お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/04
拒絶された弟子
                           泉ウタマロ

その有名な寺院では5年に一度、修行僧の見直しがありました。
そこで成績の悪いごく一部の者は、修業からはずされ、寺院を去ることになっていました。

   ***

ここに、自他ともに認める優秀な若い僧がおりました。
誰よりも勤勉で師の教えに忠実であり、身を粉にして日々の仕事もこなしていました。
謙虚で、敬虔で、静かなたたずまいの者でした。

   ***

その秋の初め、修業からはずされる者の通達がありました。
ところが驚いたことに、あの優秀な修業僧もそれに入っていたのです。

彼は驚きとりみだし、師のもとに駆けつけました。
そしてひざまずくと涙ながらに言いました。

「なぜですか? 私は師を心から敬愛し、信頼し、そして……」
あまりの動揺に弟子は言葉に詰まります。

師はまっすぐに弟子に向かって言いました。
「そして……?」

弟子はぐちゃぐちゃな感情にあおられて、その続きを話せません。
すると師が代わって言いました。
「そなたもしや、わしを崇拝してはおらんかね?」
「もちろんしていますとも!」
弟子はボタボタ泣きながら答えます。
「そなたはわしが命令したらなんでもするじゃろう」
師は静かに、そして確信をもって言いました。
「もちろんですとも!」
弟子は懇願するように答えます。

すると師は悲しそうに首をふり、ため息をついて続けました。
「だからじゃ。だからこそ、わしはそなたを失格と決めたのじゃ。尊敬してもかまわん。じゃが、崇拝してはいかんな」
「なぜですか?!」
弟子は納得できず叫びました。
「崇拝は盲信となるじゃろう。そなたは自らの目を閉じ、自ら考えず、わしの言ったことだけに従うじゃろう」
師は悲しげに言いました。
「それはいけないのですか?」
弟子は師の衣に触れようとしましたが、その指先は震えるだけでした。
師はなぐさめるように言いました。
「それが悪いんじゃよ。そなた自身が自分の道を選び、考えて進むべきじゃ。わかったかな」
弟子は悲愴な顔で師を仰ぎ見ます。
けれど何も言えません。

師は弟子を愛おしそうに見つめ、最後の言葉を投げかけました。
「これ以上わしに言わせんでくれ。そなたを失格とすることは、わしのそなたに対する最大の愛なのじゃから……」

そして師は去りました。
弟子はいまだ涙を流しながら、呆然と師の後ろ姿を見送りました。

落ち葉が降り始めた、秋の初めのことでした。
遠くでモズが鳴きました。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

感慨深いお話しですね。師が弟子への慈愛は、とても心に残ります。
弟子のその後は如何に相成っていったのか、仏のみが知るのでしょう。
耕祥 [URL] 2015/10/05(月) 19:10 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。