お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
09/19
愛しているから苦しいんです
                               PICO

昨日のブログ「よく泣けたね、偉い、偉い!!」にたくさんのアクセスといいね! をいただきました。
みなさまがシェアしてくださったおかげです。本当に本当にありがとうございました!

あのおばちゃまは女神様でしたね。ちゃんと宇宙は私の前に神を降臨させてくれるのですね。神ってこうやっていろんな人に姿を変えて私のもとにやってくるのです。幸せだわぁ♡

子供は宝。お母さんとお父さんを選んできた宝。
愛しい命を大切にしましょうね。
私たちもこのかけがえのない命と同じように愛されているのだから、私たちは悠久のかなたから、繋がってきた尊き命。

そうです。そうなんです。わかっているんです。そんなことわかってるんです。
この子を愛しているんです。愛しているから苦しいのです。

だからこそ、優しくできない自分に腹が立つのです。
わかっているんですよ。子供を愛しているんですよ。
それと日々の子育てとはまた違うんです。そこに罪悪感が生まれるんです。

昨日は、本当にたくさんのメッセージをいただきましてありがとうございました。
メッセージには個別に返信はいたしませんが、今回は、その一部をご紹介しますね。
(文章は要約させていただいております)

✳24時間、思うままにならない子育て
夜ぐっすり寝るどころか、トイレさえもゆっくり入る間もなく、上の子を連れて必要な買い物にいくとぐずるし、ただこねるし、あまりにイラっとして思わず手をあげてしまうと、まわりからは虐待だと責められる。
ああそうだ。
私がショッピングモールで出会った男の子も、久しぶりの買い物で嬉しくて、何かを買って欲しかったのかもしれません。
赤ちゃんが生まれてからずっと我慢して我慢して、やっとお母さんとお買い物にきて嬉しかったに違いないんです。
でもついわがままを言ってみたくなって叱られて今までの思いが爆発して悲しくなっちゃったんでしょうね。

✳友達と久しぶりに子連れでお茶を飲んでいて、おしゃべりに気をとられているうちに子供が店の中を走っていた
店主からは、
「他のお客さんの迷惑になるから出ていってくれ! これだから今時の若い親は困るんだよな!」
と捨てセリフを言われてしまった。
確かにこちらが悪い。子供から目を離してしまった。私が悪いので何も言えない。
だが、ものすごい犯罪を働いたみたいで涙が出てきた。悲しいですよね。
目を離しておしゃべりに夢中になってしまったのも悪いのかもしれないけど、だからといってそこまで言われてしまうと、辛いですね。

✳親戚が危篤だというので病院に向かった
3歳の娘を連れて急いで電車に飛び乗った。
それがちょうど混み合う時間で満員電車の中で子供がぐずりだす。
電車の中だし、あまり叱るのもどうかと思って、「静かにしてね」とだけ言い聞かせてはみるものの、隣に立っている女性からは、
「こんなラッシュ時に子供を連れてくるなんて非常識にもほどがある! うるさいわね!! もっと子供に注意しなさいよっ!」
って怒られてしまった。電車が駅に着くまで針のむしろだった

まわりの乗客はあなたがどんな状況で電車に乗ったかなど知らないのにね。こっちだってできることならそんなラッシュ時に三歳の子供を連れて電車に乗りたくないですよね。
しかも同じ女性に怒られるのは悲しいですね。泣きたくなりますね。

お母さんは、その時本当に犯罪者のようにまわりから責めたてられてしまいます。
まわりに迷惑かけたくないからと酷い叱り方をしてしまうと、虐待だ、何があっても暴力は許されない、と非難される。
そばにパパやおばあちゃんでもいてくれたらいいけど、核家族やシングルマザーも多い時代、母親ひとりで育てなければならない時もありますよね。

そういえば私もこんな場面に遭遇したことがあります。
一昨年台湾から日本に帰る飛行機で離陸すぐに赤ちゃんが泣き出してしまい、お母さんが一生懸命あやしているのです。
気圧の変化もあるのでしょう。赤ちゃんはなかなか泣き止みません。その時後ろの席のひとりの男性客が、
「うるせーぞ!! 静かにさせろ!」
とずっとイライラして怒鳴るのです。
乗客もその怒鳴り声と赤ちゃんの鳴き声にハラハラ。。
シートベルト着用サインが消えてからCAさんがやってきました
CAさんは怒鳴っている男性に静かに緑茶を差し出し、
「台湾からの飛行機ですので烏龍茶をお出ししたいところですが、日本の緑茶はとてもリラックス効果があるのです。お客様に特別に心を込めて淹れてまいりました。どうぞ」
その緑茶をもらって男性客も、
「ありがとう」
と一言いって静かになりました。
赤ちゃんもいつの間にか眠ってしまったようです。

