お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/12
一人じゃない♪
                              乕澤美香(養成講座8期生)

『インサイドヘッド』
どんなタイミングで、この映画を観ようか。
ずっと、そんなことを思っていた。

「進撃の巨人をもう一回観たい!」という娘と、この『インサイドヘッド』を一緒に観たかった。
「観る」
「これ以上ないタイミングで」
と、だけ決めていた!
8月末に終了してしまうこの映画。
ちょこっと気持ちが焦ったのは事実です

先日早朝、ちょっとしたことで喧嘩に。
いってらっしゃい~といっても反応ないまま彼女はバイトに出かけていきました。
また行こうね、と行っていたのに、USJなんてもう行かない、と、言い残して。

その日私は、研修も終わりお休みの日。
昼過ぎまでなんだかイライラして、何も手につかず、そして、そうだ! と思い立ち、思い切って彼女のバイト先へ行った。(訪問するのは2回目♩)
彼女のバイト先はWiFiが使用できるんので、そこでブログを更新しよう、と。

「いらっしゃいませ!」
と、レジには彼女が立っていた。
アイスコーヒー! あと、ここは電源ありますか?
ちょっとびっくりした後、苦笑いして彼女は、
「カウンターにございます。」
お釣りの出し方もなかなか綺麗で、へえ、頑張っているねえと思った。

男性の外人客が「あの。。。」と寄ってきただけで、なぜか、おしぼりをさっと渡して、外人さんは「アリガト」と言ってにっこり笑った。
なんや、テレパシーか?!
すげえ、と思った(笑)。

席まで来て、
「お母さん、朝はごめんね。」
と、謝ってくれた。
そして、提案してみた。
「ねえ、感情たちがどんな風に動いているのか、インサイドヘッドという映画を観てみない?」
これ以上ないタイミングだと思ったから。
娘も二つ返事で映画館へ。

そして、、、観られた方も多いと思うのですが、これは、ほんと、必見ですね!
ディズニー映画は本当にすごい。
何がすごいって、、、それを、
「表現しよう」
「形にしよう」
「みんなの心へ届けよう」
という想いとタフさがすごい(笑)。
「これはあなたの物語です」
そんなメッセージから始まる少女ライリーの頭の中の物語。
感情がどのように働き、大切な思い出や空想の人物が、どんな風に役立つのか、そして、性格を作っているものは何か?
消えていきながらも、心の灯火を繋いでくれる、小さい頃に想像で遊んだキャラクター。
空想の彼氏も、すべての感情も、すべてすべて、ライリーを救おうとしている。
すべての感情は、ライリーのためにある。
「あなたがいなければだめ」
ヨロコビが最後に指名するのは「カナシミ」
カナシミがあるからこそ癒され、そしてそれが、ヨロコビへと色を変える時には、
「めっちゃ大切なキーとなる思い出」
に、変わっていくのでした。
すべての感情は、私たちのためにある。
嫌悪も怒りも、哀しみも。
そして、だからこそ一人ではない。たった一人の中にも、私を、あなたを守ろうとする働きが無尽蔵に詰まっているんだと、なんとも言えない安心感に包まれました。

「お母さんの代表キャラは、ビビリかもね」
確かに、
「今日も隕石落ちてこなかった! 今日もしななかった! ハッピーだぜ!」
共感できるセリフが多かった、、、
こんなキャラが表に出ていたら、そりゃ生きるの大変だ~(笑)。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。