お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/07
他人を変えるには?
                                      のぶさわ正明

「他人を変える事はできない。だからまず自分が変わる事!」
……よく耳にされる言葉だと思います。

僕はこの言葉には続きがあると思います。即ち、
「人間関係はコミュニケーションの仕方によって、その関係性が維持される」
→だから、
「自分側のコミュニケーションの仕方を変えれば、関係性そのものも変化し、相手も変わらざるを得ない」
つまり、
「自分が変われば、相手を変える事ができる」
という事です。
但し、
「自分を変える事が難しいから苦労しているんだ!」
という声が聞こえてきそうです(笑)。

勿論、元々の自分の性格や長年培って来た信念を変える事は容易ではないと思います。
ただ、自分のそういった部分を全く変える事無く、
「“フリ”をしてみる」
事は、ずっとハードルが低くなるはずです。

それだったら、何も「心」や「性格」や「信念」を変える必要がありませんので、楽ですよね?
なんせ“フリ”をするだけですから(笑)。

例えば、夫婦喧嘩が絶えない家庭があったとして、そのせいかどうかはわかりませんが、子供が不登校になっていたとします。
しかも、相手(子供)を変えようと色々手を尽くしても改善されない場合は、例えば子供の前でだけ夫婦が仲が良い“フリ”をしてみるのも良いかも知れません。
そこには、別に枯れ果ててそうな愛情を無理にを絞り出す必要もいらない訳です。(なんせ“フリ”ですから(笑))
でもそういった演技をするだけで、親と子の関係性が変わり、子は変わらざるを得ない。
(※但し、それによって不登校が改善されるか否かは、やってみないとわかりませんが……)

或いは夫が鬱や依存症に襲われていて、その妻が「何とか治してあげたい」と、パートを休み病院やカウンセラーを探し廻り、甲斐甲斐しく夫に寄り添い続けている夫婦があるとします。
この場合も、相手(夫)を変える為に、自分(妻)は“フリ”をしてみるのもいいかも知れません。
どんな“フリ”かと言いますと、例えば「夫がもう治った」として妻は振る舞う訳です。
今迄妻は夫の為にお金と時間と気持ちを集中させて来たはずです。それが、
「夫が治っちゃったら、夫に注いでいたパワーをどこに注ぐかな?」
を考えてみて、
「夫はもう大丈夫!」
という“フリ”をして妻は別の所へパワーを注ぐ訳です。
そうすると、夫も変わらざるを得ないでしょう。
(※但し、それによって夫は治っちゃうかどうかは、やってみないとわかりません)

ここまでごちゃごちゃ書きましたが、僕が申し上げたい事は、
「相手を変える為に自分が変わった“フリ”をしてみませんか?」
という事です。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

優しさを満たす
他人を変えるのではなく自分を変えること。
変えられなくても変わったふりはできるということ。

心に風を通し隙間をあけることでもあるのでしょうね。楽しいことに目を向け。今の幸せに目を向け。与えられている学びにそのまま感謝すること。

私は。昔、随分、謝ってくれない母に悩まされましたが。今はすっかり和解して日々、楽しくお互い行き来してます。

変わったふりというのではなかったけれど。
ちょっと楽しいことを話してみる。ありがとうを言ってみる。そんな積み重ねから関係が変わってきて。今が一番、父とも母とも仲良くいられて幸せです。

どんな関係でも。自分から優しさを出し。自分から謝ることができるといいですね。誤解を解こうとせず。見返りを求めず。

その自分の本質をしっかりみて。いまの自分をそれに至る過程としてゆるしていくことかもしれません。

自分の心に優しさが満ち暖かさが満ち。
やがて周りにも伝わっていくその姿を見続けようと思います。ありがとうございます。
舞姫 [URL] 2015/08/09(日) 17:05 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。