烏龍茶よりも緑茶の方がリラックス効果があるのかどうかなど真相はわかりませんが、その時のCAさんの機転は素晴らしかった。さすがプロだなぁって感心しました。
乗客全員ホッとしたのはもちろん、赤ちゃんのお母さんはどれだけ辛かったでしょうね。
赤ちゃんが泣くのはどうしようもないけど、でもうるさいなぁ、静かにしてくれないかなぁって、近くの乗客はみな内心そう思っていたかもしれません。
(私だけかもしれないけどw)

こりゃイヤホンして見たくもないビデオを見るしかないかなって私も思った。
でもいざ本当に、うるせーぞ! って怒鳴る客があらわれたとたんに赤ちゃんとお母さんの味方になる。
ひどい! 赤ちゃんが泣くのはしかたないじゃない! って。
(私もそう思った(笑))
さっきまで、赤ちゃんとお母さんに気をとられていた対象が怒鳴る男性客に変わった。
やっぱり男性が怒鳴る声は怖いです。すごく嫌な気持ちになります。
それも泣くのはしかたがない赤ちゃんとお母さんに向けて怒鳴っているのですから、なんてひどい男性なんだ! とその時は思いました。
でも男性もきっと、仕事で疲れてどうしようもなかったのかもしれません。
大きな商談がダメになって、日本に帰って上司になんて言おうかと落ち込んでイライラしていたのかもしれません。

人はみなわかって欲しいのです。責められたくないんです。
男性客もCAさんに、
「お客さま、お静かにお願いします」
って言われたら逆ギレしたのかもしれません。
私たちもわかって欲しいのです。優しくされたいのです。
そこで正論を出されても、正論すぎて言い返す言葉がありません。
となると、こんな自分が悪いのだ。正論から外れた自分が悪いのだ。大事な宝を大事にできない私が悪いのだと自分を責めることになっていきます。

ネットとかで話題になるギャルママの常識のない素行の悪さと比べられたくないんです。
(案外ネットのは話を盛っているのかもしれませんよ。ギャルママだからといって素行が悪いとは限らないのです)
子供を虐待したり放置して遊びにいく母親とは比べられたくないんです。
今時の若い母親は! って言われると悲しいんです。その人達と一緒にされたくないんです。

一生懸命やっても認めてもらえないのが子育てです。
なぜなら、母親は子供を育てるのが当たり前、だから、ずっと太古の昔からそうだったから、世間の中で、当たり前、なんです。当たり前のことができない自分を責めるのです。
どうかどうか、あなたは苦しまないでください。正論に押しつぶされないでくださいね。

子育て中のママだけでなく、私たちも同じです。
あなたが思わず赤ちゃんと母親に怒鳴ってしまった男性客だとしたら、そんな自分を責めないでくださいね。私の目の前にあるのはすべて自分です。
生きづらいとき、何かが違うよって、みせてくれてます。

なーんて言ってる私も、まだまだちっちぇー人間です。
ついつい感情にまきこまれてしまいます。
でもね。大丈夫なんです。それでも私たちは大丈夫なんです
だってほら私の本体は、金ぴかですもの!!

今日も素敵にいきましょう。

大丈夫!
大丈夫!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

人間って、みんな誰一人として愛しいですね。
個々にみんなが愛しく叫んでる…みたいな。
こんな歌見つけました♪
https://youtu.be/c3NqzVJnOIE
M.T [URL] 2015/09/19(土) 06:54 [編集]

久しぶりに再会した患者さん、結局17年前の男の子1人の子育てで終わり。「センセー、子育てはしんどい。」

去年出産終わった患者さん、排卵の相談。「センセイ、早く4人目欲しい! 」

育児とは、子どもが主役ではなく、お母さんの主観で成り立つ部分が大きいのでしょうか・・・。
何事も適当(適度)に。いいかげん(よい加減)に。
入江賢治 [URL] 2015/09/20(日) 06:48 [編集]

精神安定効果
人は寂しかったり満たされていないと攻撃的になるのかもしれませんね。

余裕がなかったり理解されなかったり。

人前で怒鳴る人を批判したくなるのは。
人前で怒鳴る自分を批判しているのでしょうね。

子どもを怒鳴るお母さんを批判したくなるのは。
子どもを怒鳴る自分を批判しているのでしょうね。

目の前の人の弱さは。
自分がそれ人のことを包めない弱さが映っているだけだと。

お母さんと子ども両方に優しい言葉をかけたおばちゃんの話しは感動しましたが。

人は心底、自分の弱さに向き合い尽くせたとき。
人の弱さも赦せるのかなと。

そういうことを思いました。
素敵な記事をありがとう。





緑茶 [URL] 2015/09/20(日) 08:43 [編集]

ありのままの?その瞬間、瞬間のとった言動、思いを、自分も相手も許していくことが大切なのかなあと思いました。

間違いもしするし、愚かな行動もすることがある人間だからこそ、許される必要がある。

そんな風に最近は思います。
許されたい自分がたくさんあるからだと思います。

そんな時もあるよね、そいうこともあるよね、って自分のことを許すことができたら、相手の立場に立って、相手を許すことができるのかな。

あのおばあちゃんやCAさんに少しでも近づけるようになりたいと思います。ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2015/09/20(日) 13:30 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。