お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/09
型破り
                                         澤谷 鑛

「型」に嵌れば堅苦しい。
「型」がなければ形無しになる。
「型」を学んで「型」を超えるのが「型」破りである。

 学生時代(確か大学二年生)に禅の山田無文老師から聞いた話である。そのとき、一休禅師の逸話を思い出したのを覚えている。

 門松は冥途の旅への一里塚めでたくもありめでたくもなし

 と歌って、元旦に髑髏を竹竿にぶらさげて街中を歩いたという。
 幼い頃、一休さんの伝記を読んだのが、強く印象に残っていたのだろう。
 この一休禅師の破天荒な行為は、果たして型破りなのであろうか?

 今年の年賀状の中に、高校時代の音楽部(合唱部)の顧問(音楽教師)で2年生・3年生と2年間お世話になったG先生のものがあった。

【澤谷 鑛 とは、またすごい名前になりましたね。
 八冊目とはすばらしいですね。五冊目の『折れた翼がよみがえるとき~絆のむこう~』と六冊目の『いのちの教育の物語』、七冊目の『この「魔法のメガネ」で、子供の心が見えてくる』、八冊目の『すべての「願い」は現実になる』は読みました。君の文章は、スピードがついて素早く読めますね。
 高校生のとき、君はとてもユニークさがあり、型破りな感じがありましたので、何かやるなと思っていましたが、やりましたね。ますます頑張って下さい。】

 私は、小さい頃から「型破り」を目指していたように思う。
「型破り」を目指していたのだから、「型破り」ではなかったのだ。「型破り」であったなら、あえて「型破り」を目指す必要はないからだ。
 たぶん型に嵌って堅苦しかったのだ。だから、いつも「型破り」でありたい、と思ったのだろう。
 とりわけ、学生時代は極度な自由に対する憧れと相俟って、その衝動は強かった。その時代、反動的と思われる学生服を夏でも着て、15㎝はある高下駄を履いて大学に通い、新宿や渋谷や原宿の街を闊歩した。しかし、その自由は単に憧れに過ぎなかった。
 自由とは雑然ではない。自由とは、雑然を征服する規律である。と読んだことがある。
「型破り」は、所謂メチャクチャな嵌めを外したところにはない。

 私の師匠のおひとりから、「自然の中に生きる」という御揮毫をいただいたことがある。私は40代後半だったが、その御揮毫を拝見した瞬間、のびのびとした自然なそのままの自分が現れ出ようとしている心に驚いた。直観的に「型破り」だと思った。
 日々是好日、平常心是道、であろう。ご飯を食べたら茶碗を洗え、である。
 孔子は、齢七十にして心の赴くところに随って、その行い矩を踰えず、と言ったが、これは大自然のリズムの自由がそのままなんの計らいもなしに、自我の自由に打ち克ったということだろう。
 御揮毫をいただいた頃に、その師匠は、こんなことを書かれている。こんな中に「型破り」はあるのだろう。

【交差点を渡ろうとしたが、丁度信号が赤になったので、立ちどまってしばらく待っていた。そしてふとみると、小さな赤い花の沢山咲いたカランコエの植木鉢が置いてあって、その花の上にジュースの空きカンがデンとのっかっていた。空きカンでも、草花には迷惑だろうと思って、取りのけようとした所、意外なことにそのすぐ傍らにゴミ箱が置いてあった。だからごく短距離その空きカンを移動しただけで、小さな草花は忽ち自由の身となった。】

 さて、髑髏の一休禅師は、果たして「型破り」であったのだろうか?
 当たり前のことが当たり前に出来ることが禅の悟りだ、というが、その人にしかできない表現を認めるのも禅の極意だ、という。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

深ーい…………。参考になります。
藤田 多恵子 [URL] 2015/06/09(火) 11:46 [編集]

藤田 多恵子さん。

おもしろいですよね。お笑いではありませんよ(笑)。情趣あふれるということです。
澤谷 鑛 [URL] 2015/06/09(火) 11:47 [編集]

はい。
藤田 多恵子 [URL] 2015/06/09(火) 11:49 [編集]

これは含蓄深い言葉♪
Gitarcla [URL] 2015/06/09(火) 19:19 [編集]

Gitarclaさん。

そう感じるあなたが含蓄深いのですね。感性が鋭く深くところまで読んじゃうのですね。


澤谷 鑛 [URL] 2015/06/09(火) 19:22 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。