お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
08/23
お義母さんの涙(前編)
                       はちみつ(養成講座4期・5期・6期)

七月末、主人の実家の山口に息子と3人で帰省した。
帰省しながら、角島や私が大好きな金子みすゞさんの記念館や、松下村塾、松陰神社、秋芳洞、秋吉台と主人がレンタカーを借りて連れて行ってくれた。

そんな幸せな時間を過ごしている中、2日目にお義母さんの実家にお昼ごはんをご馳走にお呼ばれして、焼き肉とすき焼きのダブルでおもてなししてくれた。

息子は……
「焼き肉とすき焼き、同時に食べるなんて初めて! うちのすき焼きは豚肉でここは牛肉。卵をつけるのは一緒だね。野菜がいっぱいで美味しい!」
と大喜びで、お義母さんが主人に事前調査してくれていたのかな? なんて思い、有り難く感謝でいっぱいになった。

お~い( ̄▽ ̄)
すき焼きの肉が豚肉だって、わざわざここでカミングアウトするな~(笑)

その道中、助手席はお義母さんで運転席は主人で、二人は本当に仲良く楽しそうに安心しきった様子で話しをしていた。

ぶっちゃけ……
ちょっとヤケた。(笑)

言葉はどちらもどっぷりの山口弁で……
後部座席の息子と私にしてみたら……
別の星の人達と交信しているような。^^;

山口という故郷に誇りをもっている主人は、千葉に来て数年になるけどわざわざ関東の言葉に直そうという気はさらさら無しで、日常でもたまにハテナ? って時がある。
山口に帰ってくると、尚更何を話しているのか、さっぱりわからん。^^;

でも前の座席だけ時間が逆戻りしているというか……
お義母さんはお母さんになり、主人は息子になり。
透明なやわらかい安心のベールに包まれて、すみずみの細胞まで安らいで和らいで、エネルギーをチャージしているみたい。
そんな心底安心できる場所があるっていいな~って思った(*^_^*)

それとお義母さんは、社会人になった息子がこうして一家の大黒柱になり、家族を連れて故郷に帰って来たという満足感というか達成感というか……そんなものもある感じがした。

主人は不器用でぶっきら棒に「おかあ見たか! 足が悪くたって車イスだって、一家の大黒柱やってんだ!」という思いもあったのかな。
帰省するっていうことは、こういう事なんだね(^^)
私も15年後くらいには、こんな感じになるのかな。
やだ、想像しただけで泣けてくる。
やめた。(笑)
お義母さんと主人が、全てをさらけ出しての束の間の幸せ満喫。
それでよしd(^_^o)

山口を満喫して3日目の朝、出発時間がきてお義母さんに挨拶に行った。
犬を抱っこしながら玄関まで出てきてくれたお義母さん……
泣いてた。声をあげたり嗚咽したり激しくはないけど。
目に涙をいっぱいに溜めて、ほっぺには涙が伝わったあとがあった。
泣いてることを無理に隠そうとする訳でもなく、自然と涙が溢れ、泣いている。そんな感じ。正直、お義母さんの元から連れ去るみたいに思えて、何だか切なくなった。

あの涙には、どんな意味があったのだろう?
どんな意味が込められていたんだろう?

別れが寂しい、辛いだけではないはず。
嬉しい、安心した、そして本当の涙の訳は、主人に対してのありがとうという涙のような気がする。

主人は生まれてすぐに高熱を出し生死をさまよった。
そして足に麻痺が残り、車イスの生活に。当の本人はとても冷静に障害を受け入れていて、
「自分の足は生まれた時からこうだから、普通という感覚はずっと今の杖や車イスを使う状態。だから、真っ直ぐの足で歩くという感覚が自分にとってはわからない」
という。でもお義母さんは、その事を自分の責任だとずっとずっと責め続けてきた。

そこで二人の間には、普通に歩かせてやりたいという母親の気持ちと、自分にとっては今の状態が普通で満足しているのに、何故に無理矢理リハビリに通わされて装具をつけられてロボットみたいに歩く練習をさせられるんだという葛藤があったみたいです。
自分のリハビリに費やす時間を、もっと弟達の為に使って欲しいと思っていたようです。

