お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/05
「白黒思考」から「グレイ思考」へ
                                のぶさわ正明

「彼の言ってる事は間違ってる! 私は正しい」
「仕事をちゃんとできない自分はダメ人間だ」
自分の基準に照らして、「間違っている」とか「正しい」とか、「ダメ」とか「ダメじゃない」とかの判断をして、自分や相手に「白」か「黒」のレッテルを貼って裁いてしまう人もいるでしょう。
それで自分自身がしんどくないのなら構わないと思いますが、もし苦しいのであれば、それを見直してみませんか?

まず、そもそも「絶対」の基準というものはあるのでしょうか?
勿論「他人を殺めてはいけない」、「隣人を愛せ」等といった道徳的・宗教的な基準や、今の日本の「教育」、「勤労」、「納税」の三大義務等は、「普遍的な基準」の様に聞こえますが、戦時中は他人を沢山殺め、隣国に攻撃を仕掛ける事が「正義」だったりした訳ですし、また、昔の日本や未開の地では3大義務はなかったのではないでしょうか?

つまり私達が今、「普遍的な絶対の基準」と思っているルールそのものが、時代や文化によって変わってしまうものであると言えると思います。
もし「普遍的だ」と思っている基準そのものが、絶対的なものではないとすれば、私達個々の基準は、もっとあやふやなものになるのではないでしょうか?

なのに「自分のルールは絶対だ」と錯覚してしまうと、それに合致しない自他を責めてしまう……。
例えば、
「なんでお前は俺の言う事をきかないんだ!」
と妻を責めるモラハラ夫。
→「他人(妻)は自分の言う事をきくべきだ」という「自分の基準」で相手を責めちゃってる訳です。
また、
「なんでダラダラゲームばかりして勉強しないの!」
と子供を怒鳴りつける母親。
→「ダラダラしちゃいけない。勉強しなきゃいけない」という「自分の基準」で子供を責めちゃってる訳です。
また例えば、
「私は仕事でまたミスをしてしまった。何てダメなんだ」
と自分を責めるOL。
→「失敗しちゃいけない」という「自分の基準」に反したから自分を責めちゃう訳です。
「あの子に嫌われたかも?……」
と落ち込んでいる中学生。
→「嫌われてはいけない」という「自分の基準」を守れなかったから自分を責めちゃう訳です。

つまり、パーソナリティー障害的に相手を責める人も、うつや神経症的に自分を責める人も、どちらも「自分の基準が絶対だ」と思い込んでいる事が原因の一つであると思います。
そしてそういった「自分の基準」に照らし合わせて、他人を「黒」と決めつけるとどんどん孤立し、孤独の苦しみを味わうでしょうし、自分を「黒」と決めつけると、どんどん自信がなくなってゆくと思います。

もしあなたがそういった「白黒思考」に苛まれて苦しいのであれば、「グレイ思考」へ変えてゆく事が役立つかも知れません。
例えば、認知(行動)療法等では、「自分の基準」が正しい事(白)を裏付ける証拠と絶対ではない事を裏付ける証拠(黒)を箇条書きで挙げていったり、「自分の基準」が正しいと信じるメリット(白)とデメリット(黒)も同様に挙げてゆき、「グレイ思考」(適合的な思考)に変えてゆくといった事をお手伝いしたりします。

そうやって「グレイ思考」が増えれば、楽になってゆく筈です。
だって、校則・規則だらけの学校や会社だと息が詰まりますが、校則・規則が緩やかであればそうはなりませんよね?
勿論、「自分はこう思う」「こう信じる」というご自分の信念は当然持っていてO.K.だと思います。但し、そこには「相手の信念も認める」事と自分の信念を絶対だと思い固執しないという柔軟性が必要だと思いますが……。

それでは今日も良い変化を!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

優柔不断
あたいは老人介護の福祉の現場で仕事してます。

お年寄りの方って面白いよ^^
若い人に比べると、性格が物凄くハッキリしてはんねん。。

あ~っ頑固なお爺さん~(汗)やったり、あ~っ我が儘お婆さん~(汗)やったり。
もう!いい加減にしとくれやす。。。

毎日こんな感じ^^


そやけど、白黒ハッキリしはったお爺さんてあたいは好きかな~
なんかカッコイイ^^

でもそのグレーゾーンなお年寄りってあたいは駄目。。苦手。。

だって優柔不断やもん。。

ああ、ええよ、あんたの思うようでかまへんで~

とか言って、どっちやねん!どっちかにしとき!あたいを振り回さんといてな! みたいな。。

優柔不断も困りもんやで^^
アカルイアント [URL] 2015/09/05(土) 06:55 [編集]

