お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/12
「悟得」こそ「しあわせな人生の実現をサポートする」こと
                                          フローラ

私は、5期・6期・7期と3年間、澤谷先生の「しあわせな人生の実現をサポートする人材養成講座」に参加しました。

6期生の1回目の集合講座の時には既に、6期生だけが見ることが出来るメーリングリストでの自己紹介は済んではいますが、集合講座はみなさんと直接対面できる貴重な機会です。

参加される方の多くは、複雑な家庭環境、自分自身や家族の病気、離婚、自殺などの体験をお持ちで、それぞれ1冊の本になるほどのドラマがあります。

以前の私は、人生になんの問題も無く、経済的にも人間的にも尊敬できる両親に育てられ、のびのび明るくうまく行っている人の方が凄いんだと思っていた時がありました。

苦しい体験を持つ人が、怖いような、重いような、そんな感覚も持っていました。
だからこそ、苦しい体験を自分自身がした時には、絶望感を味わったこともありました。

また反対に、苦しい体験があればあるほど、その人は大きな学びを得ていて、深みのある凄い人なんだ、と思った時もあります。

けれど、澤谷先生と出会い、養成講座に参加するうち、ある時点で優劣をつけるような、そのどちらもが、短絡的な見方であると思い知らされました。

一人一人が人生を生き、心を練り、何を得て、何を表現するか。

講座の中で、

感得(考え、感じ理解する)
体得(体験し、理解する)
悟得(感得、体得したものを表現できる)

の語で、澤谷先生が示して下さった「悟得」は、まさに「しあわせな人生の実現をサポートする」ことなのだと思います。

「しあわせな人生の実現をサポートする」為には、多角的な視点が必要であり、また反対に、本能的とも呼べる、例えば、他の人の体験談を聞いて共鳴するような感覚も必要であり、けれども、それらに囚われることはない。

まったく至難の業のようで、実にシンプルな、この学びのベースとなるのが、この養成講座でともに学び合う仲間なのだと感じていました。

そして、澤谷先生の講義では、いつも「しあわせな人生の実現をサポートする」という、気迫を感じました。

全力で「しあわせな人生の実現をサポートする」ことを体現して下さる澤谷先生と、唯一無二の縁の糸で結ばれた養成講座生と歩む道を、これからものびのび進んで行きたいと思います。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

お早うございます。

星野富弘名言
【この道は茨(いばら)の道 しかし茨にも ほのかにかおる花が咲く】
笑顔と微笑み満点で今日も宜しくお願いします。

浅間山や箱根山も警戒レベルが上げられ、日本全体が天変地異に揺れているような情況となっており、不安がより一層つのりそうだ。
万が一の対策に心掛けましょう。
伊藤 修一 [URL] 2015/06/12(金) 09:44 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。