お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/11
百尺竿頭進一歩のむこう
                                   澤谷 鑛

「百尺(ひゃくしゃく)の竿頭(かんとう)に更に一歩を進むべし」というのは、禅宗第一の書といわれる『無門関』の「第四十六則 竿頭進歩」に「百尺竿頭須(すべから)く歩を進むべし。十方世界に全身を現ず」からきているものです。

 無門慧開(むもん えかい)和尚が46歳(1228年)の夏、『無門関』四十八則が纏まったことをその「自序」で述べています。
ある寺(龍翔寺)で無門和尚は指導をしていました。すると袈裟を着た修行僧がほんものが知りたいと詰めかけてきました。それで無門和尚は、古人の古今を通じて誤らない公の真理である「公案」を出し、門を叩いて学ぶ人たちに、その場その場に応じて指導してきました。その「公案」を、覚えに大要を書き取っておいたものが『無門関』になったというのです。

 その「自序」の書き出しは、
【仏語心(ぶつごしん)を宗(しゅう)と為し、無門を法門となす。】
 と書かれています。
 禅の宗(おおもと)は、「仏語心(ぶつごしん)」であるといいます。
「仏」は自己にとらわれることから「ほどけ」て大自然のリズムと一体となり、宇宙の真理を示現することです。
「語」は言葉です。ギリシャ語のロゴスです。
「心」は心理学や脳科学の精神の現象や観念の作用ではありません。
「仏」は「語」であり、「心」であるということです。
「仏」は「語」であり、「語」は「心」であり、「心」は「仏」であり、「仏語心」は三つにして一つです。

 一即多・多即一という言葉があります。思考の世界から思惟(しゆい)の世界への移行が必要です。それは相対的認識から絶対的認識への転換でもあるのでしょう。道元のいう「ほとけ仏にさずける」とい唯仏與仏(ゆいぶつよぶつ)の世界なのでしょう。
 ただひとつの光から七色の虹が発します。光は無色ですが、その無色から無限の色が発するように、また無限の色それぞれが集約されると無色となる、という光を思い出します。

 さて、おそらく無門というのは門がないから無門なのですが、無という門関があると思うと無というものがあるように思われます。無は否定することであって、その否定することにより、悟りに到達する無の門関ということになります。
 何を否定するのでしょうか? あるがままにみえるものを否定することなのです。否定するとどうなるのか? あるがままにみえているものを否定することにより、そのままのあるがままでなく、まっさらさらのあるがままを把握することになるのでしょう。
 唯識では、空じるといいます。

無門和尚は、その「自序」の「頌(じゅ)」に曰(いわ)く、
【大道無門(だいどうむもん)、千差(せんしゃ)路あり。此の関を透得(とうとく)せば乾坤(けんこん)に独歩(どくほ)せん。】
 大道無門です。大自然のリズムや宇宙の法則には門などない、というのです。道は色々にあるけれども、それぞれに大道である、というのです。

 道元が14歳で比叡山に学んだ時、無門は31歳でした。
 道元は日本、無門は中国、のちに道元は中国に渡りますが、この二人は生涯まみえることはありませんでした。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

百尺竿頭進の一歩先

百尺竿頭進一歩向こう。
みえるもの一切を否定する。

すべての存在が自分の中で暖かいものになること。

不完全の奥の完全がみえますように。
ごめんなさい。ありがとうございます。


舞姫 [URL] 2015/08/11(火) 01:47 [編集]

心を変える
他人を変えるのではない。自分を変えること。
あったことすべてをそのまま受け入れてゆるすことです。

両親と和解でき当たり前の生活がほんとに奇跡であり有り難いと。日々感謝です。

あとは。ここの和解だけです。
自分が心を変えるだけです。

ありがとうございます。

舞姫 [URL] 2015/08/11(火) 08:06 [編集]

舞姫さん。

百尺竿頭の一歩先は、「すべての存在が自分の中で暖かいものになること」であり、「不完全の奥の完全がみえること」でもあります。だから同じことを言っているように思うのですが。
澤谷 鑛 [URL] 2015/08/11(火) 17:28 [編集]

舞姫さん。

「他人を変えるのではない。自分を変えること。
あったことすべてをそのまま受け入れてゆるすことです。
両親と和解でき当たり前の生活がほんとに奇跡であり有り難いと。日々感謝です。」
その通りだと思います。
「あとは、ここの和解」という「ここ」がわかりません。
「自分が心を変えるだけです」
もよくわかります。
澤谷 鑛 [URL] 2015/08/11(火) 17:33 [編集]

返信ありがとうございます。
先生。随分とご無沙汰致しました。

こことは。絆の場との和解。
先生との和解。桜美穂さんとの和解に他なりません。父親との再現の関係との和解。母親との関係の再現との和解です。何事も自分から変えていくことです。

冷暖自知して心の中で和解すれば。それを現実に持ち来す。ここが重要に思います。何故なら。心の中の和解までは比較的できても。相手を目の前にして。言葉を発し伝わることは。もう一段階うえのことであり。相対したときに出てくる感情を。空じることが必要です。

