お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/14
棚から牡丹餅
                                       トーマ イタル

昨日から、面白い本を、読んでいます。まだ、全部読んでいませんが、とてもいい内容です。◎『あなたが幸せになれば、世界が幸せになる』(石井貴士 著 ヒカルランド)◎
石井さんの本は、全部面白いのですが、この本は、特にわかりやすかったです。
「引き寄せの法則が起きる人、起きない人、その違いとは?」
というのが、本の表紙に書いてあったので、目にとまったのですが、本当に、目から鱗の素晴らしい内容でした。
「引き寄せの法則が、実現できない人は、引き寄せの法則が、間違っているのではなく、引き寄せ方を、間違えている」
というのです。
本の詳しい内容は、書きません。興味のある方は、ぜひ、読んでみてください。

今回は、ここでは、私の体験談を、主に書きます。
「棚から牡丹餅」という表現がありますね。略して、「たなぼた」とも言います。
何もしないで、寝ているだけで、棚の上に置いてあった、牡丹餅が、地震などの拍子に、突然落ちてきて、口の中に、ポトンと落ちてくるという話です。
これは、実際にあった出来事なのかどうかは、わかりません。もし、あったとしても、なかなか起こらない出来事だと思います。まあ、ただの例え話だと、考えておいたほうがいいでしょう。こういうたとえ話は、誤解を招くことが多いです。
辞書などで、意味を調べると、
「思いがけない好運を、得ること、労せずしてよいものを、得ることのたとえ」
と書いてありました。
世の中には、この中の「労せずして」というのが、好きな人が多いです。
つまり、
「何もしないで、おいしい思いだけしたい……」
と考える人です。

しかし、この世界は、大原則として、何もしないで、成果を出したり、成功できることは、ほとんどないと考えておいたほうがいいです。なぜならば、私たちが、この世に生まれてきた、大きな目的の一つに、
「感動したい!」
というのが、あるからです。何もしなければ、仮に成功したとしても、感動できないのです。やはり、ある程度汗水流して、がんばらないと、成功して感動することは、できないのです。

何もしない人に限って、この「棚から牡丹餅」を、期待するのですが、悲しいことに、神様のような存在は、そういう人には、牡丹餅を落とすことは、ほとんどないというのが、現実みたいです。
冒頭の本の中にも、あったのですが、
「神様は、本気の人にしか、夢を叶えてあげない」
という大前提があるようなのです。
つまり、本気じゃない夢は、神様が、わざと叶わないようにするようなのです。これは、意地悪でやっているわけではなくて、本気じゃない人に、うっかり、中途半端な夢を、叶えてあげると、その後が、大変になったりするからです。

たとえば、学力が十分ではないのに、カンニングや裏金で、いい高校や大学に、入学できたとしても、その人は、入学した後に、授業についていけなくなり、とても苦しむと思います。だから、本気で受験勉強して、難関を乗り越えた人だけを、入学させたほうが、本人も、学校側も、うまくいくのです。

「本気だったら、夢は叶う」
というよりは、
「叶った夢は、本気だった」
と、後から、わかるものかもしれません。

自分の人生を、ちょっと振り返ってみてください。叶わなかった夢は、本気じゃなかったんじゃないですか? どこかで、手抜きをしたり、中途半端な努力だったのではないですか?
反対に、叶った夢は、本気だったのではないですか? 死に物狂いで、命懸けで打ち込んだから、叶ったのではないですか?
神様が、何を基準に、その人の「本気度」をチェックしているかというと、
「その夢を叶えるための準備が、できているのか?」
だそうです。「準備」ができていない人は、ダメだそうです。

「本を出版するのが、夢なんです!」
という人で、
「原稿は、まだ書いていないんですけど……」
「タイトルは、まだ決まっていません……」
と言う人は、ダメだということです。

こういう人には、神様は、引き寄せの法則の力を、起こさないし、仮に起きたとしても、すぐに、そのチャンスを逃がしてしまいます。
「引き寄せたとしても、この人には、現実化できないので、意味がない」
と、神様が、判断するようなのです。
出版社の編集者に、どこかで、偶然会ったりした時に、
「ちょうど、よかった、私は、本を出版したいと、ずっと思っていたんです。よかったら、この原稿、読んでいただけませんか? タイトルは、これで、どうでしょうか?」
すぐに、さっと、鞄から原稿を、取り出せる人が、夢を叶える人なのです。現実化できる準備が整っている人に、引き寄せは、起こるようです。
引き寄せは、努力しないで、成功する類のものだと勘違いしている人が多いと、この本の中にも、書かれています。そうではなく、
「引き寄せの法則は、すでに努力が、完了している人のためにある」
ということです。これは、とても大切なことです。叶えたい夢がある人は、最重要事項だと思ったらいいです。