自分(お義母さん)のお墓の隣に主人のお墓も買ったくらいだから……
死ぬまで、いや、死んでからも息子を守らなくちゃと思っていたのかな。
そのくらい息子を愛し、守り抜く決意がど真ん中にあったお義母さん。

本当に複雑な心境だったのかもしれない。
そう考えると、奢りかもしれないけど……
私に対して「息子を宜しくお願いします」って意味も、込められていたのかな。
っていうか……私はお気楽・極楽を真っしぐらで、主人は大黒柱として一生懸命やってくれてて、お願いしなければならないのは、私の方なんだけどね。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

幸せ
はちみっちゃん。おはよう♪
なんか。読んでるだけで感無量。

本当に良かったね。
なんかさ。こういう記事って。
へんなコメント要らない気がする(笑)

フォトブック送ってくれてありがとう♪
今日は御神楽を躍りに合宿に来ているから。
帰ったらきっと届いていると思う。

昔。てんとう虫が葉っぱの下で雨宿りしている写真があったね。あれは良かったよね。

はちみっちゃんのみている世界を。
本にしてくれたの嬉しくて。

手元に置けるの幸せです。
楽しみにしてるよ(^-^)

はちみっちゃんの暖かいハートが
たくさんの人に届くといいね。

それではまた(*^-^*)




[URL] 2015/08/23(日) 08:13 [編集]

<そのくらい息子を愛し、守り抜く決意がど真ん中にあったお義母さん。>


ここを拝読したとき、はちみつさん御夫婦が息子さんのいじめに対し、心一つに命懸けで、親として断固として立ち向かわれたことを思い出しました。その我が子を守りぬく決意はお義母さまからつながっているのだなあと思いました。もしかしたら、お義母さまの追体験だったのでしょうか?

はちみつさん御夫婦が息子さんを守り抜き、安堵されたお気持ちと、お義母さまが感じられた今回のお気持ちは、もしかしたら相通じるものがあるのかもしれないなあと私は感じました。

そしてそれは、お義母さまからはちみつさん御夫婦へ、命の、人生のバトンを渡されたようにも感じました。今度はあなたたちで家族として、自分たちの人生のレースを走りなさいと。

我が子を、愛する人を、大切に想い、その人のしあわせを強く願う波動が引き寄せ合い、困難を乗り越え、今のはちみつさんのご家族としてのご縁とおしあわせがあるのだなあと思いました。

困難を乗り越えるたびに、人は愛を学び、強く、大きく成長し、みずからの人生から、おのずからの人生へと移行していくのだなあと、はちみつさんとご家族を拝見していて感じました。

私もこれから息子とともにどう生きていくのか。

自らの思い込みの、自己中心の人生からの転換を迫られているのだと感じます。

はちみつさんのご文章から、じ~んととてもあたたかいものを感じます。
益々のご家族のおしあわせとご活躍を応援していますね。
続きをとても楽しみにしています。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2015/08/23(日) 13:58 [編集]

フォトブック
はちみっちゃん、こんばんはー♪♪
フォトブック届きました\(^-^)/

心の籠ったメッセージと金子みすずさんの詩。
柔らかく暖かい雰囲気の表紙。

ページをめくっていくとね。

普段みえてない四つ葉のクローバーの声や。
羽根が濡れて葉っぱでひと休みするトンボや。
羽化したばかりで自分で飛び立とうとするトンボの姿や。雨宿りするてんとう虫や。

もうたくさんたくさん。

じわ~~っと心を暖めてくれるというか。
最後のページにあるように。

あ~~。これが。
はちみっちゃんの魂の輝きなんだなぁと。

なんかこんなに人の優しさがしみるのは。
きっと。自分が羽化したばかりのトンボだからだなぁと思った。

前は。わからなかった。
寂しかったのかもしれない。

魂の輝きか。私は何だろう。

御神楽を踊るとき。太鼓を打つとき。
無心になれるよ。この間。はちみっちゃんが。

自分の真ん中に軸を立てて360度くるっと。
そんなこと書いてたけど。踊りに本当にそういうのがある(笑)

