お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/18
「一緒にいる達人」となるには
                          メキキの会 会長 出口 光

私はよく、心と魂を区別することの大切さについて、出会う方々にお伝えしています。

その基礎にあることが、「人と一緒にいる」ことです。

人と話をしていて、「この人、私の話聞いていない!」とか「気もそぞろ!」とか思うことはありませんか。
私はこのような状況を、「人と一緒にいない」と表現しています。
このような人と話していると、なんとも空しい気分になります。

一方では、「この人はわかってくれている」とか「なんて話しやすい人だろう」と思うことがあります。
このような人は、「人と一緒にいる」人です。自分のことをわかってもらえたという気持ちになります。

「なんだ、そんなことか」と思うかもしれません。
でも「一緒にいること」は奥深く、この達人になることこそが、人生を豊かに過ごすことであり、仕事ができる人なのです。

「一緒にいない」人は、対面しているときに、「どう思われるだろうか」とか、「好かれたい」「嫌われたくない」とか、気がかりなことがあって、そのことを考えていたりします。
つまり「自分の心」にのみ、注意が向いています。

もう一つのタイプは、「相手の表面的な言葉」に注意がある人です。
その言葉を文字通り受けてしまい、相手の本筋でないことに気を取られてしまいます。

それでは、「一緒にいる」とはどういうことでしょうか?

相手の「心」を捉えることは、大切なことですが、それではまだ「一緒にいる」達人ではありません。

相手の「魂」を聴くことができる人こそが達人なのです。

「雲をつかむような話だ」とあなたは思うかもしれませんが、しかしそれは、具体的で実践的なことなのです。

まず、相手の話に耳をすませる。

そのとき、その内容を超えて、相手の魂の欲するところを知ろうと意図を持つのです。

このような人と対面すると、「自分の本質をわかってもらえた」という深い感動があります。

つまり「魂の感動」があります。

心の感動は一時的ですが、魂の感動は相手の行動に変化を起こします。

日常生活で、仕事場で、友人との語らいの場で、相手の魂を見抜きそこから話すことができれば、あなたは「一緒にいること」の達人となれます。

チャレンジしてみませんか。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。