ごめんなさいとありがとうがひとこと言えれば。たいがいの関係は。その後の話ができますが。そこに長く時間を待たねばならない関係というのもあり。

そこをいかに伝え。いかなる心で待つかということもまた。心の修行な訳です。

そういう心境に立てば。目の前の相手というのは。我が身の忍耐を育んでくださる観世音菩薩さまに他なりません。

まだ本質の顕れていない姿のときに。みえない奥の本質をみることができるかということ。そこに尽きると感じます。

そうして。生身の人間である以上。待つことにも愛が伝わらないことも。誤解されることも痛みが伴う訳ですが。だからこそ。自分がそうさせている相手の痛みは早急に清算することも必要と感じます。

長くなりました。ありがとうございます。
舞姫 [URL] 2015/08/11(火) 22:37 [編集]

舞姫さん。

こことは? 絆の場という、ここなのですね。
舞姫さんとは、舞い戻った姫さん(笑)という意味でしょうか?

絆というものは、愛と信頼のつながりを感じさせ、あたたかく感じるものですが、人生のように神が生きるのでもなく、仏が生きるのでもない、人が生きるから人生なのであり、もともと煩わしいものです。しかし、もともと和解があるから、そうしようとするのですね。心の修行ですね。
澤谷 鑛 [URL] 2015/08/12(水) 11:27 [編集]

御神楽舞
澤谷先生。いえいえ。確かに舞い戻っていますがそういう意味ではなく(笑)

御神楽を舞うときのように真っ直ぐ自分の中心に繋がり。気高い理想を生きる姫という意味です。

自分の完全な姿をコメントに表現することを常に意識する意味も込めてます。

誰にどう誤解されようとどう思われようと。
自分自身が真っ直ぐ表現することだと思います。

舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 18:34 [編集]

愛と信頼
愛と信頼が絆ということ。場には今のところ誤解され孤立無援と思ってますが案外そうでもないのかなということ。

状況をよくわかっている人が数人います。ただ。頼る気持ちがでるとどうしても自分がぶれますから。まずは自分がしっかり立つことでしょう。

これは。自分は理解されないという根深いところにある信念が。あることをきっかけとして表面化しただけのこと。それを他者を使って実現しただけのこと。

実家の両親に対して自分から和解でき。過去に職場においても。自分から相容れない人の気持ちを理解し和解できた私ですから。相手をまるごととりこめる情の深い私ですから大丈夫なのです。

きっと。相手もいつか心を開いてくれます。自分の器を大きくすればいいだけです。ありがとうございます。











舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 19:00 [編集]

課題

ぶれずにコメントを書きなさいと。
言っておられたじゃないですか(笑)


先生は。


課題を残しているから。
舞い戻ってきたのです。


折れた翼を甦らせ。
課題が終われば飛び立っていきますよ(笑)


ありがとうございます。


舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 19:11 [編集]

神に繋がる神楽舞
澤谷先生。言葉が心を動かすというのは本当であり。どんどんと自分の中心に帰っていきます。

傷ついたのではない。磨かれたのです。

そうして。一時期は人格が破壊され廃人になったかと思いましたが。。

どんなに傷ついてもどんなに壊れても。
壊れないで残るものがあります。

私は。これを体験したかったのだと思います。
人間の再生の力というのは本当に素晴らしい。

惨めな姿を曝し。恥をかき。。
けれど。ここに来れて本当に良かった。

ありがとうございます。

舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 20:44 [編集]

感謝
先日だったか。もう90歳も半ばになられるでしょうか。本当に何でも感謝してしまうおじいちゃんのお話を聴きに行きました。

そのお話をいま思い出しました。
よくぞ私を。廃人にしてくださいました。
愛犬が大人の頭大の腫瘍がお腹にできて亡くなりました。彼女に伝えましたが。向き合えなかったのでしょう。無視されましたが。それももういい。。

彼女も苦しかったことでしょうが。
浮上できた歓喜やいかに(笑)

ただ。彼女は。あとはお姉さんとの和解。
お姉さんをはやく解放してあげて欲しい。


ここと離れていれば。
ゆるせていたのですよね。

コメントに戻ると。反射的に全部デトックスしないと済まなかった(笑)

心がからっと明るくなり。
笑いが込み上げて来ますよ。
ありがとうございます。

舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 21:08 [編集]

追記
いろんなことがありました。他者の総和の話がありましたね。ここを出て。いろんなことがわかりました。

いつも隣を歩き私を全身全霊でサポートしてくださった方に感謝致します。また。苦しみの体験と冷暖自知のさせてくださった先生に 感謝致します。

また。一緒に歩いてくれた仲間に感謝致します。
嫌な記事やコメントを読んでくださった皆様に感謝致します。

本当にありがとうございました。

舞姫 [URL] 2015/08/12(水) 22:50 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。