その時は。自分の真ん中だけに集中するんだ!
楽しいよ(^-^) 大地のエネルギーが自分の軸を真っ直ぐ天に繋ぐように心地いい。

自分の魂の輝きを。
見つめるきっかけをありがとう。

ここで表現させてくれてありがとう。

誤解されて辛かった。悲しかった。悔しかった。
でも。必要な経験だったと今なら思う。

全部ありがとう。

皆さんの幸せを祈ってます。
それじゃあ。

[URL] 2015/08/23(日) 22:59 [編集]

厘ちゃん、ありがとう(^人^)
厘ちゃんへ(^^)

厘ちゃん、こんにちは。
コメントとフォトブックの感想をいただきありがとうございます(^人^)

厘ちゃんも幸せそうだね!ご充実さまです♡

そうそう。いつまでもにぎってて辛くて苦しいのは自分。
そんなものは、とっとと手放した方がいいよ(笑)シワと白髪が増えるだけ( ̄▽ ̄)
あ〜いらんいらん、そんなもの。
余計な事を考えてる暇があったら、太鼓たたいて御神楽を踊ってな〜!

私は写真家の太田 淳さんに見つけてもらえるまでフォトブックを出すなんて思ってもなかったけど、なんか分かってきた。
自分のやるべき事が、分かってきた。

片耳難聴になってディスレクシアだと気づいて、そこからなんか自分が喜んでワクワクしてる(≧∇≦)
厘ちゃんが分かち合ってくれたように、自然のひとコマの声を聴き写真に撮って伝えていく。そして気づいた事を文章にして伝えていく。でも、撮ろうとか書こうと思うと撮れないし書けないから…まずは自分みがき。

不思議なんだよね〜。
いい写真撮ろうって思うと虫の一匹寄ってこないし、四つ葉も見つからない。
厘ちゃんが御神楽を踊ってる感覚と同じだね、な〜んにも考えてない、繋がってる〜って感じ。生きてるな〜って感じ♡

こんな感じ、大切にして行こうよ!

そう言えば、お母さんが言ってた。
戦後70年のNHKスペシャルを一緒に観てた時「おじいちゃんはシベリアに出兵してたんだよ。あんまりに辛くて自分の銃で頭を撃ち抜いて亡くなる人たくさんいたんだって。おじいちゃんも辛さに耐えられなくて銃口をこめかみにあてた時に「死ぬな!どんなことがあっても生きて帰れ」って、上の兵士の人に言われて我にかえったって。おじいちゃんがその時に自殺してたら、私達はこの世には生まれ出てないんだよね。」って。

なんかね、すべての事が幸せだよね。
生まれ出てこれただけで、幸せだよね。

そんな過酷な時代を生き抜いて命を繋いでくれたおじいちゃんおばあちゃん達に感謝して、人生満喫しよう!!

厘ちゃん、分かち合ってくれて深く感じてくれて、本当に本当にありがとうございます(^人^)

これからも、宜しくお願いします\(^o^)/
はちみつ [URL] 2015/08/24(月) 10:52 [編集]

ハクナマタタ
エンジェルさんへ

エンジェルさん、おはようございます!
今日は朝から涼しいですね。
昨夜はサンマのお刺身をいただいて、早めの秋を満喫しました(o^^o)

セミナーの時はフォトブックをお買い上げいただき、ありがとうございました。
息子さんもお元気ですか?
うちの息子は受験生。私も半年先の受験にヤキモキしています。
でもそんな時は、一休さんの遺言を思い出します。

『大丈夫。心配するな、なんとかなる』

なんとかなるよ。

なんくるないさ〜。

♪ケ〜セラ〜セラ〜、なるように〜なる〜♪

♪ハクナマタタ〜、愛のメッセージ
ハクナマタタ〜、悩まずに生きることさ〜♪

エンジェルさん、なんとかなるよ〜!!

生きてるだけで、まるもうけ\(^o^)/


またセミナーでお会いできること、楽しみにしてます!

ありがとうございます(^人^)

はちみつ [URL] 2015/08/25(火) 08:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。