お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/10
家系のデトックス ~カウンセリングでわかった事~(前編)
                                   桑原めぐみ
==================================
 ご夫婦をカウンセリング(その日は7月12日でした。13日は盆の迎え火、15日はお盆、16日は盆の送り火、と暦の上ではなっています)をした奥さんから、カウンセリングしたその日にメールが届きました。ご紹介します。(澤谷 鑛)
==================================

今日は、澤谷 鑛 先生に夫婦でカウンセリングを受けることになりました。

実は、主人が先生に頼まれていた仕事になかなか手をつけず先伸ばしにしており、とうとう先生の我慢の限界に達したこと(笑)がきっかけになりました。
何ヵ月も前からの事で、再三にわたる問い合わせにも関わらず、全く動いていませんでした。私も気になり、何か手伝うことにしましたが、限界もあり、様子を見ておりましたら、とうとう先生から「一体どうするつもりなのですか?」という旨の連絡があり、又澤谷オフィスにもご迷惑がかかっている事を知り、私は腹が立ち、先生からの内容を主人に伝えましたが、全く真意が伝わりませんでした。余計に腹が立ち、再三頂いた先生からのお電話で、今回に始まった事ではなく、今まで度々このような事があり、ご迷惑をおかけしたり、私が尻拭いをすることもあった事をお話しました。

先生からは思いがけず、意外な原因を伝えられました。そしてそれを解決するために、夫婦でのカウンセリングをすすめられ、受ける事にしました。

正直、私は同居の義母の認知症に振り回される毎日で、主人に対しても、諸々限界を感じておりました。先生なら私の状況を理解して下さる気がして、先の見えないトンネルから光が見えるかもしれないという思いで、主人とともに某神社内にて、カウンセリングを受けました。

最初、先生はある方の事例をいくつかあげて、主人にもあてはまる部分はないか、何か思い付く点はないか、とお話をしてくださいました。そして主人が「変わりたいと思っているなら」と、ある方法を教えて下さいました。

「まず朝一番に家族の誰かに会ったら、深呼吸をして一呼吸おき、ニコッと笑って、相手の良いところ、素晴らしいところをほめること。そしてそれから自分の言いたい事を言う事ですね」

と。この課題は再三教えられました。

また、主人は自分の価値観の中だけで生きており、バリアをはって、周囲を理解していないため、まわりは振り回され、何も言えず苦しいのだ、と解説して下さいました。
「奥さんも子供さんもお母さんも相当苦しかったはずです」
と言って下さり、私はそれまで不可解だったことの理由がわかったような、もう自分を責めなくてよいのだという思いがしました。

そして、先生は、
「今まで奥さんや子供さん、お母さんの話はお聞きしましたが、お父さんの話はお聞きしたことがありませんね」
とおたずねになりました。
主人はちょっと不意打ちを食らったような感じでした。

実は、親をはじめ、先祖の思いや想念が、自分をがんじがらめにして動けなくしていることがあるそうなのです。というよりも、そうみずからの心で認識し、信じることによってみずからの心をみずからが縛るのだそうですが、それがある意味、絆の煩わしいところであり、そうであるがゆえに次のステージに飛躍し、人生を充実させる、とも先生は言われました。そのことは、そうだろうな、と私の心にスウーッと自然に入ってきました。(つづく)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。