お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/01
知らず知らずに犯す罪
                               とるまりん

気分転換と健康維持のため、週3日以上を目標に、散歩に出るようにしている。

散歩のコースは、大体、往復1時間くらいの途中にポイントがあり、神社に立ち寄るコース、買い物がてらスーパーに立ち寄るコース、観音寺に立ち寄るコースなどがある。
行先は、その日の気分で決める。

その日は、なんとなく気分がモヤモヤとしていた。
夏休みに娘と二人で訪れた、兄の家でのことが引っかかっていたのだ。

兄は仕事で成功し、かなり豊かな暮らしをしている。
東京の都心に一戸建ての家を構え、日常何気なく使っている食器なども、私なら棚に飾ってほとんど使わないような物が多い。
子育てにかける金額も桁が違うし、食事に連れて行ってくれる、行きつけの店も高級な店ばかりだ。

若いころは、そんな兄の恩恵にあずかる事になんの抵抗もなく、とにかく楽しかった。
しかし最近では、そんな暮らしぶりに触れると、私自身が劣等感や、妬む気持ちを感じるようになってしまい、何日かいると情けなく苦しくなる。

それなのに兄は兄で、そんな成功者でありながら、妹の私が訪ねて来たら、そんな暮らしぶりを「凄いね」と言われたいようだが、私はそんな複雑な思いがあるので、素直に褒めることが出来なくなっている。
そして、なんとなくギクシャクしたまま帰宅したのだった。

そんなモヤモヤを抱えたまま数日が過ぎ、なんとか払拭したくて、その日は、観音寺に行くコースに散歩に出た。

檀家の人だろうか、お寺に行くとたまに、賽銭箱の横にパイプ椅子を出して、念仏を唱えているおじいさんに会う。

今まで言葉を交わすことは無かったが、「余計なこと言ってごめんね。」と前置きして、その日は不意におじいさんが話しかけてきた。

始めは、3本10円で置かれているお線香の意味を説明してくれた。
「過去、現在、未来の仏様にということで、3本なんよ。」

そして続けて、
「悩みを助けて欲しいって参られるかもしれんけど、まずは『知らず知らずに犯す罪をお許しください。』って、懺悔してからが良いですよ。あなたなんて見た目がきれいやし、それだけでも罪やわな。」
と言った。

高齢のおじいさんから見れば、40代の私もきれいと見てくれたのかもしれないが、それはさておき、そう言われて、澤谷先生の「美人薄命」の話を思い出した。

たしか、きれいな人は妬みや恨みの念を受けやすく、薄命になりがちな事。あるいは、そのことを意識し過ぎて、自ら薄命になってしまう事。そんなお話だったように思う。

兄の豊かさを美人に置き換えたら、私が妬みの念を兄に送ったことになる。
私の本当の望みは、兄のしあわせなのに。

そして私自身も、兄のようでは無いにせよ、充分豊かな暮らしをしている。
見知らぬ誰か、あるいは知っている誰かから、妬みの念を受けているのかもしれない。
まして、兄にそんな念を抱いていたら、ますます引き寄せるだろう。

おじいさんが教えてくれた「知らず知らずに犯す罪をお許しください。」とは、今ある豊かさに気づかせてくれる言葉でもあると気づいて、スッと楽になった。

素晴らしいご縁に感謝したい。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。