お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/14
リラックスの簡単な方法、3パターンのご紹介。
                                   ユウコ

こんなことを言っては、まったく身も蓋もないのですけれど、結局のところ、美と健康のためにもっとも確実な効果を発揮してくれるのは、
「リラックス」
これしかないと思うのです。

あなたは、自分の心に効くリラックスの方法をお持ちでしょうか。
それは、憂さ晴らしといったものではなく、心がアップもダウンもしない、ただ、フラットに、ニュートラルになる方法です。

そこで今日は、どんなときでも、即座に心が安らぎに向かっていける道具もお金もかからない、とっても簡単な方法を3パターンご紹介いたします。

場所も問いませんので、心が音を上げだしたら、すぐに行なってみてください。

1 呼吸の様子を感じてみる。

今、抱えている感情がどうあれ、それは一旦端っこに置いておいて、ただ意識を呼吸にだけ向けます。
その強弱や温度、またどこへどう流れているか。
これを感じるだけで、とっても心は凪いでいきます。

2 何も考えずに、ただ思い浮かんだ単語を書くか、つぶやいてみる。

センテンスで書いたり話したりせず、心にランダムに浮かんできた単語を文字や音声にしてみると、これがとっても、心が軽くなるのです。
とんでもない単語が出てきたらなおよし! 安らぎとともに、浄化も完了といったところでしょう。

3 からだのひとつひとつに意識を向けてみる。

心を苦しめているものに、やたらと左右されはじめてしまったら、そこで一度感情を強制終了させます。そして意識を、からだのひとつひとつに向けていきます。指なら指、胃なら胃に。
その存在をしっかり感じてみると、今、ただこうして生きているということに対して、深い安心感が得られます。

そもそも人が体調をくずすと同時に、心調も悪化してしまうのも、肌が荒れて、体重がずっしり増えてしまうのも、その大もとは、上手にリラックスできていなかったからなのです。
たとえば、つい食べ過ぎてしまうのは、心が満たされていないからだと言われています。
心にぽっかり空いた穴を、食べ物で埋めようというわけです。
ならば、食欲抑制剤といったものに手を出すよりも、ゆっくりとリラックスする時間を持つほうが断然先です。
心を鎮めて、ほどいていったならば、徐々に開いてしまった穴の本当の埋め方もわかってくるからです。

もはやストレスと無縁でいることなど、10000%無理であることは、どなたもご存じなことでしょう。
なので、最後に勝つのは、簡単なリラックスの方法をいくつも知っている方だと思います。

これをひとつのサンプルにして、ぜひあなたなりの「超簡単・リラックスメソッド」をたくさん開発なさってくださいね。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。