お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/12
子どもは福田をもって生まれてくる
                                   澤谷 鑛

 澤谷 鑛 オフィスの初代事務局長の桑名正典さんに、以前、メールをしました。

【お元気で御活躍のこと、1期生のメーリングリストで知りました。すばらしい御活躍ですね。やはり、独立というか自立されて良かったですね。
 時代の風もキッチリと捉え、ミッションのビジョン化もぶれなく、多くの人の心を潤しておられるのでしょう。
 私もまた、本を出版します。
 アマゾンキャンペーンや「出版記念講演会」もやります。
 是非、応援、お願いします。
 またいつか会いたいですね。 益々の御活躍を祈念いたします。】

 すると彼から返メールをいただきました。

【メールありがとうございます。おかげさまで結構がんばっています(^^)
もちろん自立の効果もそうですが、子どもの影響が大きいですね。
澤谷先生が福田とおっしゃったのが分かる気がします。
たくさんの福を運んできてくれました。ありがたいものですね。
さて、ご出版の件、おめでとうございます。
詳細が決まりましたらまた連絡ください。
こちらでも告知させていただきます。】

 そういえば、お子さんが宿ったとき、子どもは福田(ふくでん)をもって生まれてくる、と彼にいいました。福田とは、田が実りを生じるように、福徳を生じるもとになるものをいいます。師匠からだったのか、禅のお坊さんからだったのか、誰から聞いたのかは忘れましたが……。それにしても、子どもは親の心の鏡ですからね。

 ご夫婦でお医者さんをされ、開業されている方の奥さんが個人セッションに来られました。何不自由なく、豊かで楽しく、病院もうまくいっていて、人生を満喫しているのですね。でも、ただひとつ悩みがある。それは、結婚して十二年ですが、子供さんが出来ないのです。二度妊娠したのですが、どちらも流産でした。お医者さんですから、産婦人科のお医者さんもご存じですから、相談も勿論されたということでした。ある日、書店で『絆の法則』(学習研究社)に出会い、第六話の“難病特定疾患との対話~家族の愛~”をハラハラドキドキしながら読んだといいます。
 彼女は『絆の法則』から『すべての「結果」は引き寄せられている~運命を決める「牽引の法則」~』(総合法令出版)を読むのです。それで、もしかしたら心のデトックスをしなければならない何かがあるのではないか、と感じたといいます。それでカウンセリングに来るのです。
 ご夫婦は仲がいいわけなのです。ご主人は、ヒューマンなお医者さんなのです。お金だとか、出世だとか、名誉だとか関係ないのですね。
 カウンセリングの中で彼女は、お母さんを思い出すのです。高校の教頭先生だったお父さんに高度経済成長期の雰囲気に乗っかり、もっと先へ、校長へ、それも大きな有名進学校の校長へ、とムチ打つように考え行動したのです。その当時は、おそらく彼女も母親の考え方を容認していたのでしょう。そのお母さんの考え方に影響されて彼女もお医者さんになったのだろうな、と私は思いました。
 しかし、彼女は、ご主人と結婚して御主人の生き方を知ることにより、今までは感じなかったヒューマンなものを感ずるのです。すると母親の考え方に批判的になってくるのです。おそらく、母親の考え方でお医者さんになったはずなのに……。だから、母親とは子どもの頃のようには仲があまり良くないのです。
 お父さんのことを聞きますと、彼女が十三歳のときに癌でお亡くなりになったと言います。彼女が中学生の時で、お兄さんが高校生の時だったそうです。私は、彼女に、
「お父さんは、あなたとお兄さんが成長していくのを見守りたかったでしょうね。結婚式にも出たかったでしょうね。それが叶わずあちらの世界に逝かれたのですから、寂しいですよね。あなたが子どもが出来ない寂しさ、哀しさ、切なさ、やるせなさ、苦しさなどの苦悩は、おそらくお父さんの寂しさを“追体験”しているのだと思いますよ」
 と言いました。
 お父さんも御主人のように素晴らしい方なのですね。そう思えば思うほど、おそらく母親への嫌悪と自分自身への罪悪感が深まるのだと思います。お父さんと御主人が素晴らしいのと、母親への嫌悪と自分自身への罪悪感は、コインの裏表のようにも感じます。
 お父さんの想いは、御主人の想いとの、体験への連想と考えられます。その意味では、お父さんの想いをわかることは、御主人の想いをわかることでもあるのです。また、お母さんへの嫌悪感と自分自身への罪悪感も、体験への連想なのですね。母親への嫌悪感は、自分自身の過去の生き方に対する罪悪感なのですね。嫌悪感は“人を呪わば穴二つ”といわれるように、母親は勿論のこと自らの運命を傷つけます。それも心のデトックスには違いないのですが、先回りして、お父さんと御主人の寂しさ、哀しさ、切なさ、やるせなさ、苦しさなどの苦悩をわかることで、母親や自分の気持ちをデトックスすることにより、
運命を傷つけず問題を解決することになるのですね。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。