最近、他人の物差し(基準)で、ものすごく傷つけられる事件がありました。
こちらの基準が、相手側の価値観に合っていなかっただけなのですが、凄まじい攻撃に閉口しています。
最初からこちらは闘う意図など全くありませんでしたが、戦争というのは恐らくこんなところから始まるのだと、初めて肌で経験させてもらいました。
小さな誤解が重なり、埋め合わせようとすると、表面の現象や憶測、負の感情で判断している相手からすると、こちらの言い分は全て言い訳と解釈されて、さらに溝が深まりました。
そして、根底にあるのは、嫉妬や妬みのエネルギー、相手の立場が不安の上にあること等が、偏った仲間意識と正義感に発展しているという分析が出来ました。
私は元々、白黒ハッキリさせたい性格ですが、それは裁くということにも繋がりやすいという反省もこめ、「グレイ思考」シェアさせてください。
石田 京子 [URL] 2015/09/05(土) 08:54 [編集]

人間って不可思議
んでナ。。あたいの旦那様はそのグレーゾーン的な人(笑)
めっちゃ柔らかい男性。。

お前の好きなようでエエからな。とかって、いっつも、あたいの言うこと何でも聞いてくれますんよ。
でもそれが女のあたいには物足りなさ過ぎ。。本当はもっとグイグイ引っ張って貰いたいし、いっぱい叱ってほしいんよね。。

でもたぶんこれって無い物ねだりかも?^^

カウンセラされる方、いろいろ理論着けされはるけど、人間ってそんなに理論どおりにはいかへんよ。。

黒で苦しむんなら白で。。それが駄目ならグレーで。とか言わはるけど、苦しむ人って苦しむ癖持ってて、グレーにすればしたでまた苦しんだりする人もいるよ。。

人間って、理論着け出来ないと思う。簡単には。

いつもナ、お年寄り見てて思うんよ。
数式に割りきって器用に生きていける人なんてそうおらへん。

不器用な人ほど魅力的に見えたりもするもんよ。
意外とね^^
アカルイアント [URL] 2015/09/05(土) 10:15 [編集]

アカルイアント様
コメントを頂きまして、有難うございました。

そうですね。皆色々な考え方がありますから。

「その人はその人」と相手のどんな考え方も一旦認め、
「自分は自分」と自分の考え方も大切にし、きちんと主張する・・・。
「自分の考え」と「他人の考え」をきちんと切り離し、
押し付けず卑下せずどちらに対しても決してジャッジするのではなく単に「違うんだ」と感じる事ができるようになれば、
多くの方はもう少し楽になるのだと思います。
そういったお手伝いを差し上げるのもカウンセラーの役割の一つだと
思っております。
のぶさわ 正明 [URL] 2015/09/05(土) 12:45 [編集]

石田様
コメントとシェアして頂きまして、有難うございました。

「グレイ」とは優柔不断という意味ではなく、
「私が正しい」、「あんたが間違い」、等と
ジャッジせずに、「単に違うんだ」と自分の考えも
相手の考えもどちらも尊重し、その上で自分の意見
をしっかり主張し、相手の意見にもきっちり耳を
傾けて、「折り合い」を付けて行く・・・。
これが民主主義だと思います。
のぶさわ 正明 [URL] 2015/09/05(土) 12:51 [編集]

のぶさわさんへ
のぶさわさんへ

グレイは優柔不断って意味じゃないって主張はわかったけど、優柔不断って石田さんが書きはりました?それ書いたのあたいでしょ?なんであたいに直接言わはらんのです?

そういう遠回しな言い方、子供社会とか大人の派閥とかの、イジメで目にします。。

人間の人生を左右しかねないカウンセラがそんなこっで務まるとは、あたいはとても思えません。

主張言わはるなら主張らしく、あたいに直接主張してほしかったです。
アカルイアント [URL] 2015/09/05(土) 13:20 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。