私の講演のタイトルにしました。
 講演は、「縁(えにし)の糸をむすぶ愛と信頼の絆」を話、こんな話を展開しました。

【 大学三年、四年、そして大学院時代に、詩人の浅野 晃(あきら)先生に学びました。
 先生は、1963年8月、詩集『寒色(かんじき)』を出版され、1964年に第十五回読売文学賞を受賞されました。
 1965年、浅野先生は詩集『天と海 英霊に捧げる七十二章』を出版されます。すると、1967年、「天と海」は三島由紀夫の朗読、山本直純の音楽という組み合わせでレコード化されます。

 浅野 晃 先生が講演会に行かれるというので、車が迎えに来ました。しかし、あいにく雨が降っていました。私は先生がぬれないように傘をさしかけました。すると先生は、冗談めかした表情で、
「澤谷さん、僕は濡れないよ」
 と言われました。学生は「君」づけですが、院生は「さん」づけなのです。
 私はハッとして、
「スーツがぬれます」
 と言いますと、
「僕のスーツがね。僕の手がね。僕の顔がね。でも僕の持ち物であるスーツや手や顔がぬれるのであって僕がぬれるわけではない。顔や手だって“僕の”がついている限り、僕じゃない。僕の所有物にすぎない。じゃ僕はどこにいるのか? ということですね」
 と言われました。私は怪訝(けげん)な顔をしたのでしょう。先生は笑いながら、
「今度、教えよう」
 と言われて、車に乗られました。】

 この話は、二転三転する展開で「光を聴き 風を観る」に迫ったつもりです。
 しかし、400字詰原稿用紙に60枚ほど講演原稿を書きましたが、書ききれなくてまだまだ続きます。5月17日(日)の「澤谷 鑛 ヒューマンライフセミナー」 in 宇治 で続きを話そうか、と思っています。http://www.kou-sawatani.com/sem-141019js.html

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ご新生の萌芽
ひとつひとつのお話の多くは、以前から何度も伺ったものであり
聞きなれた、覚えのあるものです。

いつもと同じように、どなたにもわかるように理路整然と
落ち着いて静かに書かれているご文章だと思います。

しかし、今まで拝見していたご文章とは異なると感じました。

素材が同じでも接着剤が違うのでしょうか。
接着方法が違うのでしょうか。わかりません。

ご文章を通して表わし出したいと願われながら
表現しきれないと、まだ苦しんでおられるまさにそのところに
生まれたての命だけが持っている
圧倒的なみずみずしさが、強く強く迫ってくるように感じます。

今迄からいつだって先生は同じように、苦しみをお感じになるところまでそれを表し出そうとしておられたのですから、何をいまさら、という感じですが、今回は違う。
先生の中にいつも感じていた均衡が崩れ始めている。
いったい、何が起き始めたのだろう。
大変なことが起き始めたと感じて、わくわくするのです。

新たなお命の誕生に、立ち会わせていただいているようで
この記事を読ませていただけるしあわせに、
全身がふるえる思いがしました。

一瞬先に何が起こるかもわからないのが人生ですが
養成講座八期の学びは、まさにそのようなものになりそうですね。
桜 美穂 [URL] 2015/05/05(火) 10:43 [編集]

桜 美穂さん。

いつものように楽しみながら書いています。
桜さんの感覚は、桜さんの感覚であなたのものであり、そこで私は生きているわけではありません。私は私を生きています。
自然の内側をみないとならないですね。
澤谷 鑛 [URL] 2015/05/05(火) 22:03 [編集]

ああ、わかりました。

おっしゃるとおりです。

すっきり致しました。

ありがとうございます。(^_^)
桜 美穂 [URL] 2015/05/05(火) 23:11 [編集]

無限の可能性は目に見えないけれど、誰にでもある。
人はみんな御霊があるから。

種と同じだと言われると、すごくよくわかる。
種は種であって、芽も花も実もまったく見えない。わからない。

でも土に植えて、水をやり、太陽の光を浴びて、種からちいさな芽がでて、葉っぱがでてきて、いつの間にか、ぐんぐん大きくなって、初々しくりっぱに花を咲かせている。すごいなあって思う。

ちっちゃな種からはまったく想像ができない。
りっぱな花はいったいどこにいたんだい?って思う。

本物、本質?を見るというのは、今、目の前にあるものにとらわれないで、「完成されたものが完成されたままに拡大向上をとげている」そのものを見るということなのかな?それが無限の可能性。

種ならまだわかりやすいけれど、いろんな自分の「しい」が入り組んでくるから、わからなくなる。

「光を聴き 風を観る」世界にものすごい憧れを感じます。
そういう感性をもって物事を見ていきたいです。
すべてが輝いて見えるような気がします。
入江さんがおっしゃている、喜んで生きるということでしょうか。
いつも本物に出逢える自分でありたいと思います。

5月17日のセミナーで続きを拝聴できるのが、すごく待ち遠しいです。
楽しみにしています。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2015/05/05(火) 23:28 [編集]

桜 美穂さん。

スッキリされて、良かった!
澤谷 鑛 [URL] 2015/05/06(水) 07:24 [編集]

エンジェルさん。

「光を聴き 風を観る」世界をよくよく感じられたのですね。たとえ憧れであっても、エンジェルさんの内側に「ある」から憧れることができるのですからね。
入江富美子さんの登場は、エンジェルさんには、学びを深化するなにものでもないですね。運命好転の予感!
澤谷 鑛 [URL] 2015/05/06(水) 07:32 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。