以前、「バシャール編」でも、書いたのですが、私は、1996年に、アメリカ留学に行けることになりました。その時には、どう考えても宇宙からのサポートとしか思えない奇跡が、次々と起こり、夢だった留学が、実現できました。
いろいろな人から、
「その時のことを、もっと詳しく教えてください。どうすれば、そんな奇跡が起こせるのですか?」
と訊かれるので、そのつど、いろいろ話すのですが、話しているうちに、気がついたことが、たくさんありました。
まず、たしかに、宇宙からのサポートもあったのですが、
「自分一人では、実現不可能な夢の場合、他人が、サポートしてくれないと、実現できない」
ということです。この場合、家族や友人などに、自分の叶えたい夢を話、実現するためのサポートを、お願いしてみるのも、いいと思います。
その時、周囲の人たちは、
「この人は、本気で、その夢を叶えたいと思っているのか?」
というのを、重視しているのです。そして、神様と同じように、周囲の人たちも、その人の「本気度」を、
「夢を叶えるための準備は、できているのか?」
ということで、チェックしているのです。やはり、「準備」ができていない人は、相手にされないのです。

私の場合、アメリカに留学するための目的が、明確でした。
「アメリカで、最先端のウエイトトレーニングを、学んできたい!」
というハッキリした計画がありました。すでに、行きたいジムも、決まっていました。
さらに、ここからが、大事なのですが、私は、20歳から、「パワーリフティング」の競技を始め、沖縄の大会、九州の大会、実業団の全国大会などで、優勝していたのです。
つまり、日本において、学ぶべきことは、ほとんど終わらしていたのです。
とことん本気で打ち込んで、
「あとはもう、アメリカに行って、学ぶしかない」
というレベルまで、自分を高めていたのです。いつ、アメリカに留学に行っても、大丈夫な状態だったのです。準備が、できていたのです。

周囲の人たちは、こういう本気度を、評価して、認めてくれたのだと思います。ただし、ここも大切なのですが、私は、当時、このアメリカ留学という夢が、実現した時には、
「棚から牡丹餅だ!」
と思っていました。つまり、
「何もしていないのに、勝手に、夢が実現した!」
と本気で感じていたのです。なぜかというと、「バーベルを持ち上げる」という行為は、私にとって、最高に楽しいレジャーだったからです。本当に、ワクワクしながら、毎回ジムで、バーベルを持ち上げていたので、
「とっても努力をした」
という実感が、まったくなかったのです。
パワーリフティングという競技に関しては、私は、周囲の人たちからは、大変な努力家に見えていたようです。しかし、私自身は、自分のことを、「努力家」なんて思ったことなど、一度もありませんでした。
「こんな楽しいことに、出会えて幸せだな~! 毎日、バーベルを持ち上げることができて、嬉しいな~!」
と思っていました。

夢を叶えたければ、死に物狂いの命懸けで、がんばればいいのです。そういう本気度を、周囲の人たちは、認めてくれるのです。
そして、本気になりたければ、本当にワクワクすることを、やればいいのです。すると、いつのまにか、簡単に準備が整い、神様からのチャンスがきた時に、そのチャンスを、捕まえることができるのです。
さらに、チャンスを捕まえた後、努力した覚えがないので、
「棚から牡丹餅が、落ちてきたようだ!」
と思えるのです。
これが、「引き寄せの法則」でもあるし、「棚から牡丹餅の秘密」なのです。

棚から牡丹餅が、落ちてくることは、ごくまれにあります。でも、まずは、牡丹餅が置いてある棚を、探さなくてはいけません。そもそも、牡丹餅がなければ、落ちてくることはないのです。そして、棚の下までは、自力で歩いて行って、そこに、横たわらなければいけません。しかも、顔を下にして、うつ伏せでは、ダメです。顔は、天を見上げていなくてはいけません。口も、閉じていてはダメです。横たわりながらも、口は、大きく開けていなくてはいけません。
さらに、せっかく、牡丹餅が、口に入っても、歯や歯茎が悪かったり、胃腸などの消化器系が弱いと、牡丹餅を、栄養として、身体に吸収することが、できません。だから、普段からの健康管理も、大切なのです。

どうですか?
棚から落ちてくる牡丹餅を、口に入れるのって、思っていたよりも、大変だということが、わかったのではないですか?
もし、大変だと思いたくなければ、本当にワクワクすることを見つけて、それを、努力だと感じないようにすればいいということです。(笑)

棚から牡丹餅」の面白い体験談があったら、ぜひ、聞かせてくださいね。(笑)

PS 「棚から牡丹餅」、人生において、これを体験すると、神様や宇宙からのサポートを、信じることができ、全てに感謝することができるようにもなります。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

おはようございます。素敵な投稿有り難うございます。心に浸透いたしました。

なりたい自分の姿のイメージは、はっきりあります。
今、一旦立ち止まり自分の心と向き合う時期のように感じています。

私も母が要介護になるまでは20年間ジムに通いダンベル、バーベル握っていました。
そのお陰で半日以上立ちっぱなし、で動き続けてても疲れ感じません。
感謝です。
島村 民子 [URL] 2015/05/14(木) 06:53 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。