お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/24
子供に潜在意識の使い方を教えよう(1)
                                     佐原幹春

前回は、人間の持つ潜在意識という強大な力を馬に例えてお話ししました。
馬(潜在意識)を味方につけると人生は楽なもになり、喧嘩してしまうと大変なものになるというお話でしたね。
私達カウンセラーは、悩みを持って来られるクライアントの馬(潜在意識)の状態を見ます。
その人が自身(騎手)が悩みとして話している内容はもちろん重要ですが、それ以上に、その人の表情や身体の使い方、雰囲気から現れている馬(潜在意識)の状態を注意深く見ているのです。
そうすると、様々な状態の馬がいます。

・スネている馬
本人は「やるべきことはわかっているのに、違うことをやってしまう。やる気が出ない。」と訴えています。

・硬くなった馬
本人は「やりたいことが分からない。何をしても楽しくない。無感覚で生きていても面白く無い」と訴えます。

・怯えている馬
本人は「人と関わるのが苦手で、緊張してしまう。心を開けない」と悩んでいます。

・調教されすぎた馬
本人は「本当の自分を出すことができない。上手く行っているのに自分の人生を生きている気がしない」と悩んでいます。

以上のように、種類は様々ありますが、全て馬(潜在意識)の状態によって悩みが作られています。そして、その馬とのコミュニケーションを回復して、癒したり刺激したりしながら、遊び心を持ったご機嫌の馬に育てて行けるように導くのが私達カウンセラーの仕事です。

でも、ここは子育てブログ。
ここでは、傷ついた馬を癒やすのではなく、子供に馬の乗り方を教える方法をお伝えしたいと思います。
ご機嫌な馬に乗れるように、馬との付き合い方を子どもたちに教えて行きましょう。

【潜在意識のお話をしよう】

子供に潜在意識の扱い方を知ってもらうために、私はお話をしています。
今回は、私が実際に娘にしたお話の内容をそのままお伝えしたいと思います。
みなさんも適当にアレンジして、真似てみてください。

状況は、添い寝の場面です。
私は大切なお話をする時は、添い寝にすることにしています。当たりが暗いことで精神的な雰囲気になり、心の深い所に届くからです。
それでは実際のお話に入りましょう。
登場人物は、トト=私、のん=娘 で、例によって関西弁です(笑)。〈つづく〉

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。